FC2ブログ

    「ショートショート」
    SF

    カーネーション狂争曲

     ←理想の映画 →伝統芸能
    「とにかく」

     おれはチャーターした航宙船のシートで、パイロットにいった。

    「船がぶっ壊れてもかまわない。全速力で地球に頼む」

    「あれですか?」

    「そう、あれだよ。あれに決まっているだろう。母がどうしてもとうるさいんだ」

     母親がうるさい理由、それは、一本の花にあった。

     カーネーション。

     地球時代の「母の日」には欠かせない花だったそうだ。百年ほど前に発見された文書には、「母の日にカーネーションを贈り」としっかり書かれている。

     その文書の発見により、「母の日」は一大ブームとなった。地球暦で一年に一度、という手ごろさもあり、今や「母の日」に母に感謝の言葉を述べない人間はなく、地球暦正月と同等の、宇宙的な祝日となっていたのである。

     だが、それにはひとつ問題点があった。人類が最初のFTL式航宙船で地球と太陽系を飛び出してから幾星霜、カーネーションはすでに絶滅したといわれていたのである。絶滅した花は贈れない。だからプレゼントには適当なものを贈っていたのである……去年までは。

    「まさかカーネーションが生き残っていたなんて」

     おれは銀行口座の情報が記載されたカードが入った鞄を手に汗を拭いた。

     辺境惑星で奇跡的に発見されたカーネーションが、地球の植物学研究所に運ばれ、培養され株分けされ、とうとう今年になって売り出されたのだ。

     価格は、地球へのチャーター便の代金よりもなお高価というめちゃくちゃなものだったが、それだけに、おれのようなちょっとした金持ちにとっては一種のステイタスシンボルとなる。おれは、家の名誉にかけても、地球へ飛んでカーネーションを一株買ってこなければならなかったのだ。

     どうせ、現代のバイオテクノロジーがあれば、三年もしないうちにそこらの雑貨店で買うことができるほどに増えるだろうに、と思うといささかバカバカしい気がしないでもなかったが、ステイタスシンボルには逆らえない。おれは航宙船をひたすら急がせた。



    「買ってきたんですか? 見せてくださいよ。生きてるのをおれも見たいですよ」

     パイロットはそう頼んできたが、植物学研究所で、小金持ちが押し合いへし合いする中、死ぬような思いで手に入れてきた鉢を抱えて、おれは首を振った。

    「枯れさせるわけにはいかないんだ。写真と映像で我慢してくれ」

     パイロットは鼻を鳴らした。

    「まあ、しかたがないですね。しかし、昔は、こんな美しい花がそこらじゅうにあったんでしょうかねえ。今を思うと信じられませんねえ。なにしろ、信じられないくらい鮮やかな紫ですから」

    「そうだろう? 昔の、ハナフダ、といわれる芸術的なカードにも、五月の花として描いてあるんだぜ」

     おれは鉢をさらに強く抱きしめた。

     五月の花といえば、昔からカーネーションと決まっているのだ。

     航宙船は大金を払って満足したおれを乗せて、どこまでも宇宙空間を飛んで行った。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【理想の映画】へ  【伝統芸能】へ

    ~ Comment ~

    Re: レルバルさん

    いや「クニマス」の例もあるし(笑)

    カーネーションですかー。
    絶滅、してるんですかねぇ。
    時代の流れって末恐ろしいです……。

    Re: ダメ子さん

    花屋をのぞくことなどめったにないですが、行ってみると面白いかもしれません。

    でも最近はスーパー?

    来年の母の日はアヤメを贈ってみようかな?
    でも売ってるのは5月5日ごろだから枯れちゃうか…

    Re: miss.keyさん

    そうですね。もしかしたら、カーネーションは別の名前をつけられて、ありふれた花になっているかもしれません(^_^)

    わたしは花札では菊が好きです。なにしろ便利(笑) 即物的な男でありました。(^_^;)

    そこはそれ

     カーネーションの資料が何も残ってないなら、結局何であれカーネーションになりうると。この場合はアヤメの資料も殆ど残ってなかったんでしょうね。
     どうでも良い話ですが、わたくし、花札なら雨が好きです。本物の花なら藤が良いなぁ。山に行けば藤の紫が盛りですよ。

    Re: LandMさん

    ワインとはいいですねえ……。

    ちょっとワインを贈るにはいろいろな意味で余裕がなかった(^^;)

    ちなみに母親の希望で花は絶対にプレゼントしないんですよね。わたしの家は。今年はワインをプレゼントしましたねえ。
    まあ、こういうのは気持ちが大切なんだと思います。たとえカーネーションじゃなくても。

    Re: limeさん

    わたしはアイスクリームを買いました。

    花ですらない(^^;)

    カーネーションですが、「需要が見込める日が決まって存在する」だけ花屋さんにとってはありがたい植物なのではないかと思います。

    一般庶民、園芸の趣味でもなければそれほど花って買わない気がするのです。しかも不景気だし……。

    カーネーションじゃないじゃん(笑)
    花札にカーネーションって描いてあったっけと、考えちゃいましたよ。
    滑稽だけど、ちょっと温かい話ですね。

    それにしても、カーネーションって、母の日のイメージが強すぎて、ほかの時期には、あまり需要がないですね。
    花屋的には、失敗の戦略なのか?
    いや、母の日だけでも、儲けになるのか?

    私は今年は、バラを買いました。
    だって、バラの方がすきなんですもん><

    Re: 山西 左紀さん

    イワシの頭も信心から……とも違うな。こういう行為に対するうまいことわざってないもんですねえ。

    どこかでアヤメとカーネーションの伝承がごっちゃになってしまったんでしょうね。知識の断絶って怖いですねえ(笑)

    Re: らすさん

    気持ちさえこもっていれば百円ショップのスイーツでさえ嬉しいらしいであります。

    そういうものですので、なにかアクションを起こしてみても面白いのでは(^_^)

    あれ?
    知らぬが仏?
    じゃない、信じるものは救われる、ですか?

    なんだろうと思っていたらアヤメでした。

    おはようございます(^ω^)

    (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
    母の日にちなんだ、タイムリーなお話でしたね~
    自分もすっかり忘れていました。
    母の日って長いこと何もしてないんですよねえ。
    今年は何か考えてみようかな。。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【理想の映画】へ
    • 【伝統芸能】へ