「ショートショート」
    ホラー

    豆腐屋

     ←自炊日記・その16(2013年4月) →ぼくは嫌われるべきなんだ
    「五月ですねえ」

    「ええ、すっかり日も長くなって」

     わたしはそういいながら財布の小銭を探った。

    「木綿豆腐ひとつください」

    「カナダ産大豆のものにしますか、それとも国産?」

    「豆が違うだけで味はほとんど変わらないといったのは豆腐屋さんじゃないですか」

     豆腐屋は笑うと、トラックの荷台からパックの木綿豆腐を取り出した。一週間に一度、トラックに乗り、自分の店で作った豆腐を売りに来るのだ。ちょっと高いが、スーパーで買うものよりはうまいと思うし、なんとなく地場産業に貢献しているようにも思えるし、こうしてなにげない話をするのも楽しいので、わたしは買うようにしている。

    「この豆腐、美人だと思いませんか、お客さん?」

    「豆腐に美人なんてあるんですか?」

     豆腐屋はいとおしげにビニールでパックされた豆腐を撫でた。

    「真っ白くてきめの細かい肌、それでいてしっかりしていて、口に入れるとほろりととろける。それが豆腐の美人の条件ですな。そのためには、絹ごしよりもこうした木綿のほうがいい。絹っていうのはちょっと腰が弱いんですよ。冷奴で食べるとよくわかりますがね」

    「じゃ、その美人をひとつ」

    「毎度あり」

     わたしはビニール袋に入れてもらった豆腐をぶら下げ、アパートの自分の部屋へ帰った。今日のおかずは冷奴だ。どことなく淋しいのでテレビをつけると、有名女優の失踪事件のニュースがやっていた。うちの県での失踪だそうだが、県警もなにをやっているのだか。泣きぼくろがチャームポイントの顔写真が、大きく画面に映し出され、コメンテーターが無責任なコメントをしていた。

     ニュースもいいけれど豆腐の水を切らなくては。わたしは包丁を使ってパックを開け、ざるに豆腐を乗せ、自重で水が切れるのに任せた。

    「あれ?」

     わたしは、豆腐の表面にごみがついているのを見つけた。なにが美人の豆腐だ。こんなほくろみたいなごみをつけて。爪の先でごみを拾うと、豆腐がぷるんと身を震わせた。

     ……助けて!

     誰だか、女性の声が聞こえたような気がした。気がしただけだ。この部屋で声を出せるのは、わたしとテレビ以外のなにもない。

     わたしはさらにまな板を取り出すと、薬味のねぎを刻み始めた。それにしても、テレビに映っていたあの顔は、女優としてもまれに見る美人だ……。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【自炊日記・その16(2013年4月)】へ  【ぼくは嫌われるべきなんだ】へ

    ~ Comment ~

    Re: 美香さん

    怪しげな豆腐屋の商品でなく、スーパーの豆腐なら安全ですよ。

    ……たぶん(笑)

    そういえば、前にスーパーで買った38円の豆腐、ぼそぼそで、食べられたたもんじゃなかったなあ。全部残さず食べたけど。

    これから晩御飯の支度をしようと、さっきスーパーで買った豆腐を冷蔵庫から出したばかりです…><

    だから思わず『豆腐屋』というタイトルに目がいった私。

    しかも『木綿』だったり…

    テレビはつけないでおきます(@_@;)

    Re: 小説と軽小説の人さん

    そうかチミは女性に対してそんなイメージを持っていたのか(笑)

    同じ書くにしても、生理的恐怖感をあおるため、もちっと濃厚に書くべきだったなあ。反省……。

    色白で、柔らかそうな肌で、ぷるぷるで……。

    ホラーに感じないのは自分だけ?(笑)
    • #10353 小説と軽小説の人 
    • URL 
    • 2013.05/03 19:28 
    •  ▲EntryTop 

    Re: limeさん

    ちょっと薄味にしすぎたかもしれない(^^;)

    「奇妙な話」ではあっても「ホラー」とは呼べないよな、これ。コワくないもんなあ(^^;)

    修行しよう……。

    こういう、薄味だけど、ちょっと色気もあるホラー、いいですね。
    いろいろ想像させられてしまいます。

    Re: RYUさん

    ちょっと淡々としすぎたかな、とも反省しています。ホラーは難しいです(^_^;)

    淡々としてながら癖のある内容
    チグハグが良いです
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【自炊日記・その16(2013年4月)】へ
    • 【ぼくは嫌われるべきなんだ】へ