FC2ブログ

    「ショートショート」
    ユーモア

    日本酒を一合と揚げ物の盛り合わせ

     ←毎度バカバカしいお話を →THE LITERATURE TO END LITERATURE
     わたしはふと立ち寄った飲み屋で、日本酒を一合と揚げ物の盛り合わせを注文し、食べた。

     それだけの話だ。



    「まったく、日本人っていうのは、機密保持というものが、なっとらん!」

    「そうですよ部長、ささ、ぐっとやってください、ぐっと」

    「せっかくおれたちが苦労に苦労を重ねてだ、ようやく作り上げた特殊チタン鋼鈑、あれの正確な情報を、政治家がいったとかいわないとかで、詳しい情報がだ、詳しい情報がだぞ、週刊誌に載ってしまう世の中なんだからな!」

    「わかってますよ部長、まったく、政治家というやつは、口が軽い、口が軽くて困る。困りますな。さ、もう一杯」

    「そもそもあの鋼鈑はなんに使うと思ってるんだ。潜水艦。潜水艦だぞ。日本では初めての、攻撃型戦略ミサイル搭載原潜だぞ。あれが十メートル深く潜水できるだけで、何万というチャンコロや露助をだなあ」

    「わかってますって。それにしても部長、いい飲みっぷりですなあ。ほれぼれしますよ。さすが、部長!」

    「チャンコロと露助をバーベキューにしてやらないと、おれの気が晴れんのだ! それに、やつらは気づかないだろうが、うちの潜水艦は、あの週刊誌に書かれているよりも、あと三百メートルは余裕しゃくしゃくで潜れるんだ! でも、それは秘密にしておかなくちゃならん! わかるか、お前、わかるか」

    「そうですよ部長。まったく、口の軽い政治家に、国の機密を渡しちゃいけませんなあ! お姉ちゃん、熱燗おかわり! がんがん持ってきて、がんがん!」



     繰り返すが、わたしはふと立ち寄った飲み屋で、日本酒を一合と揚げ物の盛り合わせを注文し、食べた。

     ほんとうにただそれだけの話だが、それだけで日本の核武装計画と最新鋭原潜の限界性能まで知ることができるのだから、わたしたちスパイにとってこれ以上仕事がしやすく張り合いのない国も、そうはない……。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【毎度バカバカしいお話を】へ  【THE LITERATURE TO END LITERATURE】へ

    ~ Comment ~

    Re: レルバルさん

    ああいう法律は政府のいいように拡大解釈されがちだからなあ。

    安倍政権みたいな政権ではとくに……。

    スパイ防止法が今成立するとかしないとか。

    安部政権はどうするんですかね……。

    Re: 真城 青瑛さん

    昔の話ですけれど国家の庇護のもとにあるはずの亡命者である金大中氏が首都のど真ん中で拉致されて外国に連れて行かれてしまう国ですからねえ。

    その裏にはこういうこともいくらかあったのでは、といろいろ妄想してしまいます。

    とほほ。

    思わぬところで思わぬ機密が漏れてる…
    日本人特有の平和ボケの所為でしょうかね?

    飲み屋で食事付きの情報が買えるとは
    機密も安いものですね

    Re: 矢端想さん

    テレビのジョジョは見ていないからなんともいえませんが、放送局ぐるみの確信犯でしょうなあ。

    それでも許されてしまうというのが、荒木飛呂彦先生がほんものの天才である証左なんでしょうなあ……。

    「言葉狩り」反対派の私でもありますが、作品の世界観のために必要な言葉は使うべきだと思っております。私の場合は「インディアン」などです。
    ・・・ところでこの間アニメの「ジョジョ」での「気がチガったか!」と言うセリフはさすがに耳を疑ったなあ。脚本家の確信犯か?

    Re: limeさん

    気がつかないで使ってしまうことって、ありそうですものねえ。

    とはいえ、話にリアリティを与えるためにあえて、というのもあります。

    難しいところであります。

    地方の田舎で育った私は、けっこう近所の老人が何気なく使う蔑称を聞いて育ちました。
    だから、それとは知らずに使ってしまうのが、怖くて仕方ありません。
    ただの方言かな、と思ってたら、蔑称だったり・・・。
    気をつけねば。

    Re: 面白半分さん

    蔑称については最後まで悩みましたが、「部長」の旧態依然とした思考を強調するため思い切って入れました。

    今でもその判断の是非については悩んでいます。

    「ユーモア」カテゴリーですが
    こんなこと起こったら(起こってるんだろうなあ)国民にとっては恐怖ですなあ。

    しかし 部長も蔑称など大胆に発言してますなあ。

    Re: LandMさん

    どれだけシステムを作っても、ヒューマンファクターの点でダメダメ、ということかもしれませんね。まあ完璧な機密保持システムができたらスパイ小説は面白くなくなってしまいますけれど。

    所謂ハードインテリジェンスの部類の情報はなかなか日本では重要視されていないというか、ソフトインテリジェンスとごちゃまぜになっていますからね。ソフトな情報の積み重ねでハードな情報の価値があるものですからね。まだ日本の情報を扱う機関はそこまでの領域にたどり着いていないということですね。

    Re: らすさん

    ここまでひどくはないでしょうが、一時代前は、日本においてのいわゆる「機密」は、赤ちょうちんの飲み屋なんかでだだ漏れだったとか。

    そんな話を聞いたことがあります。

    それにつけてもネタの欲しさよ。手を変え品を変えシチュエーションを変えないと話が書けない(^_^;)

    こんばんは(´∀`)

    機密保持云々と言っている本人が、
    飲み屋なんかでべらべらと国家機密を…
    でもまぁ、何かそういうところが、
    危機意識の低い日本人らしいですね~

    単発のショートストーリーという事ですが、
    毎回、全く異なる世界観で書かれてますよね。
    さすがです!
    自分のような素人とは別次元ですね~(*^_^*)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【毎度バカバカしいお話を】へ
    • 【THE LITERATURE TO END LITERATURE】へ