「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと君のための冒険(児童文学・特別長編・完結)

    エドさんと君のための冒険 2-1

     ←わっ! →エドさんと君のための冒険 2-2
    第二章 街の冒険 1

     エドさんは、「王冠亭」の、ちょっと狭いが清潔なベッドから身を起こすと、ううん、と背を伸ばしました。外からはまぶしい朝の光がさんさんと降り注いできます。熊ひげ船長からもらったお金と紹介状で、この宿屋に部屋を取ることができたのでした。

     身体にゆわえつけた袋を開け、中のお金を確かめました。銀貨と銅貨のほかに、金貨が四枚入っています。大事に使わなくちゃ、エドさんはつぶやいて、銀貨と銅貨をほんの少し、すぐ使えるように小銭入れに移しました。街を歩くくらいなら、これくらいのお金で足りるでしょう。エドさんはうなずくと、無精ひげをひと撫でして、階下の食堂へと降りていきました。

     食堂では、若いながらもこの宿屋の主である、テリーという青年が、鼻歌を歌いながら鍋で何かを煮ていました。

    「おはようございます」

     エドさんが挨拶すると、テリー青年も顔をほころばせて答えました。

    「おはようございます。スープができていますよ。羊と豆の、ありきたりなものですが」

    「ありがたい。いただきます」

     エドさんは青年から木の椀とさじを受け取り、スープを入れてもらいました。熱々の湯気の中から、いいにおいが立ち上ってきます。さっそく、ひとさじ飲んでみると、それはそれは極上の味がしました。

    「うまい!」

    「礼なら女房にいってください。仕込んだのはアンで、ぼくはただ、煮ただけです」

     エドさんはほとんど聞いておらず、一心にスープを飲んでいました。飲み干した後で、ようやくエドさんは頭がはっきりしてきました。

    「奥さんがいらっしゃるんですか?」

     答えたのはテリー青年ではありませんでした。

    「絵に描いたような恋女房だよ。結婚式が執り行われたときは、この港街にいる男のほとんどが、悔し涙を流したものさ」

     常連客なのでしょうか、食堂の隅にいた魔術師のようないかめしい顔をした老人が、謹厳そのもののような表情でスープを飲みながらいいました。

    「そうですか……」

     エドさんは、なんとなく、胸が締め付けられるような思いに駆られました。でも、それをどうやって言葉にすればいいのかわかりません。

     代わりに、エドさんは老人のいるテーブルに歩いて行きました。

    「いいですか?」

    「かまわんよ」

     向かい合って腰掛けたエドさんは、その謎めいた老人の顔をじっと見ました。

    「どこかで、お会いしませんでしたっけ?」

    「わしは覚えているよ」

     老人は、すっと空中に手を伸ばすと、そこから何かをつかみ取りました。エドさんの前で手を開くと、そこには一枚の名刺が握られていました。

    「ああ! わたしのところに来られた、奇術師の先生ですね! でも、あなたが、どうしてここに?」

    「わしにもわからん。気がついたら、こちらの世界に来ておったのだよ。いろいろとあって、今ではこの店で、来客に奇術を見せながら、平穏に暮らしている」

    「そうですか」

     エドさんは、なにかこの老人にどうしても尋ねなくてはならないことがあるような気がしました。しかし、それがなんなのか、どうしても頭に浮かんできません。

    「どうしたのかね? 元気がないぞ」

    「いえ、あなたを目の前にしていると、なにかとてつもなく重大なことを忘れているような気になるんです」

    「わしが答えられることなら、なんでも答えたいがなあ。この世のことならなんでも知っているとか豪語している、あの『生き字引』の先生でも、問題がわからなければ答えようがないというものだ」

    「お知り合いなんですか?」

     老奇術師は首を振りました。

    「名前だけ知っている、というところだ。あの先生は、とてつもない恥ずかしがりででもあるのか、大学の研究室の奥まった一角から出てくることはないのだよ」

    「そうですか。どなたか、大学につてのある人はご存知ありませんか?」

     ちょっと考え込んでから、老奇術師は答えました。

    「この店の常連客では、デイヴ氏がいちばんのお金持ちだ。あの人なら、大学の先生がたとも付き合いがあるかもしれないな」

     エドさんはううん、とうなりました。


    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【わっ!】へ  【エドさんと君のための冒険 2-2】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    秘めたロマンスはありません(^_^;)

    まあこの小説自体が……おっとっと(^_^;)

    どうか続きをお楽しみに。昔出てきた人がぞろぞろ出てくるので、ああ、あの人かと覚えていただいていればいいんですが。

    NoTitle

    清潔なベッドに寝るのは至福。
    エドさんもやっと人心地がついたろうね。
    地に足がついているだけで、ホッとする。
    空や海の足元が定かで無い場所、
    それに閉塞感がある所もいやだ。
    これって魂に刻まれている気がする。
    なのに、憧れはあるんだよね。
    ないものねだりって事かな?

    エドさんが胸を締め付けられるって・・・
    人妻と何かあったのか
    秘めたエピがあるんだな
    期待大!

    Re: limeさん

    それは海では「板子一枚下は地獄」だからじゃあ……。

    ↑不安をあおるようなことを書いてどうするわたし(^^;)

    これから二週間ばかり、街での冒険をお楽しみください。やっぱり、エドさん、街に入るといきいきしてくるなあ。

    束の間のいきいきですが……書いてる人間青息吐息(^^;)


    リンクをしていることでもわかりますが、あの人の小説、もろlimeさん好みだと思いますので、つい書いちゃった。あの人ももうちょっと自分のリンク先を巡回していれば、みんな気がつくと思うんだけどなあ……。もったいない。

    青年が煮込んでいる、羊と豆のスープが美味しそう^^
    やはりちょっと海恐怖症の私には、陸の物語の方が、落ち着きます。(なんで海が怖いのかなあ)

    先程は鍵コメありがとうございました。
    一度お休みされてたと思ったので、すっかりあちらにもご無沙汰してました。
    なかなか、回る時間がなくて><
    また、寄ってみます。

    Re: 鍵コメさん

    ご指摘ありがとうございます!!

    うっかりしていたぜ!!(^^;)

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: LandMさん

    昔、ダグラス・アダムスの「銀河ヒッチハイク・ガイド」というSFで、「生命、宇宙、そして万物 についての究極の疑問」についての「解答」が書かれているのを読んで大笑いしたことがあります。

    ここでは書きませんが、すごいこと考えるなあイギリス人、と思いました。

    悪徳占い師は、それにくわえてコールドリーディングとホットリーディングを使うものですから、可能な限り関わらないほうが賢明でしょうね……。

    確かに。問題が分からなければ、答えも分からないものですからね。まあ、おおよその悩みはカテゴリーで分けられますけどね。
    悪徳占い師がよく使う手です。おおよそ、悩んでいるのは人生についてか、恋についてか、仕事OR学業かですからね。だから、貴方が悩んでいるのはOOね!!で、崇拝させていくわけです。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【わっ!】へ
    • 【エドさんと君のための冒険 2-2】へ