自炊日記(ノンフィクション)

    自炊日記・その22(2013年10月)

     ←はいけいてんのうへいかさま →ビジネスチャンス
    10月1日

     遠方の病院へ行く。延々待って、診察自体はあっという間に終わり、薬をもらってまた遠路帰る。とほほ。

     実家で原稿を書く。ちっとも進まない。

     スーパーで無洗米を買う。1780円也。家計簿をつけたら赤字がNHKに払った分だけ増えていた。つまり生活費自体は先月までとさほど変わらなかったということだが、消費税が八パーセントに上がったら暮らしが死ぬなあ、と思ったのも事実。

     楽天の田中投手、どこまで記録を伸ばすんだ。23勝無敗。もうA&B&C(*)(Z)あげます。といっても「熱闘12球団ペナントレース」というカードゲームを知らないとわからないわな。

     アパートに帰ってきてからも原稿を書く。とりあえず形だけでも脱稿しておかないと、休むに休めない。日本人的発想かもしれん。

     夜食になにか食べたくなってアラビヤン焼きそばを作る。あれを買ったのは失敗だったかもしれない。つい食べたくなってしまうからだ。カロリーがなあ。

     脱稿。気がついたら1:30。さすがに寝る。

    10月2日

     7:50起床。

     起床直後計量:体重 71.4kg

     朝食のメニュー
     スパゲティペペロンチーノ生卵のせ(スパゲティ100g、玉ねぎ1/2個、卵)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     トマトジュース(コップ一杯、無塩)
     ※写真はクリックすると大きくなります
    20131002朝リサイズ


     スーパーに行ったらグレープフルーツが見切り品で安く売っていた。買ってしまう。

     図書館から「シャルダン」「シスレー」「カナレット」の画集を借りてくる。初めて聞く名前の画家ばかりだが面白いだろうか。

     アパートに帰ってきてからぐだぐだテレビを見て過ごす。怠惰だ。

    10月3日

     8:40起床。とにかく、この起床状況は変えなくてはならない。

     起床直後計量:体重 71.4kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     塩鮭
     サラダ(サラダ菜、玉ねぎ)
     かぼちゃ煮つけ(2かけ)
     生卵
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     グレープフルーツジュース(半個をしぼる)
    20131003朝リサイズ

     リハビリ施設へ行く。疲れて頓服を飲む。

     リハビリ施設からへろへろ帰ってくる。豆腐屋のトラックで豆腐を買う。「今日こそ湯豆腐でしょ?」まさか先週に続いて麻婆豆腐を作るとはいえない。レトルトのたれで煮るなんて、よくよく考えたら豆腐屋に喧嘩を売っているようなメニューだからなあ。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     麻婆豆腐
     かぼちゃ煮つけ(2かけ)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     グレープフルーツジュース(半個をしぼる)
    20131003夜リサイズ

     シャルダンの画集をめくる。リアリズムの祖といえば聞こえはいいが、ただの写真みたいで面白くない。シスレーの画集をめくる。印象派はどうも好みに合わない。面白くない。カナレットの画集をめくる。パノラマ写真のようで目は惹かれるが面白くない。サロンに展示されている絵を見て「情熱を! 熱気を!」と叫んだというドラクロワの逸話に共感してしまう絵ばかりである。ふて寝して漫画雑誌を読みながらアンケートハガキを書くことにする。でも漫画雑誌も、パターン化したような作品ばかりで、驚いて座り小便をもらすようなものが少ないんだよなあ。うむむ。

     シャワー浴びて寝る。

    10月4日

     7:20起床。おれってできるときはできるじゃん、飯はできてるかな、と炊飯器を調べたところ、昨晩予約を設定していなかったことがわかる。バカ。スイッチを入れてまた寝る。

     起床直後計量:体重 71.8kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     塩鮭
     サラダ(サラダ菜、玉ねぎ)
     かぼちゃ煮つけ(2かけ)
     生卵
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     グレープフルーツジュース(半個をしぼる)
    20131004朝リサイズ

     ふらふらリハビリ施設へ行く。ふらふら帰ってくる。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     麻婆豆腐(前日の残り)
     かぼちゃ煮つけ(2かけ)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     グレープフルーツジュース(半個をしぼる)
    20131004夜リサイズ

     食べてみて思ったが、「Cook Do」より「丸美屋」のほうがうまい。しかしレトルトの麻婆豆腐ばかり食べていると堕落するので、来週は湯豆腐にしようと誓う。

     DVDで「狂へる悪魔」を見る。ジョン・バリモア主演の1920年の無声映画で、「ジキル博士とハイド氏」が原作である。メーキャップだけでジキル博士とハイド氏を演じ分けたジョン・バリモアがすごい、と聞いていたが、うーん、がんばりは買うけど、特撮の進歩というのはすごいものなんだなやっぱり、というのが正直な感想。クラシック感は否めない。ただ、話としては、前に見たトーキー版より面白かった。ジキル博士が妙な研究ばかりしている奇人としてではなく、生来の善人だったのが、知人の親切心づらした誘惑をきっかけに、果てしなく堕ちていく人物として描かれているところに、感情移入してしまう。BGMがついていなかったので、図書館で借りてきたマーラーの「大地の歌」を聴きながら見たのだが、半分成功、半分失敗だった。この不気味で悲劇的な話にぴったりの雰囲気の音楽ではあったが、映画が終わる前に演奏が終わってしまったのである。マヌケ。

     調子がいいので「悪魔スヴェンガリ」も見ることにする。同じくジョン・バリモア主演の1931年のトーキー映画。むろん白黒である。腹が減ったので焼きそばを作ることにする。ハイド氏を抑え切れなかったジキル博士を笑えん。

