FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと君のための冒険(児童文学・特別長編・完結)

    エドさんと君のための冒険 4-6

     ←エドさんと君のための冒険 4-5 →楽天が……?
    第四章 山の冒険 6

     エドさんは、自分に背を向けて去っていくミスター・エレクトリコの姿が、小さくなるのを、じっと立って見送っていました。

     老奇術師の姿が、稜線に隠れて見えなくなったところで、エドさんは向き直り、前に向かって歩き始めました。

     ひとりの登山が不安でないといえば嘘になります。しかし、エドさんはそれをつとめて気にしないようにしました。

    『……わたしは不安だ』

     エドさんは坂道を登りながら思いました。

    『わたしは怖い。だが、それは当たり前のことではないのか? この世界でなくとも、妻に抱いていた愛情が壊れるかもしれない、と思えば、誰だって不安で怖くなって当然だ。当然のことなのであれば、受け入れればいい。目をそらすのではなく、必要以上に見つめてしまうのでもなく、息を吸っては吐くように、自然なものにすればいいんだ』

     坂道は少しずつ、急なものになってきました。エドさんはつぶやきました。

    「聞こえるか、『地獄の国税局』? 聞いているのなら返事をしろ」

     返事は返ってきませんでした。エドさんは、自分のペースを守りながら、ひとり歩き続けました。

    『「地獄の国税局」、わたしには、お前が必要だったのかもしれない。いやなこと、見たくもないこと、自分が決してなりたくないものになってしまいそうなとき、責任を押し付けられる便利な存在が。そうした心を持っていることは認めなくてはいけないだろう。人間だから。お前はわたしの心の中に永久に住み続け、災厄を作り出してはわたしの邪魔をすることだろう。いいだろう。わたしは、お前を受け入れる』

     そこまで考えたとき、エドさんの耳に、あざ笑うような声が聞こえました。

    「……いいんですかね?」

     エドさんは笑顔になりました。

    「聞いていたのか、地獄の国税局。もちろんだ、かまいやしないさ。わたしは、お前とゲームをすることはやめたんだ。わたしはわたし、お前もわたし。克服とまではいかなくても、そう考えれば心はいくらか楽になる。人間が普通に暮らすのに、それ以上のことが必要だろうか? 少なくとも、今のわたしには、それでじゅうぶんだ」

     老奇術師のいったとおりでした。エドさんは、山頂がどんどん近くなってくるのに気づいていました。道は険しくなってくるものの、目的地に近づいていることは疑う余地もありません。

    「クロエ……」

     エドさんはつぶやきました。それに答えるような、悪魔の声がエドさんの耳を打ちました。

    「奥さんに会う、ちょっと前に、またあなたの目をつぶしてさしあげましょうか?」

     エドさんは首を振りました。

    「残念だが、その手は二度と食わないさ。お前もこの山の頂上を極めたがっている。なぜなら、お前はわたしだからだ。わたしはもう、お前とゲームはしない。そういったはずだろう?」

     エドさんは歌を歌い始めました。

    「道はでこぼこ、身体はくたくた、されどわれらが心は進む。前進!」

     そのころには、道はでこぼこどころか、両手両足を使わなければ進めないほどの急峻になっていましたが、エドさんは、これまでよりも楽に進めるように思えました。

    「……まだ先には、危険と困難があると、あの奇術師のじじいはいってましたよね?」

     見えない悪魔はさらにささやいてきました。エドさんはなにごともなかったかのように答えました。

    「危険と困難があるとしても、それはお前じゃないさ、『地獄の国税局』。少なくとも、ミスター・エレクトリコが、その筋道の立った考えかたで、わたしに希望と勇気を再び取り戻してくれた今となっては、お前がいくらささやこうとも、どうということもない。わたしはお前と、危険と困難がどこにあるのかについて話すこともできる。話さないがね。お前とゲームをするのには、もう飽きた」

     その言葉の通りでした。エドさんは、さっきまでの、不安と疑いといじけた考えに取りつかれていた人間から、いつものエドさん、常識と理性、それに少しのユーモアでもめごとを処理する、探偵であり便利屋のエドさんに戻っていました。

     エドさんは心の中で考えました。

    『危険と困難。それは、この険しいが進むのに楽な道にはなく、頂上でわたしを待っているものにあるはずだ。もしかしたらそれは、クロエに自分の心のしたことを話すよりも、もっと心を乱すなにかかもしれない……』


    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【エドさんと君のための冒険 4-5】へ  【楽天が……?】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【エドさんと君のための冒険 4-5】へ
    • 【楽天が……?】へ