「残念な男(二次創作シリーズ)」
    虐待(二次創作中編・完結)

    虐待 8-3

     ←たとえば →虐待 8-4
     沈黙。耐え難いほどの沈黙。

     わたしは続けた。

    「結城家になにがあったかは、詳しいことは本人しかわからないでしょう。いえることは、ある日突然、父親の結城氏はこの世界からどこかへ行き、子供のほうもどこかへ行ってしまったということです。どこへ行ったかなんて、知りません。しかし……」

    「やめて!」

     都谷炎華は叫んだ。そのそばでは、竹田明子マネージャーが身をこわばらせていた。

    「やめるわけには行きません」

     わたしはいった。

    「これで人間の生命が救えるのなら、わたしはなんだってやります。やめろといわれてもやります」

     のどがひりつく。やはり飲み物を持ってくるべきだったか。しかしこの渇きは、水やアルコールでは癒えないタイプのものだろう。そしてわたしは、断じてその手段をとってはいけないのだ。

    「残された結城家の母親が、どんな思いだったかは想像に難くありません。ダメ人間だった夫がどうなったかは、すでに愛情も冷めきっていたことだから、それなりの感慨以外はなにも抱かなかったでしょうが、子供がどこでどうしているか、それについては心配していた。神経をすりきらすほど心配していた。自分の血をわけた子供です、歪められていたとはいえ、その抱いていた愛情は本物でしょう。だが、時間が……そう、数年の時間が流れ、母親の頭の中では、子供は誰か優しい人の手のもとで、幸せにおだやかに暮らしている、という想像がなされていた。しばらくはそれでよかった。だが、この数日において、事態は激変した。幸せに暮らしているはずの子供が、過去からよみがえってきたのです。恐喝者からの電話とともに」

     わたしは両手を広げた。

    「もし、母親が、もとと同じ極貧の生活のままだったら、母親は迷わず警察へ行ったことでしょう。しかし、母親には警察へ行くことはできなかった。すでに社会的な地位が向上し、幸せな暮らしと、優しい夫と、かわいい子供に恵まれていたからです」

     わたしの口の中は、なにか苦いものでにちゃにちゃしていた。どうしてなにも飲み物を持ってこなかったのだ。この安ホテルには、いくつも自動販売機があったはずなのに。

    「もし、恐喝者が新聞社や警察に、人物確定の証拠である歯形の書類を送りつけたらどうなるか、母親には最悪の結末がありありと目に浮かぶようでした。骨折の跡が残る死体から、自分が虐待をしていたことが夫にばれてしまう。そうなったら……離婚。そして子供から引き離される生活。母親には、それは耐えられることでした。だが、もし、夫が、子供を自分に預けたら、どうなるか? また、自分はわが子の虐待者になってしまうのではないか? 母親はそれを恐れたのです」
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【たとえば】へ  【虐待 8-4】へ

    ~ Comment ~

    Re: limeさん

    正常な判断ができなくなっていたんでしょうね。今ある幸せが……と思うと、パニックになってもおかしくありません。

    ここから話は、さらに悪い方向へ向かって行きます。このラストシーンが頭に浮かんだから小説を書き始めたのですが、三百枚の長編にするんだった。うむむ。

    NoTitle

    虐待をしていた母親のもとに、自分の子供を預けて去っていく父親はいないと思うんですが、そんな判断もできなくなっていたのかな・・・。
    やはり、更に重苦しい感じになってきましたね・・・。どうなるんでしょう。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【たとえば】へ
    • 【虐待 8-4】へ