     「悪魔スヴェンガリ」は面白かった。美女トリルビーにイヤらしくイヤらしく迫る催眠術師兼音楽家のスヴェンガリをジョン・バリモアがときにユーモラスに、ときに恐ろしく、ときに哀愁をもって演じている。怪奇映画ではあるが、怪人スヴェンガリの「悲劇」と捉えるべきだろうなあ。ラストシーンの「スヴェンガリ」というセリフに、思わず落涙してしまいそうになった。「狂へる悪魔」よりも面白かったな。それにしてもジョン・バリモア、すばらしい映画俳優だなあ。わざと歪ませたセットの構図の狂い具合も、ドイツ表現主義の映画みたいでちょっと面白かった。

     眠れないのでしばらく起きる。Eテレでリーマン予想についての講義をやっていた。面白い。

     さすがに眠くなってきた。寝よう。しかし眠れん。目がギンギンに冴えておる。

    10月5日

     7:55起床。

     朝食のメニュー
     スパゲティペペロンチーノ生卵のせ(スパゲティ100g、玉ねぎ1/2個、卵)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     グレープフルーツジュース(一個をしぼる)
    20131005朝リサイズ

     実家へ帰る。夜の花火大会に備えてちょっと寝る……つもりが深く寝てしまう。とほほ。

     夕食後、様子をうかがうため、ケーブルテレビでの生中継を見て卒倒しそうになる。雲と煙で、近距離からでも花火がほとんど見えないのだ。打ち上げの音がするたび見えるのは、カニ星雲みたいな色つきの雲だけ。アホらしくなって外へ出るのをよす。天候は霧雨、風はほぼなし、気温は平年並み……誰が行くんだとほほ。というより誰だこんな日に決行を決めたのは。しかもNHK茨城も生中継を始める始末。解説者とアナウンサーが必死に必死にフォローするのだが、そのたびに苦い笑いがこみあげてくる。しまった、録画して、爆笑ビデオとして友人知人に配るんだった、と思ったが後の祭り。ふてくされてネット巡回。

     深夜23:30に布団に潜り、翌日の更新記事を書いていないことに気がつく。スマホの電源を入れて時間との競争みたいにしてショートショートを書く。6分オーバー。なんかくやしい。

    10月6日

     朝早く図書館とスーパーに行く。そのため「ドキドキ! プリキュア」を見損なう。うむむ。

     家族がテレビを見ていてなかなか録画のプリキュアを見られない。うむむ。

     結局今日は見損なったままアパートへ帰る。

     さびしく肉じゃがを煮る。テレビのスポーツニュースで星野監督のインタビューを聞く。楽天選手、星野監督にダマされているぞ、と、愛憎半ばするドラゴンズファンは思うのであった。基本的に、星野監督は、自分に心酔させることにより選手のやる気を高めるだけ高め、実力の百パーセントを引き出して勝つタイプの監督である。その人身掌握術ゆえに、チームを去られたときのショックは大きいのである。喪失感というよりは、「この裏切り者!」といった感じが強い。なにが「私の身体にはドラゴンズブルーの血が流れている」だまったく。舌の根も乾かぬうちに阪神行きやがって。とほほ。

     寝よう。

     チャンネルを変えたら「ガールズ&パンツァー」がやっていた。全ハッチ開いて顔を出すな馬鹿者! 余計なことを考えずに寝ることにする。しかし、昔のアニメ顔は違和感なく見られたが、現代のアニメ顔はどうもしっくりこない。プリキュアは自然に見られるのだが……。

    10月7日

     7:20覚醒。するもまた寝てしまい、起床したのは8:30であった。ダメ人間。ダメすぎて体重を量るのを忘れる。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     肉じゃが
     生卵
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     トマトジュース(コップ一杯、無塩)
    20131007朝リサイズ

     リハビリ施設へ行く。

     へろへろと帰ってくる。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     肉じゃが
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     トマトジュース(コップ一杯、無塩)
    20131007夜リサイズ

     テレビを見ていてショートショートのアイデアを思いつく。ブラックジョークだけど、現実世界はもっとブラックジョークだからなあ。

     書いていたら深夜をまわる。寝なければ。とほほ。

    10月8日

     8:50起床。寝床にずっといたい、という思いがこうしてしまうのか、単に病気がひどいのか。

     起床直後計量:体重 72.4kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     肉じゃが
     生卵
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     トマトジュース(コップ一杯、無塩)
    20131008朝リサイズ

     不動産屋にアパートの家賃を払ってからリハビリ施設へ。

     へろへろと帰ってくる。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     肉じゃが
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     トマトジュース(コップ一杯、無塩)
    20131008夜リサイズ

     マティスとピカソの画集を見ながらだらだらと過ごす。マティスはあまり好みでないことがわかったが、「赤色の画室」と「コリウールのフランス窓」はすばらしすぎて圧倒された。ピカソは、だめだこの人、なにを描かせてもうまくてすごい。天才というものはやはりいるのだ。どの作品を見てもインパクトがある。そのせいでかえって印象に残る作品を挙げろといわれると悩むのが皮肉だなあ。ついでにマネの画集も見る。何度見ても思うのだが、どうしてその絵画が革命的なのかさっぱりわからん。同時代にいないと、肌で感じられないものというものがあるのだろうなあ。クールベの「世界の起源」は別だが。

     寝よう。

    10月9日

     6:00起床。いつもより2時間早く寝たら2時間半早く起きられた。まあ当たり前といっちゃ当たり前の話だが。

     起床直後計量:体重 72.9kg

     朝食のメニュー
     スパゲティペペロンチーノ生卵のせ(スパゲティ100g、にんじん1/2本、卵)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     トマトジュース(コップ一杯、無塩)
    20131009朝リサイズ

