FC2ブログ

    「ショートショート」
    ファンタジー

    大魚

     ←どうしてなにかがあるのか →人生設計士
     その魚は、ゆったりと深い水の中を泳いでいた。

     わずかの光すら差さない深い闇、それが魚の知る世界だった。

     魚はなにも食らわなかった。食らう必要がなかったからである。

     また、魚はなにも生まなかった。生む必要がなかったからである。

     闇の中を、魚はただ泳いでいた。水の底にはなにがあるか、魚は知らないし、興味もなかった。水の上にはなにがあるか、魚は知らないし、興味もなかった。

     ある日、水の面に、光が差した。だが、光は水底の世界までは届かなかった。

     上のほうで、なにかが行われているらしかったが、魚は我関せず焉とでもいうかのごとく、ゆったりとした泳ぎを続けるだけだった。

     変化は、ある程度の間だけ続き、そして唐突に終わりを告げた。魚の泳ぎには、なんの変化もなかった。

     旧約聖書・創世記1:1-1:2「はじめに神は天と地とを創造された。地は形なく、むなしく、闇が淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた」

     その魚が、誰の手によりいつ生まれたのか、知るものはない。ただ、われわれの住む世界と地続きといっていいところに住まい、生きながら、われわれの世界が終末を迎えようが滅びようが、どうなろうと関係なく、ゆったりと泳ぎ続けるなにかがいると認識することで、いくらか気が楽になる被造物がいることだけは、確かなようである。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【どうしてなにかがあるのか】へ  【人生設計士】へ

    ~ Comment ~

    Re: カテンベさん

    競合する種がもともといなければ大丈夫ではないでしょうか?(^^)

    「ジョジョの奇妙な冒険」のカーズじゃないですけど、「頂点はつねにひとり! バーン!」であります(^^)

    人類や宇宙がどうなろうが無関心に永遠に存在し続けるなにか、というのを考えると、ちょっと心が落ち着くんですよね。もしかしたら埴谷雄高先生の「死霊」の影響かもしれない(←そんなたいそうなものかい(^^;))

    Re: 矢端想さん

    パラレルワールドの創出によって増殖する生物というのは新しいアイデアかもしれない(^^)

    無数の宇宙がコアセルベートみたいに呼吸して超次元的な生命が誕生するとか。

    そういう話が書けたらいいんですけどねえ。小松左京先生がもっとすさまじいアイデアの長編を書いてらっしゃるからなあ(^^;)

    こんにちは

    そんな魚がいてもいいですよねー
    でも、もとからいてるもんって、あとからやってきた外来種に駆逐されたりすることもありそなもんですし。
    もういなくなってるのかも(^^)

    宇宙を創造した神の営みをさらに外から傍観していた存在ですな。
    こんな大魚が実は無数に居て、それぞれの泳いでいるところでそれぞれいろんな現象が起こっていてね。で、こんな彼らが無数に居るような池が実はいっぱいあってね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【どうしてなにかがあるのか】へ
    • 【人生設計士】へ