FC2ブログ

    私家版オールタイム・裏ベスト(映画)

    邦画裏ベスト10「平成狸合戦ぽんぽこ」

     ←邦画裏ベスト9「EAST MEETS WEST」 →「オペラ座の怪人(2004年版)」見た
     ……くくく。この映画を見るたびに、わたしは腹が立ってくやしくてしかたないのである。たぶん高畑勲監督も、見ている者にそう思って欲しくてこの映画を撮ったのであろう。それがわかりすぎるほどわかるため、わたしなんぞは余計にくやしい。

     この映画は、多摩地方の山に住む狸たちが、人間による開発に抵抗する物語である……って、ウソをつけ! どう見たって、成田闘争の物語だぞ!

     成田闘争といいきるのはフェアじゃないか。もっと普遍的なものだ。国家権力が、平和に暮らしていた人々から先祖伝来の資産をいかに冷酷非情に奪いにかかり、市民運動が発足して大規模なデモや集会を行っても、国家権力には蚊に食われた程度の痛みすら与えられずに大衆からも忘れ去られ、固い絆で結ばれていたはずの市民運動は分裂し、あるものは先鋭化してテロに走り、あるものはそれでもなお平和裏な解決を信じ、対立する両者の間では内ゲバが発生し、市民運動は四分五裂して国家権力の暴力の前に屈し、大多数の活動家たちは自分の過去を隠して、散り散りになって「平凡な一般市民」の中に飲み込まれていき、しまいには自分が過去にどんな暮らしをしていたのかすら忘れてしまうまでの過程を、表面的にはユーモアを交えながらも、ひたすら冷酷に追った映画なのである。

     大学の無料上映会だったかなにかでこの映画を見たわたしは、自分の中に流れるサヨクの血が騒ぎ、「やはり国家権力の横暴は打倒されねばならん」などとぶつぶついいながら夜道を下宿に帰ったものであったが、どうやらそう思ったのは一部の人間だけにすぎないらしく、いまやこの映画について語ろうとするものもなければテレビで放映されることもなく、「ジブリアニメの中で人気のない作品」としての地位を確固たるものにしている始末。考えれば考えるほどくやしい。

     そしてあれから二十年、時は経ったがこの映画の告発のメッセージは古びていないことがはからずも証明されてしまった。

     沖縄であり福島である。そして秘密保護法である。

     政権に大衆のコンセンサスがくっついていれば、少数派がいかにデモをやろうがテロをやろうが、国家権力にとっては痛くもかゆくもないという事実。忘れられたり隠蔽されてしまったその真実が、いまや明々白々となってしまっている。にもかかわらず、われわれはなにをしているのか。

     今こそ、この映画を再評価して、十年一日のごとき「ナウシカ」「ラピュタ」の代わりにテレビ放映するべきである。……まあ、ジブリの枠を押さえているのが読売新聞と日テレでは無理な話ではあるが。

     アニメーション映画としての完成度はともあれ、絶対にアニメの歴史の中に埋没させてはいけない作品である。この映画を見ると怒りにかられることは間違いないので裏ベストにしたが、またこの映画を見て怒りにうちふるえてみるか、とも思う。

     もしかしたらこの映画、押井守監督作品以上に、観客を選ぶタイプの映画かもしれない。もしも今上映したら……。

     ウケないだろうなあ。そのときのネトウヨさんたちの酷評の嵐を思うと、わたしは国の行く末を憂えて暗澹とした気分になってくるのである。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【邦画裏ベスト9「EAST MEETS WEST」】へ  【「オペラ座の怪人(2004年版)」見た】へ

    ~ Comment ~

    Re: miss.keyさん

    まあわたしの見かたもバイアスがかなりかかっていますし、国家権力イコール絶対悪とも思っていませんが、少なからぬ集団が、これは困る、といっているのを力でどうこうするのは違うのでは、と思います。

    民衆は死なないかもしれませんが、変質します。気がついたときには、流れは止めようがなくなっているのであります。

    おっとどっこい

     こんにちは。
     そうですなぁ。国家だか社会だか、何だか判らない化け物に世の中は変えられていってしまうのです。
     我が家のすぐ東側の崖の下が延々と田んぼでして、私は子供のころ、田んぼで魚取りをするのが大好きでした。たんぼの掘りっこの草むらにざるを差し込むと、小鮒やらナマズやらめっさ獲れたもんです。時にシマヘビなんかが入ってきて、びっくりしてざるほっぽって逃げ出して、後で親に叱られて取りに行ったり。
     夏になれば崖ぞいの林の夜道を父親に連れられて降りていくんです。一面蛍の乱舞です。美しかった。
     ある日、空を不吉な影が飛び交いました。農薬の空中散布のヘリコプターです。それ以来、小川に魚はいなくなり、蛍の灯は消えました。近代国家のク〇ッタレ!!俺の遊び場を返せ!!子供心にとても悔しく悲しい思いがありました。
     今では掘りっこは土管に変わり、冬の田んぼは砂漠みたいです。しかも耕作放棄地ばかりで、春になっても風になびく一面緑の波の様だった風景は見られず、魚どころかカエルやトンボすらもめっきり減りました。
     でもね、ある日、ものすごい数のトンボが飛んでいたんですよ。それこそ空を覆わんばかりのものすごい数が。何処から来たのか判らないけれど、どっこい生きていたんですね。そんな彼らをせめてこれ以上追い詰めたくないと思うのです。

     PS:国家権力は横暴かもしれませんし、社会は魔物かもしれません。民衆は常に虐げられるものなのかもしれません。が、それで滅びた民衆はいないのですな。そして国も社会もそういう民衆によって構成されていることを思えば、むしろ民衆こそ本当の魔物なのかもしれんと思うのです。
      

    Re: 宵乃さん

    当時そういう本ばかり読んでいたのでこうなってしまいました。今見たらまた別の感想を抱くかもしれません。

    でもそのときのわたしには、住処の山が徹底的に破壊されていく狸たちが哀れでなりませんでした。そしてあのラストシーン、悲しすぎます。狸には狸として生きることも許されないのか、と……。

    それから二十年近くしてNHKの動物番組を見たところ、狸たちはしっかり都市生活に適応して、たくましく狸ライフを送っていることを知り、ほっとしたのを覚えています(^_^)

    NoTitle

    そういうふうに観た事がありませんでした。目から鱗です。
    まあ、2回しか観た事ないんですが。確かにオンエア回数は他のジブリ作品に比べると少ないかも。
    初見が小学生だったので、いとこと一緒に途中で寝こけてしまった記憶があります(笑)
    子供にはわかんないですよね~。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【邦画裏ベスト9「EAST MEETS WEST」】へ
    • 【「オペラ座の怪人(2004年版)」見た】へ