FC2ブログ

    「ショートショート」
    その他

    ボタン

     ←断片030b「何も覚えていなかった」 →断片125b「なんてことだ!」
     朝が来ました。しおりちゃんは、ベッドからはい出ると、パジャマを脱いで、小学校に着ていくブラウスを、寝ぼけまなこで身につけはじめました。

    「あれ?」

     なんだか、変な感じがします。ふつうに着替えをしていたはずなのに、なにかが違うのです。しおりちゃんは、鏡を見ました。


     …………



    「目玉焼きにしょう油? 信じらんない! 目玉焼きには塩よ! 塩って決まってるのよ!」

    「これがぼくのやりかただ! それはきみもわかっているだろう!」

    「どうして、あなたって人はいっつもいっつもそうなのよ! ひとりで勝手に決めて。そしてつけを払うのは、いっつもいっつもわたし!」

    「そんないいかたをすることはないだろ! きみなんて女はなあ!」

    「なによ!」

    「なんだよ!」



     …………



    「……はい。山田商事でございます。こんな朝早くに……。え? 不具合? しかし注文書には。はあ。はあ。いや、うちではそのようなことは。それはお客様にも非が。いや。だからうちは注文通りに。それは酷で。だからその。あのですね、うちは悪くないんです。そうおっしゃいますけど。提携を打ち切る? できるんですか? そのお覚悟があるんですか? 裁判へ持って行ってもこちらは。なに。なに。はあ。はあ。それはいたしかねます。出るところに出て。ほう。そういう言葉をお使いになられますか。こちらにもこちらで。ええ。はあ。はあ」



     …………



    「……それでだね、ホットラインをかけた理由だが、大統領、あなたの国がホルムズ湾に進めようとしている海軍、あれは世界のパワーバランス的にどうかと思うんだが、違うかね? なに? なるほど。それならば、うちも考えがあるぞ。軍事衛星のデータをよく見ておくんだな。EUの了解はとってあるから、いつでもかかってきたまえ。ふん、中国と組んだところで、核の総量はこっちが上だということを忘れるなよ。なるほど。そういう態度で来るわけか。きみは有能な政治家だと思っていたが、こんな決断をするなんてな。見下げはてたよ。いいだろう。来るなら、来いだ」



     …………



     鏡を見て、しおりちゃんは、ブラウスが変な理由がようやくわかりました。ボタンを、ひとつずつ、かけちがえてはめていたのです。

    「めんどくさいなあ」

     そうは思いましたが、このまま小学校に行っては、みんなや先生に、笑われてしまいます。しおりちゃんは、ボタンをひとつひとつ、かけなおしはじめました。



     …………



    「いや、ぼくが悪かった。塩も、なかなかいけるじゃないか」

    「あなたのいったとおり、しょう油を黄身に垂らして食べるのも、とてもおいしいわ」

    「そういえば、ぼくの友達は、ケチャップをかけていたぜ」

    「田舎にいるおじいちゃんは、ソースがいいってきかないのよ。今度、いろいろと試してみましょうか」



     …………



    「いえ。そんなお言葉をいただけると、わが社としてもその。汗顔の至りで。このぶんはご弁済させていただきたく。いえいえ。これは商売抜きのお話でして。はあ。今度の取引にも、わが山田商事を。ありがとうございます。ありがとうございます。これからもよろしくお願い申し上げます。いえ。はあ。はあ。ありがとうございます」



     …………



    「そうだよ。核戦争だけは避けねばならん。うん。きみのいうとおりだな。こっちから提案だが、艦隊を動かすかわりに、こちらの利権とそちらの利権の一部を融通して。それならば、ウィン・ウィンでいいんじゃないのか? うん。なるほど、そういう案もありだな。じゃあ、ここは技術供与で手を打とう。われわれは大人だからな、そうだろう、大統領? ははは、ジョークがうまいね、では、そういうことで」



     …………



     ボタンを全部はめなおして、すっきりした姿になったしおりちゃんは、残りの身じたくもすべてすませると、朝ご飯を食べに階段をとんとんとんと降りて行きました。

     あなたも服を着るときには、ボタンのかけちがいに気をつけてください。しおりちゃんは、すぐにはめなおしたからよかったですが、もし、うっかり、いつまでも気がつかないでいると。目玉焼きが。会社が。あるいは、全面核戦争、だなんていうことにも……。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【断片030b「何も覚えていなかった」】へ  【断片125b「なんてことだ!」】へ

    ~ Comment ~

    Re: 小説と軽小説の人さん

    前のコメントにも出ましたが、問題は、

    「気がつかないで帰ってきたときのバツの悪さ」

    ですよねえ。

    また、気がついても、公衆の面前では直しにくいのもつらいところですね(^^)

    掛け違いボタンに気付いたときの恥ずかしさと言ったら……。
    間違いに気付いても押し通す場合も有りますよね。
    • #10029 小説と軽小説の人 
    • URL 
    • 2013.03/03 14:30 
    •  ▲EntryTop 

    Re: いもかるびさん

    お褒めいただいてありがとうございます。

    ショートアニメに……なるかなあ? ほとんど会話と着替えのアクションしかないのに(^^;)

