FC2ブログ

    映画の感想

    野村芳太郎監督作品「事件」見る

     ←野村芳太郎監督作品「張込み」見た →平凡で善良な男の半生
     「事件」見る。野村芳太郎監督の78年度作品。原作は大岡昇平大先生の日本推理作家協会賞受賞作。二十年も前に読んだ小説だが、映画をしみじみと見るのは初めてである。この映画を選んだのには立派な理由がある。地元の図書館のライブラリーにあるので、タダで借りられたからだ。われながらビンボー人。

     ストーリーはいってしまえば、ごく当たり前の殺人事件で、ごく当たり前の犯人が逮捕され、ごく当たり前に裁判になり、ごく当たり前の判決が下るというものである。原作小説を読んだときにも感じたが、この映画でも、ほんと、ただそれだけといっていい内容なのにべらぼうに面白い。

     面白い理由の第一番は、裁判所でのシーンを重厚感あふれる映像で撮りきったということにあるだろう。最高裁でもなんでもない、地方裁判所での審理である。そこが、「人の生き死にがかかった絶体絶命の場所」に見えるのである。2時間サスペンスなどで見るような、そこらのガラクタをかき集めてみました、みたいな貧弱なものではない。人の生き死にもなにも、長くても十年くらいの刑期の裁判なのであるが。

     そこに、次から次へと召喚される証人たちがまたいい。特にやくざを演じた渡瀬恒彦、「どうしようもない男」を好演して絶品。証人たちの証言から、珍しく「よく聞き取れるセリフ」を話す弁護士役の丹波哲郎が、次から次へと事態をひっくり返していくのが見事である。

     大仰なトリックはなにも使っていないのに、裁判の過程は、サスペンスフルで意外性じゅうぶん。判決がいいわたされるまで、どきどきはらはらの連続である。くどいようだが、地方新聞の三面記事の穴埋めみたいな、小市民的殺人事件の裁判だぞ。

     だが、この映画で、野村芳太郎監督は、深読みすればきりがなくなる、すさまじいにもほどがあるラストシーンを用意するのである。原作にはないこんなシーンが付け加えられて、大岡昇平先生、どんな顔したんだろう。想像するだけで楽しい。脚色というもののすごさを感じた。

     上映時間138分が過ぎていくのが惜しくなる作品。退屈している暇はまったくなかった。少なくとも、ガキが見る映画ではないと思われる。こんな映画を夜の九時から平気で放映していた昔の民放もすごいが、わたしが当時の親でも、テレビの前の子供らに「こんな番組まだ早い。もう遅いから早く寝なさい」くらいのことはいうだろうな。

     被害者役の松坂慶子も、その妹役の大竹しのぶも、実に色っぽくてよかったです。いやー、松坂慶子も大竹しのぶも、三十年前の昔はあんなだったんだなあ。

     ひさしぶりに原作小説が読みたくなった。図書館から借りてこようかな。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【野村芳太郎監督作品「張込み」見た】へ  【平凡で善良な男の半生】へ

    ~ Comment ~

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: かえるママ21さん

    かまいませんよ~♪

    どんどん出しちゃってください。減るもんじゃないし(笑)

    こちらもなにかあったら無断登場させますね~(ってオイヽ(^^;))

    Re: 宵乃さん

    原作の「事件」は、日本の裁判を描いた作品としては決定版でしょう。たいていの図書館にあると思うので、一度お読みになってもいいかもしれません。厚い本ではありますが、文学性もエンターテイメント性も抜群です(^_^)

    この映画も、映画賞を総なめにした傑作ですので、未見でしたらどうぞ。土ワイの二時間ドラマとは比べものにならないくらい面白いですよ(^_^)

    Re: マウントエレファントさん

    最近のレンタル屋、昔の邦画についてはすごく冷淡ですからねえ。アニメや韓流やハリウッドのほうが利益率が高いのもわかりますが、「渋め」の作品も充実させてほしいものです。

    ツタヤの宅配レンタルにはあると思いますが、あれけっこう高いからなあ。

    Re: ECMさん

    コメント遅れまして申し訳ありません(汗) 土浦は震度4でした。当然、無事です。

    筑西のほうはひどかったらしいですが、細かい状況まではわかりませんでした。

    ご心配おかけしてすみません。

    NoTitle

    こちらも傑作の様ですね。
    かえるままも、「情婦」記事アップしました。
    ポールさんも、記事中に登場です(笑)
    何か、まずかったら仰って下さいね。

    NoTitle

    シンプルでありきたりな事件でも、脚本と映像演出などが素晴らしいと、傑作になるんですね~。
    映画らしい映画のようで、いつか観てみたいです。
    原作はさらに映像なしでも引き込んでしまうなんて、ホント恐れ入ります。

    >珍しく「よく聞き取れるセリフ」を話す弁護士役の丹波哲郎が、次から次へと事態をひっくり返していくのが見事である。

    古い邦画ではセリフの聞きとりやすさ重要なことですね!
    しかも法廷ものでそんなに出来のいい邦画があるなんて、今まで知りませんでした。
    教えて下さってありがとうございました♪

    NoTitle

    今の映画にない、重厚感が味わえるその映画見てみたいですね。

    地震

     地震は大丈夫でしたか。
     静岡まで揺れていました。
     うちは強い地震がおこると積みプラモが崩壊しそうだなぁ。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【野村芳太郎監督作品「張込み」見た】へ
    • 【平凡で善良な男の半生】へ