FC2ブログ

    映画の感想

    というわけで「オペラ座の怪人」2回目を見た

     ←洋画裏ベスト2「恐怖の48時間」 →洋画裏ベスト3「スペース・サタン」
     知らなかったとはいえ「ブログDEロードショー」の破るべきでないフライングの禁を破ってしまったので、これは実際にもう一度15日までに見直すしかないだろう、とついさっき2回目を見た。実家のテレビは家族が占拠しているため、いったんアパートに帰って空いている自分のテレビで見たのである。いろいろと事情がある人間はつらい。しかしわたしも変なところで義理堅い人間である。

     2回目を見て思ったのだが、これ、「オタクが恋愛するとどうなるか」という話ではなかろうか。もしこのアナロジーが当てはまるなら、ガストン・ルルーの先見性は想像以上に鋭い。

     つまりこれはあれだ、昔流行ったパソコンゲーム「プリンセスメーカー」(たぶん2)で「歌姫⇒父の嫁」コースを狙ってプレイしていたモテないオタクが、パラメータのバランス配分を間違えて「歌姫⇒貴族の嫁」というエンディングを迎えて逆ギレしてしまった、という話であろう。そう考えるとガストン・ルルーの先見性は(以下略)

     あのゲームで自分の思っていたエンディングを迎えられなかったときの、パソコンをぶち壊したくなるような思いはよくわかる。しかし、義理の娘は自分の思うとおりの道を進むものなのである。18世紀のオペラ座には、残念ながら「セーブ機能」はついてなかったのだ。

     怪人がオタクであることは、地下のあのアジトを見れば一目瞭然である。「ぼくのかんがえたかっこいいひみつ基地」、まさにそれだ。あの不必要なまでの種々のギミックは、芸術というよりむしろ「オモチャ」である。ティム・バートンかテリー・ギリアム、さらには庵野秀明が撮っていたら、さらに凝ったアジトになっていただろう。そう考えるとガストン・ルルーの(以下略)

     怪人の醜い顔というのも、それはオタクの家には必ずある同人エロマンガの(略)そう考えると(以下略)

     だいたい建築家でデザイナーで作曲家なんて、オタク以外のなんなのだ。そう考え(以下略)

     あの齢になっても三次元の異性との恋愛が苦手なことなど、(略)そう考(以下略)

     (以下二十行略)

     ……怪人に黙祷。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【洋画裏ベスト2「恐怖の48時間」】へ  【洋画裏ベスト3「スペース・サタン」】へ

    ~ Comment ~

    Re: きみやすさん

    お返事遅れてすみません(汗)

    あの怪人も、夜中にマウスを握り締めて「音楽! 音楽!」とかやっているのと同じ、と考えたらとたんに親しみが(笑)

    昔は掃いて捨てるほどあったパラメータ上げゲーム、今ではすっかり影が薄くなりましたねえ……。めんどくさいからかな。

    お嬢さんの件については、陰ながら応援するであります。(^_^)/

    笑わせていただきました!!

    こんにちは
    >パソコンゲーム「プリンセスメーカー」(たぶん2)
    >あのゲームで自分の思っていたエンディングを迎えられなかったときの、パソコンをぶち壊したくなるような思いはよくわかる。

    (爆笑)ですよね~。 
    裏パラメータを必死に考えながら、友人たちと
    なんやかや言いながら育てていたのを思い出します(笑)

    まぁ、それから十数年たった今では、実の娘の(ガチの)思春期が
    来て、正直、どっかにパラメータ表示してくれないかな~と
    思う今日この頃でございます。
    (川又千秋や草上仁がそんな作品を書いていたような気がします)

    Re: 宵乃さん

    クリスティーヌさんはのりやすい体質だったんでしょうかね、アジトへ向かう最初のシーンでは。

    舞台劇だともっとドラマチックに見えるんだろうなあ……。


    プリメは昔ちょっとやりましたが、攻略本がないとじゅうぶんに楽しめませんね……。うむむ。(^_^;)

    Re: かえるママ21さん

    ちょっとはめをはずして書きすぎたかな、と反省してますが、見れば見るほど淋しいオタクのディスコミぶりが(笑)

    テリー・ギリアムが撮ったらほんとどうなっていただろ(^_^;)

    二度目の挑戦ありがとうございました!

    >「ぼくのかんがえたかっこいいひみつ基地」
    >あの不必要なまでの種々のギミックは、芸術というよりむしろ「オモチャ」である。

    ホントそんな感じでした。一部はメルヘン思考なクリスティーヌのみた幻想かと思いましたが、とにかく無駄に内装に凝っていましたよね(笑)

    プリメはサターン版を持っているけど、パラメーター調整とか苦手なのでエンディングをみる前に投げ出したような…(汗)

    NoTitle

    わははは
    面白いレヴューでした。
    「以下略」が惨新で....
    (笑ってもいいんですよね?)
    そういえば、ブログdeロードショーは、何故かフライング厳禁みたいですね?
    今回はレビュー巡りで楽しませて頂こうかな。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【洋画裏ベスト2「恐怖の48時間」】へ
    • 【洋画裏ベスト3「スペース・サタン」】へ