    3分で終わりそうですね(笑)

    ふっ、自分の場合、冬はフリースかセーターだから
    朝の着替えでボタンの掛け違えはないのだよ、寝る前のパジャマはあるけどな
    などと一段ずれた発言をしつつ・・・。

    面白かったです、山田商事、大統領核ボタン???となった読者に
    ボタンかけ直した瞬間、パパとママの喧嘩が収まってすべてを理解させるという流れが。
    ショートアニメの題材にもぴったりかもと思いました。
    ビジュアルぷかぷか浮かんでくるようで

    Re: レルバルさん

    どうしてキミは戦艦に空を飛ばせることにこだわるのかね。

    空を飛ぶ機械は空を飛ぶような格好をしているものだとわたしは思うのだが。

    空を飛ぶような格好をしていないものに無理やり空を飛ばせたら、不経済でしかたがないではないか。

    世の中銭だよ銭。

    ……と、わざとボタンをかけ違えてみるテスト(笑)

    もしかしておいらがボタンを掛け違えたら……。
    戦艦が空を飛ぶ……とか。

    ふっふっふ……。

    Re: ダメ子さん

    わたしは「着替えてから食べる」タイプでした。昔からひどい低血圧で、朝が極端に弱く、ぎりぎりまで寝床にいたため先に着替えておかないと時間がなくなる、という……(^_^;)

    今も時おり、上が100行きません(^_^;)

    私も気をつけなくちゃ
    関係ないけど朝ごはんって着替えてから
    食べる方が普通なんでしょうか?

    …もしかしてこのコメントがすでに掛け違えてる?

    Re: 面白半分さん

    わたしもたぶんそのクチだな(^_^;)

    Re: 真城 青瑛さん

    わたしもそんなアイテムや特質欲しい。誰か発明しないかな。(物質的……)

    これが私のボタンだったら
    たぶん気づかないまま一日を過ごします。

    しおりちゃん、気づいてよかったね
    夫婦と会社と世界が救われたよ(笑)

    僕も欲しいです
    掛け違いに気づくための鏡と間違いを認める心

    Re: 山西 サキさん

    おおっ、「ボタンの掛け違い」の生きた実例が出てきたぞ!

    身体を張ったご感想、どうもありがとうございます。

    これからもうちのブログをよろしくお願いします(^^)

    遅かったか……

    だいたいの所、コメントで出てしまってますね。
    面白かったので、コメントしたかったのに。
    (`ヘ´) プンプン。

    Re: YUKAさん

    ネタがない中で無理やりひねり出した話ですので、お褒めいただくとかえって恥ずかしいというか身の置き所がないというか(^^;)

    ほんと、「ボタンの掛け違い」という慣用句だけでできているような話ですので。

    来週はもうちょっと凝ったものを書きたいです。凝ったからって面白いものができるかといえばうむむですが(^^;)

    こんにちは~~^^

    上手いですね~~相変わらず^^

    小さな女の子の話かと思いきや
    「ボタンの掛け違え」
    さすが! 上手く持っていくなぁと感心しちゃいます^^

    良いお話を愉しみました^^

    Re: 美香さん

    こういう具合にあっという間に話を大きくできるのもショートショートのいいところですね。

    ボタンのかけ違いで考えられる最悪の状況が「世界大戦とそれに伴う全面核戦争」だというのが、わたしの想像力の限界であります。発想力の貧困であります我ながら。

    間違いを改めなかったためひどい有様になったこと……けっこうというかかなりあります……(^^;)

    Re: 矢端想さん

    たわいないもなにも、もうネタがないという状態で、なんでもいいから原稿を埋めようという発想のもとで書いたからいいわけのしようもない(^^;)

    それでも名作と呼んでくれるのならば、これ以上嬉しいことはありません。

    どちらかといえば怪我の功名ですね(^^;)

    Re: 火消茶碗さん

    お褒めいただきありがとうございます。

    ネタがない中、うんうんうなりながら書いた甲斐がありました。

    寓意というより、ボタンのかけ違いが、現実世界と連動し、シンクロしていたら面白いかなあ、という思いつきで書いただけのものですが、現実世界に対する一つの問題提起になっているのならば、これ以上の喜びはないです。

    ありがとうございました。

    美香

    しおりちゃんのお話から始まって・・・あれっ?
    と思いながら最後まで読んでみれば・・・^^

    間違いというのは恥ずかしいことですが、理解し、気づかないと大変なことになりますね(^_^;)
    いろんな意味で。
    いいお話ですね^^

    アイデア自体、たわいないっちゃあ、たわいないですが・・・


    名作だと思います。

    大変素晴らしいと思いました。
    こういう寓意のある話が大好きです。
    しおりちゃんは変だと思い、鏡を見、ボタンの掛け違いに気づいたたわけですが、
    ほかの3つのケースで鏡を見て気づく行為に当たるのは何なんでしょうね。まず、変だと思えるかどうかだとは思いますが。
    考えさせられる話ですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【断片030b「何も覚えていなかった」】へ
    • 【断片125b「なんてことだ!」】へ