     洗濯機を回しながら部屋の片づけをすることにする。さすがにこれでは問題だ。

     半分程度を終えたところで図書館とスーパーと実家へ。それでも見違えるようにきれいになったと思う。

     家ではPCに張り付いてブログの巡回に精を出す。

     夕食後アパートに帰ってきてから「ためしてガッテン」を見る。むむむ。パスタをゆでるのにそんな方法があったのか。明日の朝試してみることにする。

     見終わり、かぼちゃを煮てから、図書館でDVDを借りてきた「ロスト・ワールド」を見る。1925年のサイレント映画ということで、音楽もなく退屈するんじゃないかと思っていたが、そんなことはまったくなかった。人形アニメで動く恐竜がかわいい。どきどきしながら見て、恐竜が大暴れするラストシーンには「いいぞもっとやれ」と喜んでしまった。やっぱりいいよなあ、こういうツボを心得た特撮映画は。というか「ツボ」の原点なのだが。実に面白かった。ここから1世紀近くを経て、「パシフィック・リム」に至るわけか。時代とともに映画も変わるものだなあ。

     「100分で名著」を見てから寝る。NHKも、もうちょっと人間の見られる時間帯に放送しないか、と激しく思う。レコーダーを買えばいいだけの話かもしれないが。

    10月10日

     6:30起床。今日は調子がいい。調子が良すぎて体重を量るのを忘れる。おろか。

     朝食のメニュー
     スパゲティペペロンチーノ生卵のせ(スパゲティ100g、卵)
     かぼちゃ煮つけ(3かけ)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     トマトジュース(コップ一杯、無塩)
    20131010朝リサイズ

     で、やってみましたよ「1分パスタ」。結論だが、このパスタは非常に難しい。今回食べたところ、スパゲティの食感が悪く、非常に不満足。しかし、これは、ゆで時間の加減で調整可能だと思う。正確に1分ゆでるより、実際に食べてみて引き上げどきを考えるほうがよさそうだ。当たり前の話だけど。うちのアパートのようにガスコンロ一台でやっている場合は、フライパンに油を敷くタイミングも見計らわなければならない。今後も研究しなければならないだろう。なんたって楽だもんなあ。

     食べ終わって皿を洗って薬を飲んだところ眠くなる。一時間くらい横になるつもりだったが、いつの間にやらぐっすり。結局いつもの時間にあわてて飛び出す。うむむ。

     リハビリ施設から疲れきって帰る。百円ショップで「干しレモン」を買う。どうせ果汁を絞った後の残りかすを砂糖で煮て乾燥させた、いんちきドライフルーツだろうが、食べてみたらおいしかった。甘すぎず酸っぱすぎずほろ苦く。好みの味である。ハマるかもしれん。

     豆腐屋のトラックで豆腐を買う。今日も行くぞ麻婆豆腐。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     麻婆豆腐
     かぼちゃ煮つけ(5かけ)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     トマトジュース(コップ一杯、無塩)
    20131010夜リサイズ

     食後にゴッホの画集をぱらぱら眺める。この人にはまったく違った世界が見えていたんだろうな、とは思うが、それを好きと思うか嫌いと思うかは人それぞれだろう。ちょっとこの画家にはついていけない。「クトゥルフの呼び声」でSAN値がゼロの人間が描く絵とは、こういうものなのではないか、とすら思う。ついでだからゴーガンの画集もぱらぱら眺めることにする。こちらも好みとは合わなかった。同じくついていけない。毒を食らわば皿まで、と、食わず嫌いだったモディリアーニの画集をぱらぱらと眺めることにする。やはりあまり面白くない。どちらかといえば彫刻のほうが面白かった。

     寝よう。

     と思いつつも延々とスマホをいじる。嗚呼。

    10月11日

     8:00覚醒。しかしその後二時間もうつらうつらする。体重を量るのも忘れる。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     麻婆豆腐(前日の残り)
     かぼちゃ煮つけ(4かけ)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     トマトジュース(コップ一杯、無塩)
    20131011朝リサイズ

     リハビリ施設に遅刻の電話を入れ、昼食に。アラビヤン焼きそばでいいだろう。

     昼食のメニュー
     焼きそば(インスタント)
     トマトジュース(コップ一杯、無塩)

     自分でもわかるくらいへろへろしているので実家に帰ることにする。

     実家へ帰ってへろへろする。へろへろ。

     見られなかった「ドキドキ! プリキュア」録画を見る。ツッコミどころは多々あるが面白い回だった。でも、キュアソードが虫歯に悩むこんな話は、前期のうちにやってほしかった、と思ったのも事実。マーモが虫歯になってひどい目に遭う、というオチではなかったのも残念。

    10月12日

     予定ではこの一週間に睡眠サイクルを元に戻すつもりだったが、どうもそうもいかないらしい。地震のせいかいつもよりはるかに早く目が覚めてしまう。寝床でぐだぐだやっていたが、眠気が押し寄せてくれないのでいやになって起床。5:00。

     ゲームの例会があるので午前中にやるべきことを済ませる。スーパーでカツ丼を買い、必勝の信念で臨むことに。

     ゲーム会に行く。エクリプス、やはりいいゲームだ。エキサイトしてプレイできた。四時間かかったけれど。結果はもちろん負け。他のゲームも含め、この日は結局一勝もできなかった。とほほ。

     満足しきって実家に帰り、日が変わるまでパソコンの前に座ってロボ・ウォーズをし、司令塔をレベルアップさせる。これでレベル19。長かったぜ。まあ、19になっても、そこから20に上昇させるのがまたたいへんなのだが……。

    10月13日

     床屋と図書館へ行く。

     「ドキドキ! プリキュア」見る。ラケルが恋してがんばる話だった。戦闘シーンで、ど根性ガエルのピョン吉のごとく六花を引っ張るラケルに大笑いした。面白い。でも、こういう話は、序盤にやっておかんかい、と思ったのも事実。タイミングが悪いなあこのシリーズ。

     それ以外ではひたすらパソコンに張り付いて過ごす。ダメ人間。そのくせ原稿はできずに、夜の22時を過ぎてからようやく取り掛かる。なんとか13日のうちに書き上げることに成功。とほほ。

