FC2ブログ

    幻想帝国の崩壊(遠未来長編SF・完結)

    断片228「詩人は目を背けた」

     ←断片227「幻想帝国の為政者たちは賢明だった」 →断片229「園遊会は大成功だった」
     詩人は目を背けた。それが自分のなしたことだということをよく知っていたからだ。もとはといえば、この役人がなしたことに原因があるということもわかっていたが、詩人には、その原因という言葉は今やまがまがしいものとしか聞こえなかった。

    「あのものの首はすでに送りました」

     傷跡も痛々しいそのもと兵士は、意気揚々と詩人に報告した。

    「ゆるす」

     詩人はそう答えた。早いところこの苦痛に満ちた対話を終わりにさせたかったからだ。

    「ありがたき幸せに存じます」

     兵士は深々と詩人に頭を下げた。

     詩人は、その場を……もとはこれでも安定していたであろう村を見た。

     そこにはすでになにもなかった。テントの焼け跡や、小屋の焼け跡ならばあったが、人々はすでにもとの四分の一、いやそれよりもわずかな人数になっていた。

    「水をもて」

     詩人の言葉に、兵士は再び、深々と礼をした。

    「はっ、直ちに。それで、この村の安堵は……」

    「むろん、認められる。お前たちの誠意は国王陛下も感じられるであろう」

     半分は口からでまかせだ。国王があの役人と周りのものにしたことに激怒しないわけがなかったが、あの役人の首があれば、国王も自重するかもしれない。

     ……いや、国王ではなく、後を継いだあの異国生まれの王子だったな。

     詩人は昏く笑った。虚しい笑いだった。

     笑いも虚しくなって当然だ。黒焦げになったり刀で切られたりした跡が歴然としている死体が、片付けられもせずにあちらこちらにごろごろしている中では、心から笑える人間などいない。

     それにしても、よほどひどい争いが起こったのだろう。おそらく、詩人のあの言葉と演技のせいで、この村は真っ二つに割れて殺し合いになったのだ。詩人が砂河鹿の生まれた村と、あの隠者の村を訪れているわずかな間にここまで事態が収束したこと、それだけでもある意味天佑かもしれなかった。

     ……天佑。

     詩人は、先にも増して昏い昏い笑みを浮かべた。

    「お喜びになられたようで、何よりでございます、『本読み』様」

     詩人はこの期に及んで笑みをこわばらせるような間抜けな真似はしなかった。

    「お前たちのしたことは、必ずや、国王ならびに天も喜ばれるだろう。満足である。……われわれは、すぐに出立する。換えのらくだを持って来い」

    「はっ! ただちに。お連れ様のぶんもでございますか?」

    「もちろんだ」

     そう答えた瞬間、詩人は、自分が本当の意味で大人になったことを悟った。

     大人は、自分以外の誰かのためにも責任というものを背負うのだ……。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【断片227「幻想帝国の為政者たちは賢明だった」】へ  【断片229「園遊会は大成功だった」】へ

    ~ Comment ~

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【断片227「幻想帝国の為政者たちは賢明だった」】へ
    • 【断片229「園遊会は大成功だった」】へ