FC2ブログ

    幻想帝国の崩壊(遠未来長編SF・完結)

    断片127「自分でもよくわからなかった」

     ←断片126「中島准教授は苦虫を噛み潰したような顔に」 →断片128「化粧品に不自由するというのは」
     自分でもよくわからなかった。続由美子はあてがわれた宿舎のベッドに横になり、暗い部屋でひとり自分の心と対話していた。

     ……由美子、あなたは、本気で、ディアと逢えると思っているの?

     ……わからない。

     ……ディアは、あなたを愛していると思っているの?

     ……わからない。ただ。

     ……ただ?

     ……あたしに対して、まったくの無関心だったなら、あんないたずらはしないと思う。

     ……ディアはあなたに関心があるというわけ?

     続由美子はうっすらと微笑んだ。

     ……そうとしか、考えられない。

     ……違うかもしれないじゃない。ディアは、単に中島准教授と、そのSVELとかいう妙な言語に悪意があって、馬鹿にする題材として、あなたと、あなたの思い出を使っただけかもしれないじゃないの。

     ……あたしにはわかる。ディアは、そういう人じゃない。

     ……あなたに、男のなにがわかるの?

     続由美子は目を閉じた。

     ……なにもわからない。だけど、ディアの考えることはわかる。あの人は、そういう人じゃない。あそこまで貴族的で、正義を愛して、あたしに対して優しかった人が、そういうことをするはずはない。そんなことを信じるくらいなら、あたしは別なことのほうを信じる。

     ……別なことって?

     ……あのいたずらメッセージに書かれているSF小説みたいなことが現実で、ディアの正体が遥かに未来の銀河帝国の皇子だっていうことを信じる。そのほうが、ディアが嘘つきの二枚舌だっていうことよりは、よほどありそうなことよ。

     ……楽天的なのね。

     ……もしかしたら、あの人ともう一度会えるかもしれないと感じたら、誰だってこんなふうに楽観的になる。そういうもんでしょ?

     続由美子自身は、それで脳内での対話を打ち切りたかった。しかし、心の中の弾劾者は、さらにきつい質問をぶつけてくる。

     ……ディアが主体的に関わっていると、どうしてあなたにわかるの? ディアは、誰かにあなたとのあの三日間についてしゃべったかもしれない。そして、その誰かが、あなたや中島准教授に対する悪意のもとで、クラッキングを行っているとしたら?

     ……それならば、それでいい。その「誰か」を特定できたら、そこからつながりをたどっていけば、いつかディアにたどり着くから。

     ……ディアはあなたのことを忘れているかもしれないでしょう? あなたのことを忘れて、故国に帰り、平和な生活を送っているのかもしれない。あんなにあなたに優しい人だもの、他の女性に優しくないっていうことがある? 故国では、あの人には美しい奥さんと、かわいい子供と、地に足の着いた生活とが。

    「それでもあたしはあの人に逢いたいの!」

     続由美子は叫んで、目を開けた。暗い部屋の中で、非常用の常夜灯だけが、ぼんやりとうす青い光を放っていた。

     自分がアラサーと呼ばれる歳に入っていることはよく知っていた。しかし目に感じるこの涙はなんだ。少女にでもなったつもりなのか。続由美子は身体にきつく毛布を巻きつけると、もう一度目を閉じ、心をできるかぎり空っぽにしようとした。

     続由美子は涙を流しながら、いつの間にか眠りに落ちていった。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    【断片126「中島准教授は苦虫を噛み潰したような顔に」】へ  【断片128「化粧品に不自由するというのは」】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    ここから先の部分を読み直してみて、「あっ、思ったより面白い話じゃん!」と思いましたが、

    「ぴゆうさん好みの話ではまったくないかもしれん」

    ということにも気づいてしまい、今ちょっと怖いです(^_^;)

    どうか見捨てないでね(^_^;)

    NoTitle

    ああそうなんだわ
    心の中の理解者であり弾劾者
    唆したり、脅したり、
    時に味方であり、慰めてくれる。
    葛藤する心があるからこそ人なんだわ。
    由美子の最終、そこに至るまでが
    一番知りたいこと。
    怒涛の展開になるのか
    楽しみでござーーる。

    Re: 山西 サキさん

    いえ別に誰も書き込むべからずなどといった覚えは(^_^;)

    じゃんじゃん書き込んじゃってくださいね~!

    いいです。とても……
    (あ!つい書き込んでしまった)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【断片126「中島准教授は苦虫を噛み潰したような顔に」】へ
    • 【断片128「化粧品に不自由するというのは」】へ