    10月14日

     スーパーへ買い出し。台風が直撃するとか聞いて、えらいこっちゃ、と野菜や果物や魚を買う。後は停電にならないことを祈るだけだ。

     昼にちょっと仮眠をとるつもりで、気がついたら三時間も眠っていた。どこまで乱れるこの睡眠サイクル。とほほ。

     夕食後アパートに帰ってから、スマホでブログを更新。

     23:15就寝。

    10月15日

     6:30起床。やればできるじゃないか。

     起床直後計量:体重 72.3kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     サラダ(レタス、玉ねぎ)
     塩さば1/4尾
     生卵
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     洋なし半個
    20131015朝リサイズ

     リハビリ施設へへろへろ向かう。こんな日に行きたくないのだが。

     リハビリ施設からへろへろ帰る。まだ小雨のうちに帰れたのは運がよかった。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(にんじん)
     サラダ(レタス、玉ねぎ1/4、かつおフレーク1缶)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     洋なし半個
    20131015夜リサイズ

     スマホでブログを更新。そうしているうちに台風がシャレにならなくなってくる。今夜は早く寝たほうがよさそうだ。

    10月16日

     5:30起床。台風に起こされたようなものである。

     起床直後計量:体重 73.1kg

     この台風では眠れそうもないので、こんなときにしか作れない「心平粥」を作って食べてみることにする。「檀流クッキング」である。作り方はとても簡単。米1:ごま油1:水15の割合で土鍋に入れ、とろ火で2時間。仕上げに塩少々で味を調える。朝食にぴったりのメニューだそうだ。「朝食」と「調理時間2時間」という両立できそうもない壁があったのでこれまで未トライだったが、たまにはこんなのもいいだろう。

     粥が煮えるのを待っている間に、借りてきた「クリムト」「ドガ」の画集をぱらぱらと見る。クリムトは、美人画が有名だが、どちらかといえば後期の風景画のほうが好みだ。ゴッホのようでもあるが、ゴッホよりも洗練されているように思う。ゴッホのパワーが好きな人には物足りないのだろうが。美人画に出てくるモデルは好みじゃないんだよなあ。ドガは……うーん、面白くない。ほんとに印象派が嫌いなんだなきっと。そうかだから日曜画家の展覧会にある絵のほとんどが嫌いなのか。とほほ。

     朝食のメニュー
     心平粥(米1/4カップ、ごま油1/4カップ)
     りんご半個
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)※写真には写っていません
    20131016朝リサイズ

     心平粥は、まずくはなかったが、感激するほどうまくもなかった。とはいえ、米1/4カップで茶碗三~四杯ぶんとれたので、満腹である。次は無洗米ではない普通の米でやろう。

     台風がやんだので図書館へ行って実家に帰る。ネットに耽溺しようと思ったものの、5:30に起きたせいか、無性に眠くなり、午後の大半を寝て過ごす。何しに帰ったんだいったい。

     それでもショートショートを一本書いてからアパートへ帰る。「ためしてガッテン」と「ニュースウォッチ9」「歴史秘話ヒストリア」を経て、「100分で名著」に至るいつもながらのコース。まあこんなことをやっているから寝る時間がとんでもないことになるのだが。

     今読んでいるジム・アル=カリーリ「物理パラドックスを解く」という科学エッセイの本に、「ラプラスの魔のパラドックス」というものがあった。決定論批判のための思考実験である。コンピュータを用意する。ものすごく優秀なコンピュータである。それこそ、宇宙のすべてをシミュレート可能なもので、素粒子やクオークひとつひとつの位置まで記録できる。さて、このコンピュータに、宇宙のすべての実在の情報を入力する。そうすればシミュレートにより、宇宙のこれからがすべて予想できるはずだ、決定論が正しければ。そこでコンピュータにプログラムする。たとえばであるが、もし、予想できた「これからの宇宙」に、このコンピュータが存在する、という解が出れば、コンピュータは自爆する。予想できた宇宙に、このコンピュータが存在しない、という解が出れば、コンピュータは自爆しない。こんなプログラムを入れると、コンピュータはどういう反応をすればいいのか、というパラドックスである。文中では、このパラドックスは、未来が予測可能であるということが間違っているのであって、未来は予測不可能であり(少なくとも予測者自身については)、このようなコンピュータは作れず、決定論は間違っている、という結論に達していた。私見であるが、このパラドックスは、決定論批判にもなんにもなっていない、ただの偽問題だと思う。「これからの宇宙」というものを、「0秒後の宇宙=現在」としてみよう。そうすれば、この「ラプラスの魔のパラドックス」というものが、「もし自分が現在自爆しようとしていなければ自爆し、現在自爆しようとしていれば自爆をやめなさい」という、論理的に間違った命令を入力したことから起こるものであり、「ラプラスの魔」が存在するかどうかとは無関係なものであることがわかるだろう。物理学ばかりやっていて、哲学的に思考することを怠っているとこうなる、という見本みたいなものである。

     寝るぞ。

    10月17日

     8:40起床。ちくしょう、まさか時計が遅れているとは思わなかったぜ。

     起床直後計量:体重 73.1kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     サラダ(レタス、玉ねぎ)
     生卵
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     りんご半個
    20131017朝リサイズ

     リハビリ施設へふらふら行く。ふらふら帰る。今日は湯豆腐にするか麻婆豆腐にするか。考えた末に麻婆豆腐にする。白菜買ってなかったし。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     豚汁(豚コマ、にんじん)
     麻婆豆腐
     サラダ(レタス、玉ねぎ)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     りんご1/4個
    20131017夜リサイズ

     TBSで「ジンロリアン」を見ている。同じ「タブラの人狼」をモチーフとした番組でも、笑えるバラエティーとしてはフジのほうが面白いな。頭脳戦としてゲームに参加している気分としてはTBSのほうがいいが。どこか「クク」を番組にしてくれるテレビ局はないか。あのギャンブリングがだめなのか。面白いゲームなのにな。とほほ。

