「残念な男(二次創作シリーズ)」
    虐待(二次創作中編・完結)

    虐待 1-2

     ←虐待 1-1 →虐待 1-3
     三日が過ぎ、わたしは試写会場に向かう電車に乗っていた。私鉄各社とJRの泥沼の縄張り争いが行われている地域に、その小さな劇場はあった。地図上ではわずかな距離でしかなかったが、最寄りの駅にたどり着くまでに電車を二回も乗り換える必要があった。おりしも帰宅ラッシュ時で、車内は満員だった。わたしは人の波をかきわけて乗り換えをしなくてはならなかった。二回目の乗り継ぎをして、吊革につかまってほっと息を吐き出したときに、それは起こった。

    「なにをするんですか!」

     声はわたしの斜め後方、ドア付近から上がった。なにごとかとそちらを振り向いたら、サングラスをかけた若い女が、男の手をねじり上げているところだった。

     いつもなら、なんだ、痴漢がつかまったのか、あとは駅員に任せようという判断になるところだが、今回はそのような態度でいたらまずいことになるのが明白だった。女がつかんだ手の先には、明らかに堅気ではない、非常に高い蓋然性で暴力団員と思われる人間の胴体がつながっていたのだ。

     男は、「ぐるるらっ、ぶらっ、べらららあ!」とかいう、魔法使いの呪文といっても通用するかのような叫びを上げた。威嚇の叫びだった。独特な抑揚で叫べば、意味がわからないだけに相手に異様なまでの恐怖感を与える、暴力系のかたがたが昔から常套手段としている手口だった。それと同時に、周囲からその子分と思われる人間が二、三人、女を包囲するように寄ってきた。

     ここまでやれば、誰にでもなにがどうなっているのかわかるというものだった。暴力関係団体のかたが、また新たなネタを考え出したというものだろう。わざとわかるように女にセクハラをしかけ、女が叫んだらしめたもの、後はひたすら知らぬ存ぜぬを決め込み、逆に大金をゆすり取ろうという肚だ、と見た。駅員や警察の前では子分たち三人が口裏を合わせて証言するという寸法だ。周囲にいた乗客も、極道ということがまるわかりの人間がかかわっているのなら、自分に火の粉が飛んでくることを恐れて口を閉じてしまう、ということまで計算に入れてのことに違いない。女が男を痴漢騒ぎで罠にかける、というのは聞いたことがあるが、男が女を痴漢騒ぎで罠にかける、というのはわたしも初めて聞く手口だった。盗人猛々しいにも、ほどがある。

     わたしは、映画の試写会をパーにしてしまうことになるのではないかと、ため息をついた。だがしかし、わたしの死んだ師匠は、人間としての魂を持っているのなら、試写会よりも大事なものがあることを常々わたしに教育していたものだ。わたしは教えに従った。まずは混雑した車内をゆっくりと気づかれないように少しずつ移動し、チンピラの中でいちばん鈍そうなやつの背後に回り込んだ。師匠が教えてくれた古武術の動きの理法というものにわたしは感謝した。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【虐待 1-1】へ  【虐待 1-3】へ

    ~ Comment ~

    Re: ミズマ。さん

    それじゃ二十枚かからずに終わってしまうではないですか(笑)

    きちんと映画は見に行きますって(^_^;)

    タイトル詐欺はしませんよ(^_^;)

    卯月さんへのコメントにも書きましたが、この痴漢、我ながら最低の犯罪手口を考え出したものです……(汗)

    Re: 卯月 朔さん

    これ原稿用紙で百枚くらいを目指している作品ですから、まだ導入部もいいところですよ(^_^;)

    われらが主人公が映画を見に行かないと、タイトル詐欺じゃないですか(^_^;)

    問題は、そこから先が原稿真っ白ということで……(^_^;)

    この痴漢手口というより恐喝手口は、冤罪事件の記述を読んでいるうちに思いつきました。まさか実行するやつもいないと思いますが、我ながらイヤなことを考えついたものです……。

    映画の話かと思ったら痴漢電車の話でした!?

    結局試写会には行けそうもないですね、残念さん^^;
    で、ロビンちゃんになんか言われて終わる、とか。

    とりあえず痴漢怖いです(;O;)

    映画館のシーンかなあって思っていたけど、そこはさすがのポールさま、卯月の読みなんかまだまだでした><

    それにしてもこの痴漢手口、こわいですね……公共の交通機関とは縁遠い田舎暮らしですが、これはヤだなあ;;

    残念なひとはなんだかんだ言いつつも、やっぱり助けに行っちゃうのか(笑) お姉さまも言ってらっしゃったと思うのですが、残念なひとは報われないのがこれまでの定番なのでそれを覆してほしくないような、覆してほしいような……んー、むずかしい。

    つづき、待機しますー!

    Re: LandMさん

    痛いのとか苦しいのとかはあまり書きたくない題材です……くどくなるので。

    それでもこういう話にした以上は、やれるだけやろうと思っています。

    乞御期待。

    痛みや苦痛をね。
    文章で表現するのは難しいですよね。
    私もこういう作品を書いていて常々思います。

    Re: かえるママ21さん

    ドキドキしてくださってありがとうございます(^^)

    こんな手口が蔓延したら、もう何を信じたらいいかわかりませんね。実際はこううまくはいかないでしょうが。

    もちろんこの小説でも(^^)

    Re: limeさん

    原稿はいきなり行き詰っていたりして(^^;)

    まあのんびりペースでやります(^^;)

    ドキドキの展開ですね。
    ありそうですよ。
    これからどうなるのか.....な。

    第1話の出だしも、とっても興味深かったけど、第2話の展開も面白いですね。
    どんな方向に話が行くのかが、楽しみです。

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【虐待 1-1】へ
    • 【虐待 1-3】へ