FC2ブログ

    「ショートショート」
    SF

    ヒーローだった男たちの悲しい冒険

     ←機械性難聴殺人事件 →毎度バカバカしいお話を
     そこは熱帯のジャングルだった。彼はそこを駆けていた。

     追ってくる敵は三人。武器は蛮刀と吹き矢というところだろう。たいして恐れる武器ではなかった……クラーレという存在さえなければ。この神経毒がいったん血液と混じれば、たちどころに意識がはっきりしたままの緩慢な死への切符を手に入れられる。もちろん、片道で。

     危険だが。

     彼は動きながらナイフを抜いた。こちらから攻撃し、少なくともひとりを葬らない限り、助かる術はない。

     川に身を潜め、じっと待った。生ぬるいとはいえ澱んだ水は、少しずつ身体から力を奪っていく。とはいえ敵の不意を打てるのはここしかない。

     地獄のような三十分だった。追っ手はじりじりと包囲を詰めてきていた。

     来い。来い。ここに来い。やって来たら……。

     ついに追っ手が姿を見せた。蛮刀が黒く光っている。クラーレを塗ってあるに違いない。

     ならば、先だ!

     彼ははじかれたように水面から身体を起こすと、追っ手の頸動脈を切り裂き、手袋をした手で蛮刀を握った。再び川に身を伏せる。

     風を裂いて音もなく何かが飛んできた。吹き矢だ。

     彼は風の感触だけから吹き矢が吹かれた方向を割り出すと、蛮刀をブーメランのように投げた。

     がっ、という手応えを感じた。ただの刀だけならば、わずかのすり傷と打撲だけですんだだろうが、蛮刀にはクラーレが塗ってあるのだ。自分たちが塗った毒で自分たちが死ぬ、似合いの末路だ、と彼は思った。

     それを読んでいたのか、突如樹上から男が降ってきた。三人の男のうちのボスだ。男の手にしたベアナックルつきの短剣をかわし、彼はナイフで応戦した。

     ほんのわずかでも身体を傷つければいいだけの相手に対し、こちらはナイフで心臓か動脈をやらねばならない。恐るべきハンディキャップだった。

     彼は、とっさの機転で、ベアナックルを握る相手の手を攻撃した。

     狙いは成功だった。自分のナックルの毒に触れた相手は、手を押さえて絶命した。

     すべての追っ手を倒した彼は、空に向かって叫んだ。

    「ワッカナイイチバンラーメン、タベタイ!」

     すると彼が立っていたすぐそばに、ラーメンの丼があった。彼は、硬い表情のまま食べた。

    「はい、いいよ! ごくろうさん!」

     ジャングルが割れて、監督が現れた。

    「カントク、ナゼ、ワレワレガイコクジンヲツカッテ、ホンモノノヒトゴロシCM、トルデスカ。ワタシ、コレデモ、センソウマエハ、コノクニノ、エイガスター、ヒーローヨ」

     監督は当たり前のように答えた。

    「だって、迫力が違う以上、モノホンの人殺しのほうが、視聴者にウケるんだから、しかたないだろう。お前らに人権なんてないんだから、働いた働いた」

    「モウ、ヒトゴロシ、ヤダ。ダイタイ、コノコマーシャル、ドコデヤッテルノ」

    「日本の北の果て、稚内ローカルだよ」

    「ソンナモノノタメニ……」

    「しかたないだろう。ここも日本のローカル地なんだからね、もう」

     そう。すでに地球上から、「アメリカ」という国は、完全に消え去っていたのだった。

     世界のヒーローの名をほしいままにしたこの国の末裔の、哀れなる冒険の一幕である。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    【機械性難聴殺人事件】へ  【毎度バカバカしいお話を】へ

    ~ Comment ~

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 火消茶碗さん

    自民族以外の人間の命が極端なまでに安くなってしまった世界を描いたブラック・ジョークですからねえ。

    いや、むしろ……。

    「現代」がそういう社会なのかもしれません。

    誤って敵が勝ってしまった場合、どうするんですかね。
    敵の親分に商品名を叫ばせる?
    代わりの人間がいくらでもいて、撮り直すだけ?
    きっといっぱい使い捨てできる人がいるんでしょうね。

    Re: 小説と軽小説の人さん

    八紘一宇が成ってしまった以上は監督も日本人なんでしょうねきっと。

    無批判な帝国主義にはこういうブラックジョークじみた事態を生む土壌があるんじゃないかなあ。

    ベトコンなのか? 地獄の黙示録キタ!
    ……ワッカナイラーメン?
    映画?
    ソンナバカナ。(笑いました)
    ブラックジョークが好きなのはお察しの通り。

    映画監督の国籍が気になります。
    今の日本人監督って革新派って居ない気がしますから。ここまでとはいいませんが(笑)
    • #9886 小説と軽小説の人 
    • URL 
    • 2013.02/06 14:49 
    •  ▲EntryTop 

    Re: YUKAさん

    悪夢であります。ブラックジョークですね。

    かける命が自分のものでもない、というのがこの現実でいちばんひどいところでしょう。

    「人間は他人の苦痛にはいくらでも耐えられる」(ラ・ロシュフーコー)

    ちょっとこちらも毒を盛りすぎたかな(^^;)

    アメリカが日本のローカル地。。。

    夢のような、いや、悪夢か。

    映画人ってヤツは……
    まさに、作品のためには命をかけるってことですね。
    ジャーナリストが、スクープのためなら何でもありなように。

    朝からなんだか毒吐きました^^;;
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【機械性難聴殺人事件】へ
    • 【毎度バカバカしいお話を】へ