     さあ22時50分だ。原稿は真っ白だ。ショートショートを更新だ。とほほ。まったく何も思い浮かばない。

     日付が変わるころにようやくネタを思いつき、根性で書く。結果として寝られたのは深夜であった。とほほ。

    10月18日

     とんでもない時間に起床。もうどうあがいても間に合わないので、リハビリ施設に遅刻の電話を入れる。あわてていたので体重を量るのを忘れる。とほほ。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     麻婆豆腐
     サラダ(レタス、玉ねぎ)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     りんご1/4個
    20131018朝リサイズ

     薬を飲むとぼんやりする。なんとか動く気になってきたのは昼ごろであった。とりあえずなにか食べることにする。

     昼食のメニュー
     アラビヤン焼きそば

     皿も洗わずリハビリ施設にふらふら行き、ふらふら帰ってくる。帰ってきて、当然だが、洗っていない皿の山と対面。とほほ気分で洗う。とほほ気分でロックンロール。

     皿を洗ってテレビを見てぼーっとしてから夕食の準備。

     夕食のメニュー
     チャーハン(米飯(〇・五合)、レタス、長ねぎ、卵、インスタント調味料)
     味噌汁(にんじん)
     麻婆豆腐
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     りんご1/4個
    20131018夜リサイズ

     「物理パラドックスを解く」読了。同じような問題にアプローチするのに、哲学と物理学の方法論のまったく違うことよ。物理学には正解なり、正解への近似値があるが、哲学にはそんな便利なものはないからなあ。

     22:00をまわったのにショートショートのアイデアが出てこない。完全に枯渇しておる。

     明日の朝、1分パスタを作るためにスパゲティを水に漬ける。前回はちょっと失敗だったが、今回はやり遂げて見せるぞ。

     アイデアを思いつく。相変わらずの時事ネタ。必死に書く。

    10月19日

     気がついたときには9時ちょっと前だった。「1分パスタ」をスタンバイしておいてよかった、と思いながら朝食を作る。体重は量るのを忘れる。

     朝食のメニュー
     スパゲティペペロンチーノ生卵のせ(スパゲティ100g、レタス、玉ねぎ、卵)
     ヨーグルト(加糖、1カップ)
     りんご1/4個
    20131019朝リサイズ

     シーズニングミックスをひと瓶使いきる。買ってこなくてはなるまい。パスタをゆでる時間の感覚はなんとなくわかりかけてきた。

     図書館へ行く。ロートレックの画集と「僕僕先生」の読んでない巻があったので借りてくる。

     あとはひたすらパソコンにへばりつく。原稿が真っ白だからなんとかして書かなくては。

     のどが痛い。

    10月20日

     朝から雨。そんな中でスーパーへ買い物。頭を湯豆腐モードにするため、白菜を買ってくる。ついでに浅漬けのもとも買ってくる。使うのは初めてである。人間最初がかんじんだ。

     パソコンにへばりついていたらさらにのどが痛くなってくる。アパートに帰るのをよして実家で早めに寝ることに。布団の中で借りてきた僕僕先生シリーズの「童子の輪舞曲」を読む。面白い。

    10月21日

     アパートにてくてく歩いて帰る。相変わらずのどが痛い。病院で薬をもらわねば。

     のどが渇いていたのでりんごを丸かじりする。うまい。ビタミンでも効いたのか、のどの痛みが軽くなった。でも太りそうだよなあ。

     リハビリ施設へふらふら行き、ふらふら帰る。いつも以上に行きたくはなかったのだが、今日は薬をもらわなければならないのだ。ついでに風邪の薬ももらう。楽になれればいいのだが。

     買い物の後で夕食の支度。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(インスタント、わかめ)
     もやし炒め(もやし、白菜、鶏むね肉、卵)
     かぼちゃ煮つけ(3かけ)
     納豆1パック
     ヨーグルト(カップ一杯、加糖)
    20131021夜リサイズ

     食後、焼きりんごを作る。熱いうちにはふはふ食べて、身体が温かいうちに歯を磨いて寝る、という作戦である。おいしくできたらブログにUPしよう。

     21:00就寝。

    10月22日

     6:30ごろ目覚ましの音で気がつく。わかったことは、本人にその気がなければ、目覚ましの音がなっている中でも人間は平気で寝ていることができるということだ。再び気がついたときは10:00だった。声ががらがらで頭もくらくらし、身体も熱っぽい。無理をしてリハビリ施設へ行けばかえって身体を壊すと判断、リハビリ施設へ休みの電話を入れる。その後もうとうとしながらしばらく過ごす。

     朝食をとらないといかん、ということに気づいたのは12:00ごろだった。冷蔵庫まで行き、野菜室からりんごを取り出す。洗ってかぶりつく。汁気があって非常にうまい。一個をまるかじりしてひと息つき、薬を飲んで再び寝る。

     朝食のメニュー
     りんご一個(写真は参考)
    20131022朝リサイズ

     16:00ごろ、ようやく立ち上がれるようになり、昨日の残り物で昼食を作る。もう夕方だが。

     昼食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(もやし)
     もやし炒め(前日の残り)
     かぼちゃ煮つけ(3かけ)
     生卵
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
    20131022夜リサイズ

     ほとんど薬を飲むために食事を取っているようなものである。

     もやしを使わなければいけないので、白菜といっしょに「浅漬けのもと」に漬け込んで浅漬けを作ってみる。袋をフリーザーバッグにしてしまったせいか、野菜の三分の二の高さまで液を注げ、と書いてあるのに忠実に従ったら瓶のほとんどを使ってしまった。うああもったいない!

     しばらくテレビを見ながらぼんやりとし、20:00ごろに夕食にする。

     夕食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(インスタント、わかめ)
     ビーフシチュー(レトルト)
     浅漬け(もやし、白菜)
     かぼちゃ煮つけ(3かけ)
     納豆1パック
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
    20131022深夜リサイズ

     浅漬けは思ったよりもおいしくできた。塩辛いけど。ビーフシチューはご飯のおかずになる。クリームシチューはご飯と食べるとあれだが。薬を飲んで落ち着き、皿を洗うと、すでに寝るような時間だった。寝るぞ!

