私家版オールタイム・裏ベスト(映画)

    洋画裏ベスト9「戦闘機対戦車砂漠の対決」

     ←洋画裏ベスト8「バットマン オリジナル・ムービー」 →洋画裏ベスト10「センチネル」
     断っておく。どうしようもない映画である。しかし、戦争映画について考えると、ついこの映画のシーンが頭に浮かんでしまうのだ! とほほ。

     シチュエーションは面白い……といっていいのか? ドイツ軍の敗色濃い第二次大戦ど末期、いかれてしまった将軍の指揮する戦車(ドイツ戦車のつもりらしいがどう見ても、アメリカの主力戦車であったシャーマンである)に対し、もろもろの理由から故障して飛べなくなってしまった連合軍機、なんだったっけかな? が砂漠で戦わなくてはならなくなるという話である。

     どこからどう見ても無茶な話である。カルト的作品だと聞いてはいたが、実際にテレビで放映されたのを録画し、見終わった後で、「どうしてわたしはこんな映画を見てしまったのだろう」と頭を抱えた。

     話の都合上、悪役のドイツ将軍はやっつけられてしまう運命にあるのだが、その間も不条理な展開は続く。

     たぶんこれが決め手だろう、と思った設定が、まったくストーリーと関係なかった、というのもなんだかなあ、である。

     戦争映画というより、砂漠を舞台としたブラックユーモアと狂気の世界を描いた一種の悪夢映画みたいなものだといえばいいか。どーんばばーんの激しいアクションの連続を期待する人はたぶんいないと思うけど、そういう人はすべての望みを捨てよ。

     しかし、まったく頭から消えてくれん!

     調べてみたらテレビ映画だったそうだ。その制約があったからこの、周囲は砂漠だけ、登場するのは戦車一台に戦闘機一機、などという無茶な企画が通ったのだろう。普通の低予算映画以上に低予算だったはずだなこりゃ。

     今回も書いているうちに「もう一度見たくなってきた病」が再発してしまった。録画は消してしまったし……うむむ……アマゾン?

     調べてみた。

     3215円?

     すがすがしい気分で却下できた。いつもこの調子でやっていると断捨離しろなどといわれなくてもすむのだが。

     しかしこの映画、ネットで調べてみるとやたらと持ち上げる人が多いな。とてもじゃないが、スピルバーグの「激突!」と比べられたらスピルバーグがかわいそうだ。追跡のサスペンスというが、悪夢みたいな時間が延々と続くだけでサスペンスもなにも覚えない作品なのだが。

     興味が湧いたら見ておくのもいいかもしれない。少なくとも、話の種にはなる。

     もちろん、見るときは自己責任で。このところ多いなこのセリフ。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【洋画裏ベスト8「バットマン オリジナル・ムービー」】へ  【洋画裏ベスト10「センチネル」】へ

    ~ Comment ~

    Re: レルバルさん

    だから砂漠で、飛べなくなった飛行機が、執拗なドイツ軍戦車の追跡から、ひたすら地べたを這いずり回るように逃げ回る、という話。

    ほんとにただそれだけ。(ウソではない(笑))

    NoTitle

    どういう話なのかちょっと教えてくださいよ!!!

    Re: LandMさん

    作ったほうは痛快というわけではないけれど娯楽映画を撮っていたつもりらしいのですが、戦争映画を一本撮るのに製作費65万ドルというのは……ほんとはもっと凝った娯楽作品にしたかったんでしょうねえ(^^;)

    NoTitle

    戦争映画で設定とそれの解決を求めるのもあれなような・・・。
    色々なものが動いていて、それをぶち壊されて、
    あれえ?って思うのも戦争の不条理かもしれません。
    モットーは痛快な娯楽アクションだったら、単純でよいのですけどね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【洋画裏ベスト8「バットマン オリジナル・ムービー」】へ
    • 【洋画裏ベスト10「センチネル」】へ