FC2ブログ

    「ショートショート」
    ユーモア

    批評家からの手紙

     ←はっと気がつくと →交渉術
    「なにか面白い感想のハガキは来ていたか」

     プロデューサーのおれは会議室のドアを開けていった。

    「はあ。面白い……というか、どう判断したらいいかわからないハガキが、式見先生から」

    「あの、アニメ評論家の? なんていってるんだ、あの人」

    「ええと……このアニメには、ヒーローが不在で、ロマンもない。第一回からこれでは、先が……」

    「ちょっと貸してくれ」

     ハガキを受け取ったおれは、宛先を見た。

    「PBZテレビ 『クイズ! 奥さん歴史です』係御中」

     間違いない。うちの番組だ。

    「これはなんだな、あれだ。何枚もハガキを書いているうちに、宛先を別なハガキと間違えてしまったんだ」

     部下は首を振った。

    「それなんですがね。裏の文面をよく読んでください」

     おれはもう一度読み直した。

     末尾にはっきりとそれは書いてあった。

    「プレゼントは3番の信長Tシャツで」

     おれは歯噛みした。

    「うちの番組の視聴者プレゼントじゃないか。くそ、バカにしやがって」

     おれは怒鳴った。

    「かまわん! このハガキにプレゼントを贈れ! そして番組で笑い物にしてやれ!」

    「いいんですか?」



     結論からいえば、よくなかった。

     次の週からは、感想ハガキがそんな内容のものばかりになってしまったのだ。

    「どうします?」

     どうしようもなかった。

     おれは……上と掛け合い、この番組をラジオの深夜帯に移してもらった。

     今では立派なネタ投稿専門のアニラジになっている。

     いったいなにがどこで間違ったのか。



     教訓 …… 物事の価値を決めるのは作り手ではなく受け手である。作り手がなにを考えていたかなどは些末な問題にすぎない。重要なのは、それでカネが儲かるかどうかだ。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【はっと気がつくと】へ  【交渉術】へ

    ~ Comment ~

    Re: limeさん

    マルクスではないですが、すべての芸術作品にも「値段」がつけられて「資本主義的価値体系」のシステムに組み込まれてしまう世界はやはり間違っているのではないかと思えてなりません。

    しかし転換させようにも、この資本主義というシステムがもっとも効率的な生産システムであることが、ソ連の崩壊で明らかになってしまいましたからねえ……。

    とほほ。

    NoTitle

    リアルに現実なんでしょうね。
    でもバラエティって、視聴者に遊ばれて、なんぼですもんね。
    そう割り切ったほうがいいのかも。
    でも、小説や映画は、・・・。
    と、線を引きたくなる^^;

    Re: ダメ子さん

    要するに、すべての芸術作品、特に大量生産可能な作品というものは、「お菓子のオマケ」というものなんですよね。テレビ番組なんか特にそうで、あくまでも局にとってのメインは「コマーシャル」、そこでいくら儲けられるか、しか評価の基準はない。それがイヤならNHKみたいに受信料を払え、となりますが、それもイヤだ、ってのが人間ですし。

    すべての価値は金銭に置換可能、という資本主義社会は間違っていると思いますが、人類が発明したシステムでこれ以上に効率的な生産システムはないですし。

    とほほであります。

    NoTitle

    売れるからヒューマニズムを描いてるんだって
    手塚先生も言ってました
    結局は世間の消費物でしかないのかも…

    Re: かえるママ21さん

    「自分」は……売れない同人誌に十年もしがみついていた男ですからねえ……今の日本が必要としていないことにかけては自信があります。とほほ(T_T)

    Re: カテンベさん

    「下部構造は上部構造を規定する」っていうのは本当なのかもしれません。

    自分の手がけたクイズ番組がこんなことになってしまい、やけくそになっちゃったんでしょうねえ……。

    かえってこの番組にとっては幸運だったかもしれません(^_^;)

    Re: 矢端想さん

    うわあ、現場じゃこれがリアルな現実なんですか。風刺のつもりで書いたのに(汗)

    うーむ。日本の経済どこへ行く……。

    NoTitle

    今この現実社会はその通りですね。
    どこにフォーカスするか・・・ですよね。
    あと、「自分」はどうか・・・

    ううむ
    芸術性と売上至上主義のせめぎ合いにならずに売れ線に走るミュージシャンみたい
    テレビからラジオに移行なんて珍しい展開をできたなんてのだから、番組内容そのものには何の思いいれもなかったのかな?
    つくりたいものがハッキリとあれば別なんでしょうけど、そうでなければこうなってまうもんなんやろか?
    意外なとこから成功の種が。て話ではあるんやろけど、なんだかなー、ですね

    NoTitle

    深刻な業績悪化に悩む、ものをつくる会社に居る身としては、最後の教訓はまったく社内で叫ばれていることそのまんまで身につまされます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【はっと気がつくと】へ
    • 【交渉術】へ