「残念な男(二次創作シリーズ)」
    虐待(二次創作中編・完結)

    虐待 1-4

     ←虐待 1-3 →虐待 2-1
     また訪れた、どこかぎこちない沈黙の後で、女は口を開いた。

    「さっきの立ち回りですが、わざと目立つようにふるまわれたんですね」

    「わかりますか」

    「ええ。あそこまでご自分を強く印象付けておくと、あの嫌な人たちも、あなたのほうに目を向けて、わたしのことなど忘れてしまうのではないか、そうお考えになってのことでしょう?」

     頭も悪くないらしい。ますます好みだ。

    「単に、ああいう社会のゴミが嫌いなだけですよ。もっとも、こんなことをいったらゴミに失礼ですけどね」

     女は笑顔を浮かべた。まださっきの恐怖が残っているのか、こわばった笑顔だった。

    「わたしは次で降りますが、あなたは?」

    「わたしも次なんですよ」

     女の答えに、わたしは胸がはずんでくるのを感じた。もしかすると。これはひょっとしてひょっとすると。

    「どうでしょう、お茶でもごいっしょしませんか?」

     順当に電車が進めば、映画まではまだいくらか時間がある。三十分、いや十五分でいいからもっと話がしたかった。

     女はわたしの顔を黙ってしばらく眺めていたが、にこりとすると、いった。

    「かまいませんよ」

     わたしは心の奥底でガッツポーズをした。もう、映画なんてどうでもいい。見なくったってどうでもいい。

     女は時計を見た。

    「でも、用がありますので、そんなに長くはいられませんけど」

     時計を見るしぐさひとつまでが、わたしの好みだ。ここは押しだ。押して押して押しまくるのだ。

    「それじゃ、マクドナルドなんてどうです? 安くて、早くて、今のわたしたちにはちょうどいい」

     女は、また笑った。

    「わたしも、のどがからから。喜んでご一緒させていただきますね」

     心はさらに舞い上がった。

    「ご用があるそうですが、お仕事はなにをなされているのですか?」

    「なにに見えます?」

     質問で返された。知的な職業だろう、わたしはそう確信していたが、いったいなんなのかは、どうもつかめなかった。

     そのとき、列車が駅について扉が開いた。わたしの降りようとする判断は一瞬遅れた。具合が悪いことに、ホームには、帰宅途中の弓道部員と思われる高校生の一団が、道具を背に待っていたのだった。どっと乗ってきた高校生たちは、わたしを洪水のように車両の隅へと押し流した。出ようともがくわたしの前で、無情にもドアが閉まった。当然、女の姿はもうどこにもなかった。くそっ!
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【虐待 1-3】へ  【虐待 2-1】へ

    ~ Comment ~

    Re: 卯月 朔さん

    こういわれると気の毒だな「残念な男」……(笑)

    しかし事件が起こるのはこれからなのであります。

    ふっふっふっ(^^)

    残念さ――――――んっ! 残念で安心しました―――――っ!(酷い)

    女性を誘う態度はカッコイイのに内心ガッツポーズとか、学生の波にのまれちゃうとかw でもなあ残念なひとが「お茶」とか飲み物系のキーワード出してくると「ああ……ああ……」って気持ちになって、とにかくすごく「ああ……」なのですw

    女性とは、試写会で再会するのかなあ? つづき読んできます!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【虐待 1-3】へ
    • 【虐待 2-1】へ