「ショートショート」
    SF

    鹵獲品

     ←冥途のみやげに →汝傲慢の罪により
     ……超光速駆動を発明し、宇宙へ飛び出してから、人類の版図は飛躍的に増大した。しかしそれは試練との出会いでもあった。異星人とのファースト・コンタクトは『戦争』という形の最悪の展開を取った。人類は全力を挙げて戦ったが、じりじりと押されるばかりだった。中でも深刻なのは食糧の不足だった……

     わたしはそう書いてペンを一時置いた。外の穏やかな農園を見ると、ついこの間終結した戦争が嘘のようだ。青々と茂る作物が、人類を救ったのだ。わたしは再びペンを取った。

     ……転機は開戦三ヵ月後に訪れた。異星人の貨物船を無傷で鹵獲したのだ。中には、食料とおぼしき異星植物の積荷があった。分析の結果、それは高蛋白高カロリーのうえビタミンやミネラルが豊富で、しかも食べると気分が高揚するものだった。しかも、成長のスピードも速く、適応性も高く、軍用食料には実にうってつけだった。さっそく、地球や植民惑星を中心として広範囲に植え付けが行われた。人類の戦線は持ち直し、三年間の戦いの末、ようやく満足の行く講和条約を締結することができた……

     あの作物はいまや人類の主食だ。小麦も米も、この宇宙時代には向いていないということだ。今日もわたしはパンに焼かれたものを食べたし、今日も航宙船が積荷を満載して探検のために飛んで行く。結局、あの戦争で幾多の人間が死んだが、それを抜きにしてもすばらしい贈り物をもたらしてくれたものだ。

     あれ?

     われわれ人類があれほどの血を流して勝ち取ったものが、あの植物だけなのか?

     わたしはペンを置いて考えてみた。この戦いで、得をしたものがいるのだろうか? 十分考えた末、恐ろしい結論に達した。

     得をしたものはいる。あの植物だ! この戦争により、その栽培面積は、人類の版図全域に及んでいる。われわれも、あの異星人も、あの異星植物の『乗り物』に使われただけではないのか? そして今も探検隊が出発しつつある。あの植物のもたらす高揚作用により、また他の知的生物とのコンタクトがあったときには、『戦争』という形を取ることになるだろう。敵を全滅させるにせよ、講和するにせよ、そのときにはまたあの植物のエリアが広がっていくのだ。

     いや、われわれはあの植物の『乗り物』として適していたから、あの異星人と講和することができたのではないだろうか。もし、われわれが蛋白質と炭水化物を主食としていない生物だったら、われわれ人類は……。

     わたしはぞっとするものを感じて、外の農園を見た。飛び立つ航宙船を見た。

     ため息をついた。だからといってなんなのだ。われわれはものを食べて生きているのだ。食べられるものに対してそのくらいの敬意を払っていいのではないか。『乗り物』として、われわれは宇宙に広げてやるのだ。あの植物にとどまらず、われわれの星の小麦を。米を。タバコを。大腸菌を。インフルエンザウイルスを。彼らも彼らで、人類のそれより厳しい、生きるか死ぬかの戦争を戦っているのだから。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【冥途のみやげに】へ  【汝傲慢の罪により】へ

    ~ Comment ~

    Re: 山西 サキさん

    いちばんのゲームプレイヤーは間違いなくトウモロコシですね。原生種を見れば、とてもじゃないけどここまで主要穀物として世界中で栽培されているなんて信じられません。

    まあ食べる側として理想的なのは、種の多様性を保ったままの共生関係でしょうが、遺伝子組み替えなどといっているようでは、単一化されて一度の飢饉ですべてがパーに、という未来しか頭に浮かばないであります。

    Re: 面白半分さん

    「ろかく」と読みます。敵から物を分捕ること、および分捕り品のことです。

    「戦利品」でもよかったのですが、語感がいいのでこちらにしました。

    Re: 火消茶腕さん

    これを書いてから、フレドリック・ブラウンに「さあ、気ちがいになりなさい」というスケールの違う奇想SFがあったことを思い出して悔しがっているわたしだったりします。SFの世界も先人がペンペン草までむしっていったんだなあ、と非力を嘆息。とほほ。

    小麦と米とトウモロコシ、彼らの戦略は誰が一番成功を納めたんでしょうね?
    これからはタピオカ(キャッサバ)の戦略が有効かも……。

    鹵獲・・・読めませんでした。

    読ませていただきました。面白かったです。

    ゆくゆくは銀河の覇権をめぐって、L型アミノ酸を持つ植物と、D型のそれが争ったりしたら、胸熱ですね。

    当然我々はL型陣営ですけど、支配を嫌って裏切ったり。

    ロマン溢れる話でした。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【冥途のみやげに】へ
    • 【汝傲慢の罪により】へ