    10月23日

     朝目が覚めたら8:40だった。うわあ、である。大急ぎで朝食の支度。

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     かぼちゃ煮つけ(3かけ)
     浅漬け(前日の残り)
     塩さば
     生卵一個
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     りんご1/2個
    20131023朝リサイズ

     後片付けをしてから実家へ。倒れこんで寝る。

    10月24日

     この日も大半を寝て過ごす。鼻とのどがつらい。しだいにつらさが鼻にシフトしているから、すぐに抜けると思うのだが。

     布団に横たわり、モネの画集を見る。いくらか面白いような気がする。それだけ素人にもわかりやすいということなのかなあ。

     本を読む。

    10月25日

     外は大雨。

     ブログの更新ができるまでになる。

     家族がテレビ通販で買った電子辞書に、読みたかった文献が収録されていることに気づいて大喜びする。英文だが……。

     「ドキドキ! プリキュア」録画を見る。まあそれなりに面白かった。ギャグの切れは悪かったが。

    10月26日

     かぜがほとんど抜ける。けれど外出はしないのであった。台風が来ているからなあ。と思ったら、それほどでもなく通過していった。ほっとする。

     安心したのか、夜になってテレビで日本シリーズを見る。面白いゲームだった。戦っているのがドラゴンズファンにとっては「不倶戴天の敵」と「憎んでも余りある裏切り者」だというのを割り引いても面白いゲームだった。亀井のスーパープレイにはしびれたなあ。

    10月27日

     カゼが完全に抜けたので、ひさしぶりにアパートに帰って布団を干し、日記をつける。

     「ドキドキ! プリキュア」見る。次回予告ではスラップスティックな完全ギャグ回になるかと期待していたのだが、見事に裏切られた気分。ギャグのひとつひとつがつまらないし、母性に訴えかけるマナのセリフも、どこか地に足がついていなかった。中途半端にシリアスなのである。レジーナ復帰回をシリアス話としてやるための効果を期待しているのなら、もっとギャグを機関銃みたいに詰め込むべきなのだが。練りこみが足りないのかなあ。不満足。

     ロートレックの画集をぱらぱら眺める。版画のポスターが有名だが、どちらかといえば、深い心の陰影が透けて見えるような肖像画のほうが好きだということに気づいた。そうした視線で見てみれば、意外と面白かった。「黒い羽根のボアの女」なんか、机の前に貼って眺めながら書けば、ハードボイルド小説の二、三本くらいたちどころに書けそうな気がする。

     部屋を掃除しよう……。コタツを作ろう。

     実家へ帰ってショートショートを書く。

     思考がドツボにはまってくる。孤立感。ろくでもないことを考え始める。まずい。

     日本シリーズを見る。田中投手の登板試合で、前日に続く手に汗握る試合であった。楽天が勝ったが、それよりも田中投手の不敗神話のほうに目が行ってしまう。このシリーズでは中五日とはいえもう一度登板があるはずだから、そのときも勝ったら、田中投手、生ける伝説だな。次は東北に帰っての第六戦だろう。先発完投として使うには指名打者制じゃないと困るからなあ。相手の巨人も、くやしいがいいプレイをしている。見ていて面白い。うぬぬ。くやしい。

    10月28日

     友人からメールで、来月は身動きが取れないとのこと。でも12月の土日はみんな忙しいだろうし、集まるとしたら来年かなあ。

     思考がドツボにはまってきたので医者に診てもらうことにする。SFを考えるのに悩みすぎたのだろうか。

     気分を変えるために買い物をすることにする。漫画雑誌三冊を買い、クイーンのCDをレンタル。ついでに買い逃していたコミックスも買おうと思ったら売っていなかった。とほほ。

     実家に帰る。明日は月イチの病院なのだ。

    10月29日

     朝イチで病院へ行く。遅くなると何時間待たされるかわかったもんじゃないからだ。三番目くらいに名前を呼ばれ、診察を受け、採血され、薬をもらい、実家に帰る。

     梶尾真治「つばき、時跳び」読む。雑誌連載時は、まさかあんな雑誌にSFが載るとは思っていなかったのでスルーであったが、読み直してみると、いい人情噺だった。タイムトラベルSFとしてはオーソドックスだが、そのぶん安心して小説世界に浸れる。

     ネットのゲームと格闘後、ブログ用のショートショートに頭をひねる。思い切って哲学話にするが、考えているうちに自分でもわけがわからなくなってくる。

     夕食後アパートに帰る。

    10月30日

     7:50起床。

     朝食のメニュー
     スパゲティペペロンチーノ生卵のせ(スパゲティ100g、玉ねぎ1/2個、卵)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     りんご半個
    20131030朝リサイズ

     図書館とスーパーと実家。いつもながらのコース。スーパーで大散財する。このところリミッターが外れたように買いまくっている。そしてその散財したものというのがりんご五個298円だったり、めんつゆ1リットル187円だったり、アラビヤン焼きそば五個358円だったり、……なんか泣けてきた。

     夕食の後アパートに帰り、再び「焼きりんご」に挑戦する。紅玉をよく洗い、芯をくり抜き、砂糖とシナモンとバターを詰めて、200度のオーブンで50分……ズボラ料理である。しかし、皮がまるこげになり、見るも悲惨な有様に。よくあるような、あんなかっこいい焼きりんごはどうやって作るんだ! いろいろとネットで調べる。そうか……皮にいくつも穴を開けないと、破裂するのか……奥が深い。

     日本シリーズを見ながら、食べる。うまい。次は失敗しないようにしよう。

     歯を磨いて布団をしいて寝る。

     ……つもりが、藤倉善郎「『カルト宗教』取材したらこうだった」をぺらぺらめくっていたらやめられなくなり、結果読了するまで2:00近くまで夜更かし。いかんなあ。

    10月31日

     8:10起床。なんかすごくすっきりした気分。

     起床直後計量:体重 72.4kg

     朝食のメニュー
     米飯(〇・五合)
     味噌汁(わかめ)
     ハンバーグ(レトルトハンバーグ、にんじん)
     かぼちゃ煮つけ(3かけ)
     生卵
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     りんご1/4個
    20131031朝リサイズ

