「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと君のための冒険(児童文学・特別長編・完結)

    エドさんと君のための冒険 2-5

     ←エドさんと君のための冒険 2-4 →エドさんと君のための冒険 2-6
    第二章 街の冒険 5

     翌日、エドさんは再び雑踏に足を踏み出しました。その顔は、まぎれもなく探偵のそれでした。

     しかし、『虹ノ都』は広い街です。そんな中、サム教授をどこで見つければいいのでしょう? そもそも、ほんとうにこの街にいるのでしょうか?

    『あの人はいると確信しているんだ』

     エドさんはそうつぶやいて、余計な考えを追い払いました。

     まず、エドさんは、漠然と『サム教授がいそうな場所』に向かって歩いてみました。このふしぎな街の力が、自分を連れて行ってくれるかもしれないと考えたからです。

     結論として、それは失敗でした。足が棒になるほど歩き回りましたが、『ここだ』と思える場所には行き当たりません。適当な居酒屋に入って、蒸したバナナと果実酒という軽い昼食をとったエドさんは、やり方を変えることにしました。

     まずは大学の前に行き、出てくる学生や教師たちに、サム教授の名前や人相を話し、そのような人物が学内にいないかどうか聞いて回りました。

     彼らはエドさんの問いに、親切に答えてくれましたが、はかばかしい結果は得られませんでした。サムなどという教授は大学にはいないし、人相に合致する人間もいない、と口をそろえて答えたのです。

     大学を離れたエドさんは、それでは、と、サム教授が出入りしそうなところを当たってみることにしました。

     まずは、書店です。仮にも、エドさんがこの世界に来る前にいた世界……エドさんにはどこか夢の世界のようにも思えてきましたが……では教授の地位にいた人ですから、本が並んでいるのを見れば、買いに立ち寄りたくもなるでしょう。エドさんは、本を売る店や文房具を売る店を、しらみつぶしに聞き込んで回りました。

     これも、結果は思わしくありませんでした。どの店に入っても、そのような客が来た覚えもないし、なにか買っていったという覚えもない、というのです。エドさんは頭を下げてその場を去るのが常でした。収穫といえば、最初の店で買った、この街の建物案内書くらいのものでした。

     エドさんはさらに考えました。サム教授はもとの世界では医学博士でした。その知識をもとに、この街で開業医やそれに関する仕事で生計を立てているかもしれません。案内書をめくり、医者や薬屋の看板を掲げているところをひとつひとつ丹念に聞き込んでみるのはいい考えに思えました。

     エドさんは広いこの街を歩き回って医者や薬屋から聞き込みをしました。

     夕暮れ、暑い中を歩き回ったせいで、エドさんはふらふらになって「王冠亭」に帰ってきました。

    「テリーさん、食事をください。安くて栄養のつくものをどっさりに、飲みやすい、弱いお酒をそれなりに。疲れて、のどが渇いてしかたないんです」

     テリー青年はスープで煮たなにかの粥を椀に盛り、ラム酒を冷たい水で割ったもののジョッキを添えました。

    「こんなものしかありませんが、そうとうお疲れになったようですね」

    「これはと思ったところがみんな外れで、明日からどこを探そうかと悩んでいるところですよ。依頼の内容は明かせませんが、ほとほと弱っています」

     エドさんは水割りのラム酒をがぶがぶ飲んで、ようやく人心地がつきました。香辛料で味付けされた粥をさじで口に運んでみると、ちょうどころあいの温度で、辛味と酸味の利いた味が、頭をすっきりさせていくようでした。

    「うまい」

     むさぼるように食べ、満腹したエドさんが後ろを振り返ると、男たちがテーブルに群がってさいころを振っていました。「王冠と錨」というあの賭博です。

     ぼんやりとそれを眺めていたエドさんでしたが、とつぜん、自分の頭をぴしゃりと叩きました。

    「そうだ! ……そうに違いない。わたしはなにを見ていたんだ!」

     エドさんははじかれたように立ち上がると、食器をカウンターに返して、店の出入り口に小走りで向かいました。入れ違いに入ってきた老奇術師が、エドさんにぶつかりそうになって目をぱちぱちさせました。

    「血相を変えて、どうしたんだね」

    「自分が間抜けだとわかったんです」

     エドさんはそう答えると、夜の街に飛び出しました。もし、この推測が当たっているなら、サム教授は絶対にあそこにいるはずだ!


    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【エドさんと君のための冒険 2-4】へ  【エドさんと君のための冒険 2-6】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    ありがとうございます。がんばって賞を取るぞ。

    エドさんですが、主役が死んでしまったら話が終わってしまうではないですか(^_^;)

    大丈夫、すぐに状況はわかります(^_^)

    NoTitle

    アルファでミステリー大賞のポチをばしてきました。
    何とびっくり、自分のパスワードを忘れていた。
    四苦八苦して思い出し、やっと投票でけた。
    嫌になる。

    エドさんは死んでいるのかと
    ちょいと気になってしまった。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【エドさんと君のための冒険 2-4】へ
    • 【エドさんと君のための冒険 2-6】へ