FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    エドさんと君のための冒険(児童文学・特別長編・完結)

    エドさんと君のための冒険 4-9

     ←エドさんと君のための冒険 4-8 →エドさんと君のための冒険 4-10
    第四章 山の冒険 9

    「きみにはわからないことばかりで、退屈させてしまったな」

     エドさんは青年にそういいました。

    「いえ……」

    「わたしは、きみとこうして向き合うことを恐れた。馬鹿な回り道だったと、自分でも思うよ。そんなわたしを見捨てずに、最後までつきあってくれた奇術師の先生には、足を向けて寝られないな。おそらく、あの人が、いちばん事態を理解していたのかもしれない。あのときは、わたしはここでお母さんと出会うのだろうと思っていたが、あの人はその先をもおぼろげながら見通していたんだろう。わたしはいわれたよ。わたしのこれを冒険と呼ぶとしたならば、それは、きみのための冒険なんだと」

     エドさんは首を振りました。

    「わたしのためだけじゃなかった。これは、ここにいるきみのための冒険でもあったんだ。ここにいるきみ、まだわたしが見ていない、もうひとりの娘もきみと呼ぶべきだな。お母さんももちろんきみのうちに入る。そうした、無数のきみのための冒険だったんだ。うまくいい表せないが、わたしはそう考えている」

     エドさんは、ふたたび青年の手を取ると、しっかりと握り締めました。

    「わたしがここにやってきて、きみのための冒険を、こうしてしてきたのも、たったひとつの言葉を伝えるためだったんだ」

     エドさんは、思いと愛情を込めて、その言葉をいいました。

    「きみは生まれてきていいんだ」

     青年は、ぽろぽろと涙をこぼしました。涙が落ちるたびに、青年はどんどん若返っていくようでした。青年は少年になり、少年は幼児になり、そして幼児は、おくるみに包まれた小さな赤ちゃんになっていました。

     エドさんは赤ちゃんを抱き上げ、優しくその身体をなでました。

    「さて……この子をどうしたものか。このままここに放っておいては、無事に生まれてくるかどうかわからないぞ」

     エドさんはそうつぶやき、そして自分がなにをつぶやいたのかに気がついて青くなりました。

    「危険と困難というのはこれか!」

     エドさんは、山頂から下を見下ろしました。これまで旅してきた、山や森や街や海が見えます。しかし、いちばん安全そうな「虹ノ都」に行くまでも、長い距離を歩かなければなりません。そんな旅を、赤ちゃんを抱いたままで行うことができるでしょうか。しかも、荷物の食料はだいたい食べつくし、水も残りは少ないのです。

     それに、もし、「虹ノ都」に帰っても、エドさんはどうすればいいのでしょう。お金は、旅装を調えるのに全部使ってしまいました。勝手がわからないこの世界で、どうやって暮らせばいいのでしょう。

     エドさんの耳には、あの悪魔が、げらげらと笑う声が聞こえてくるかのように思えるのでした。

     エドさんは……エドさんは、それでも絶望するのだけはやめよう、と心に誓いました。ここが「嘆キノ峰」だとしても、自分まで嘆くのはよそうと思ったのです。たとえ、ここが、幾多の登山者が行方を絶った山だとしても……。

    『ん?』

     エドさんは、ちょっと引っかかるものを覚えました。

     登山者が行方を絶ったとしたら、その死体とか荷物とかは、どこにあるんだろう?

     そもそも、この息子は、どこからこの山に来たんだ?

     エドさんの頭は、フル回転を始めました。結果として、思いもよらなかった結論が出てきました。

    『……この山頂からは、気づいてはいないけれど、なにか抜け出せる道があるのではないだろうか?』

     エドさんは考えました。

     ここに登ろうとした登山者で、頂上を極めたと思われるものは、二度と戻ってこなかった。戻ってこなかった。戻って……。

     もしかしたら。

     エドさんは、自分が見下ろしていた地面とは、まったく別な方向を見つめました。祈る気持ちで、勘と推理が当たってくれることを願います。

     エドさんの目が、なにかを捕らえました。初めは小さな点でしたが、それは見る見るうちに大きくなってきます。エドさんが見ていたのは、空でした。空に、ひとかたまりのなにかが飛んでいるのです。

     群れです。鳥の群れです。無数の鳥が、雲のように群れをなしてやって来たのです。


    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【エドさんと君のための冒険 4-8】へ  【エドさんと君のための冒険 4-10】へ

    ~ Comment ~

    Re: 矢端想さん

    ほんとは天界の冒険も詳しく書くつもりだったのですが、

    「ここで結末だろう。これ以上冒険を書いても蛇足だろう」と思ってしまったのであります。

    判断は間違っていないと思います。

    ウェルギリウスのような老奇術師は去り、ダンテのようなエドさんを煉獄の山頂で待っていたのはベアトリーチェではなく息子だった。

    しかし、神の啓示に至る天堂への最後の冒険がここから始まるのである。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【エドさんと君のための冒険 4-8】へ
    • 【エドさんと君のための冒険 4-10】へ