     いい気分だったせいか、うだうだしているうちに時間ばかりが過ぎる。リハビリ施設へ行かないと。

     もろもろの理由から、帰りがけにもやしその他を買ってくることになる。行きつけのスーパーへ行ってりんごの棚を見たら、紅玉がなくなっていた。うう。

     もろもろの理由から、夕食が決まる。

     夕食のメニュー
     カレーライス(米飯(〇・五合)、レトルトカレー)
     焼きそば(インスタント焼きそば、もやし、にんじん)
     ヨーグルト(小鉢一杯ぶん)
     りんご1/4個
    20131031夜リサイズ

     栄養士が見たら目を回すようなオーバーカロリーメニューだが、もろもろの理由の前には無力なのであった。

     食べ終わった後、丸美屋の釜めしのもとで作った鶏釜めしを、もろもろの理由から食べることに。土曜日までのメニューが決まってしまう。うむむ。

     麦茶を飲みながら日本シリーズをテレビ観戦。土曜日のゲームで田中投手が投げ、楽天が勝って日本一になったら、巨人、引き立て役もいいところである。日本伝統のスポ根マンガでは、最後のひとりというところで田中が打たれて敗北するところで終わるのだが、さて今回はどんなもんだか。白河の関を越えて日本一は東北の地へやってこられるのか。白河の関は、野球に関しては通行あらためが厳しいらしいからなあ。そして監督は、日本シリーズなどの短期決戦ではこれまで何度も理不尽に敗れ去ってきた星野監督である。ひと波乱ありそうである。

     歯を磨いて寝る。どうして寝る前に歯を磨くのは、こんなにも面倒くさく思えるのか。

     こんな形で終わっていいのか10月の日記。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【はいけいてんのうへいかさま】へ  【ビジネスチャンス】へ

    ~ Comment ~

    Re: 甲辰さん

    爽快もなにも、これ、ただの日記ですが……(^_^;) まあ面白く読んでくださったんだからいいか!(^_^)

    来月はもっと鬱が入りますよ~(そうか?(^_^;))

    NoTitle

    こういう書き方、あるんですね。

    すごく爽快な気持ちになりました。

    勉強になりました。

    Re: kiyo♂さん

    星野監督によるあのリリーフは、見ていてほんとに腹が立ちました。前日に百六十球投げているピッチャーで抑える、というのは、「相手をナメてますよ」といっているも同然です。わたしはアンチ巨人ですが、これは腹を立ててしかるべきだ、と思いました。妙に美化されて、美談になったりしないかとちとイライラしています。ピッチャーが投げたい、といっても、監督止めろよ、です。

    両チームの選手たちはよかったんですけどねえ。

    Re: 矢端想さん

    モディリアーニについては、後から、絵にハクがついて値段が上がるのを期待して、画商たちが画家の死ぬのを待っていた、とかいう噂を読んで、イヤな気分になったものであります。ホントかウソかは知りませんが。

    モディリアーニの裸婦画、いいんですけどちょっと趣味に合わなくて。しかし当時のパリの男はアレを実用にしてあたのかのう。凄まじいものだのう(^_^;)

    Re: オリバーさん

    いえいえ。そうお気になさらず(^_^)

    病気は病気だというだけの話ですからね。(^_^)

    またいらしてください!

    Re: マウントエレファントさん

    レトルト食品、便利なんですけど、それに頼りきりになってしまうんですよね。ちょっとお高めでもあるし。

    なんとか安い値段で済ます方法はないか、と、毎日が発見の日々です。こないだは残りがちなもやしを「浅漬け」にしてしまうことを思いつき、ご飯のおかずにしたりもしています(^_^)

    日本シリーズ最終戦の最終回において田中投手をマウンドに送った星野監督の采配は、わたし決して許しません。あれさえなければ、素直に感動して見られたのに……であります。

    予定調和

    こんにちは♪

    11/3昨夜 九回表の楽天田中投手の登板は
    球界のセオリー無視が球史に残る伝説になったと思う
    一人なのですが・・・。

    結果は楽天勝利で田中投手投入でスポ根系にもなりましたが
    もし 逆転され負けていたら11/4今朝のスポ新聞等の論調に
    興味があります。

    楽天日本一セール 目玉誘い商品にサーバー混雑で参加できず。

    NoTitle

    失礼します。追記です。
    モディリアーニは僕も特に好きではありません。でも当時の数々の肖像画はどれも驚くほどモデルに似ていると評判だったそうであります。そんなの今の我々が見たって値打ちないよね。モディリアーニならなんといっても圧倒的な肉感を持つ裸婦像が魅力です。
    それより映画にもなったその生涯が魅力的ですね。本人の方がジェラール・フィリップより男前なんじゃないかと思います。なりたくはないけど憧れてしまう、夭逝の、いかにも芸術家。

    モディリアーニもロートレックも、世間に出まわった600字前後の小論(というかストーリー?)を書いたことがあります。・・・あまり言うと会社がバレる(笑)
    異動になって、もうこういう面白い仕事がなくなってしまいました。

    NoTitle

    成程、そうなんですか。(汗)

    いらん所で頭が回ってしまうので…。

    すいません。

    感心しています

    丸美屋の麻婆豆腐、ワタシも自炊していたとき、けっこうお世話になりました。
    カレーにしてもレトルト食品、本当に助かるんですよね。
    野菜やヨーグルトなど、バランスのいい献立になるよう工夫されているようで、感心しました。
    日本シリーズも今日で勝負が決まりますね。どうなることか。昨日の田中投手の、最後までやりぬく闘志には、けっこう感動しましたけど。

    Re: 矢端想さん

    印象派は一種の芸術に対する革命運動みたいなもんですからねえ。当時はパワーがあったんでしょうが、それがスタンダードになるとなんですな……。

    シャルダンの画集のつまらなさはすさまじいものがありました。この画家がわかるようになってきたら、わたしもヤキがまわったということなんでしょうなあ。シャルダンは、むしろ、「骨董」として考えるべきなのかもしれません。

    こうして見るとピカソのすばらしさがよくわかる。ロートレックの退廃した美人画もよかったです。

    絵手紙展は、公民館などで開かれているとまあ我慢もできますが、家族で激安ツアーで草津のホテルに温泉旅行に行ったとき、ひまつぶしに片岡鶴太郎美術館に入って……金返せとかいいたくなりました。これなら喫茶店でバカ高いコーヒー飲んだほうがましだよ。とほほ。

    レジーナ復帰でプリキュアが面白くなってくれることを望みます。公開中の映画は見る気をなくしていましたが、友人の話ではかなり面白いとか。うーん、無理してでも1日に映画館へ行って見てくるべきだったか……?

    NoTitle

    おつかれさまです。巨人は粘りますな。

    >「シャルダン」「シスレー」「カナレット」
    見事に面白くないのばかり揃えましたな(笑)。
    印象派の中でもモネは別格。光の要素を色に還元する史上稀有なる目を持った画家です。モネは統計によると(ブルータス誌だっけ)日本人が一番好きな絵だそうです。
    でもやっぱり印象派は面白くない。のほほんと眺めている分にはキレイないい絵ですが、日常がハードになるとヌルく見えてきていやになります。でもそれ以上につまらないのが絵手紙展とか某片岡鶴太郎美術館とか(略)

    この記事シリーズは毎月のプリキュアのおさらいもできて値打ちがあるなあ。

    Re: ぴいこ&ふうこさん

    いえこちらこそあまり遊びに行けなくてすみません。スマホだと、バッテリーとのかねあいで、あまり訪問できないのであります(^^;)

    それにしてもかわいい仔たちですね。癒されます~♪

    Re: えむさん

    いまテレビではいちばんいいところであります。

    さっきのあのポテンヒットは、打線に火をつけるきっかけになるんじゃないかなあ、スポ根漫画なら(^^)

    どっちもがんばれ~、ですね(^^)

    さあ九回裏、三点取ればサヨナラだ!(^^)

    Re: ECMさん

    逆転されてもう九回。梶原一騎先生のマンガだったら楽天は奇跡の逆転劇をするかわりに……って不謹慎ですね(^^;)

    紅玉6個入り498円パックは買っておくべきだったのかなあ。でも冷蔵庫には王林が3個残っているんだよなあ(^^;)

    NoTitle

    こんばんは

    自炊されてるんですね
    その方がヘルシーかと思います
    先程はぴいこにお祝いコメントありがとうございます
    とても嬉しかったんですよ
    また遊びに来ますねv-266
    • #11811 ぴいこ&ふうこ 
    • URL 
    • 2013.11/02 21:14 
    •  ▲EntryTop 

    NoTitle

    私はアセロラドリンクでございます^^

    熱いですね〜!
    最後まで粘るのが東北魂ですから^^
    ぜひとも まーくん 頑張って頂きたいですな〜。

    NoTitle

     日本シリーズはこの時点で2対0で楽天がリード。楽天の先発は田中投手。
     田中を手放したくはないだろうが、球団としてはお金ががっぽりはいってくる大リーグへの移籍をするかもしれないので、日本で最後の先発かもしれない。
     DeNAが最下位を脱出しただけでも今年はよかったことにしよう。

     紅玉はおいしいけど近所のスーパーで4個で400円近くして高いので1パックしか買えなかった。
     ジャムを作るには酸味のある紅玉が最適なのですが、洋菓子用として買い占められて、流通しないらしいので、見つけたら腐らせない程度に買い占めるしかない。

    Re: オリバーさん

    いや……直接身体にダメージがくるようなタイプの病気じゃないんだ……(汗)

    だけど薬を飲まずに放っておくとひどいときには廃人になるような病気なんだ……(汗)

    それ以上のことを書いたら、このブログがいきなりハードボイルドになってしまうのでやめておきます……(汗)

    NoTitle

    あまり無理をなさらずにお体を大切にして下さいね。

    こういう事しか言えません、許して下さい。

    後、このメニューは病院の指示によるものですか?

    小松菜系の野菜も出来る事なら摂られた方がよろしいと

    思います。

    おせっかいご免なさい(>_<)

    Re: limeさん

    病気のほうは、一生涯薬を飲み続けろといわれております。当然通院も一生涯です。とほほ。

    プリキュアはシリーズを追うごとにメンバーが増えに増えて、劇場版の集団シーンではえらいことになっています(笑) 現在30人以上(笑) あまりの増えかたに、全員が集結するタイプの映画は来年三月で打ち止めになるそうですが、下手をしたら40人を突破しちゃうんじゃないかなあ。

    印象派の画家の遺した最大の負の遺産は、「印象派『みたいな』作品なら描ける!」と錯覚する日曜画家を多数増やしたことでしょうね。おかげで公民館なんかの「美術サークル展」がつまらないことつまらないこと。とほほ。それ以上につまらないのが絵手紙展とか、某片岡鶴太郎美術館とか……あれ? こんな時間に宅急便が(以下略)

    NoTitle

    10月は後半、風邪に苦労させられましたね。
    でも全体的に、きちんと食事を取ろうと頑張っているのがわかります。
    病気の方は、回復に向かっていますか?
    それともずっとお付き合いするタイプのものでしょうか。
    私も耳の病気がそうですが、辛いもんですよね。

    プリキュアって、初代のものしかしらないのですが、今はもっとメンバーが違うのでしょうか。
    最近中高生に人気の「マドマギ」に、近いものを感じますが、あれは見たことありますか?

    印象派の画家、私もあまり好きではありません。
    なんだろう、見てると寂しくなる。人を楽しませるための絵では、ないのでしょうね。魂の放出というか。
    昔の文学小説に、似てるのかな。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【はいけいてんのうへいかさま】へ
    • 【ビジネスチャンス】へ