ささげもの

    歩く男

     ←夢占い師 →自炊日記・その24(2013年12月)
     とにかく、職を探さねばならない。わたしは口を引き結び、せかされるように歩いていた。

     リーマンショックの一撃以来、やることはすべて裏目裏目に出ている。今度の面接で失敗したら、それこそこの一張羅を売らなければならないかもしれない。手持ちの中でいちばん金になりそうもない、野暮ったいにもほどがある黒地のスーツと、怪しくなってきた防寒性能以外に誇れるものがなにもない着古したトレンチコート。それらが最後に残ってしまったのだ。

     故郷というものがあるのなら、そこへ帰ればよさそうなものだが、あいにくとわたしはこのニューヨークが故郷なのだ。ここを離れたら、それこそ生きていけないだろう。なんとしてでもホームレスにだけはなりたくなかった。いくらオバマが優秀な大統領だったとしても、この国に国民皆保険を根付かせるのは困難というものだ。持病の神経痛が痛む冬になると、特にそう思う。貧乏人にできることは、歯を食いしばって大股で歩くこと以外になにもない、というのがこの自由の国なのだから。

     わたしは前を歩く若い女を追い越した。ちらりと顔を見るまでもなく、日本人であることはすぐにわかった。服のセンス、小物のセンス、そういったものがいかにも日本人なのだ。

     くそっ、やつらはいい。いざとなったら国に帰れば、国民健康保険でまともな医療を誰でも受けることができるのだろうから。アメリカもそういう国になっていてしかるべきはずだったのに、われわれはなにをやっていたのだ。

     わたしはかすかにうずき始めた奥歯を気にしないようにしながら歩を速めた。吹く厳しい風は、そのうずきをさらに加速させていくようだった。虫歯でなければいいが……。

     空は絶望的な灰色だった。ここに住む人間たちの愚行を、灰色の空は平等に見下ろしていた。わたしは証券屋ではなく哲学者を目指すべきだったのかもしれない。ソクラテスやディオゲネスをやるには、この街の空気は冷たすぎるかもしれなかったが。

     わたしは追い越した日本人を羨み、この街を呪った。日本人がわたしをどう思っていたかは知らない。



    八少女 夕さんのブログ「scribo ergo sum」中の短編、「マンハッタンの日本人」より想を得て。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    【夢占い師】へ  【自炊日記・その24(2013年12月)】へ

    ~ Comment ~

    Re: 山西 サキさん

    最初は単なる正月の景気づけのつもりだったんですが……八少女さんが絶妙なレシーブを決めてきたためつい打ち返してしまい、今は三月のリターン待ちです(^_^)

    どきどきです。

    NoTitle

    はあ~。この人物を使われますか。
    さすがポールさん目の付け所が……
    展開もいいですね。
    感心しきりです。

    Re: ダメ子さん

    隣の芝生はなんとやら、であります。(^_^)

    しかし、今日ネットをうろついて、あるサイトに書いてあった、アメリカで盲腸の手術受けて請求金額が500万円、という実話には目玉が飛び出るかと思いました。破産者の七割が医療費原因だとか。

    TPPでえらいことにならなければいいんですが……。

    NoTitle

    おおっ、夕さんの話との対比がぴったりですね
    日本の世間体も辛いけどアメリカの残酷さも辛い…
    外から見るとどこも素敵に見えるのに…

    Re: 神田夏美さん

    神田夏美さんも、わたしを見れば一見したところもてないオタクに見えると思います。

    現実は……もてないオタクです。しくしくしく(T_T)

    NoTitle

    なるほど、私もスーツにコートのビジネスマンを見たら、理由もなくすごいなあと思ってしまうものですが、その人がどんな境遇にいるかは外見からはわからないものですよね。
    すれ違う人は、かっこよかったり、幸せそうに見えても、案外こういうことを考えているものなのかも……。なんだか勉強になります^^;

    Re: limeさん

    まあ、パロディですね。アンチテーゼというか。

    スーツにコートのビジネスマンと見たら、反射的に「かっこいい」と思ってしまう、人間のなんというか色眼鏡みたいなものを描いたら面白いかな、と。

    もうひとりのすれ違った通行人で書いたほうが面白かったかな、とも思いましたが、リアルに描けそうもなかったので(^^;)

    この男はマイケル・ムーア監督の映画でも見ていたのかもしれません(^^)

    NoTitle

    これ、さっそく夕さんの企画に参加された作品ですね?
    仕事が早い!
    そして、これ自体が夕さんの作品の焼き直し(なんていうのかな)になってるのが面白いですね。

    一見かっこよく生きているように見える、すれ違った男も、虫歯に怯える、不満を抱えた孤独なひとなのかも。

    でも、それでもかっこよく見せる、っていうのは大事かもしれませんよね。うん、なんとなくそう思います。

    日本人も、そんな風に、うらやましがられる存在なのですね。
    もうちょっと頑張ろう、日本^^。

    Re: ツバサさん

    人間ってステレオタイプなイメージを抱きやすいものですしね。

    もともとの八少女さんの短編が、そうした「ステレオタイプなイメージ」に踊らされる人間のドラマだったので、それなら……といたずら心を起こしたというのもあります。

    これを書いている間は、「こんなの書いてもしかしたら殴られるかなわたし」と内心びくびくしていたというのはナイショです(^^;)

    NoTitle

    新年明けましておめでとうございます!
    着眼点がとても面白いですね~(*´ω`*)
    同じ日本人同士だと特に何も感じないですが、
    アメリカ人から見た日本人だとこういう風に感じるというのは、面白いです(/・∀・)/

    Re: Mr・へぼい さん

    出会うべきときに清水俊二先生訳のレイモンド・チャンドラーとか志水辰夫先生とかに出くわしてしまうと、一生、一人称で小説を書くとそういう言葉遣いになってしまうのであります(^^;)

    ちなみにわたしは同時期に浅倉久志先生訳のSFや船戸与一先生の冒険小説を読んでいたため、「わたし」だけでなく「ぼく」や「おれ」の使い方も学んでいたのでなんとか小説を書けていますが……気がついたときには「わたし」「ぼく」「おれ」しか書けなくなっていた(^^;)

    また弾き語りが聴きたいです! ブログ再開、よろしくお願いします!

    NoTitle

    いいですね~♪

    皮肉気たっぷりなハードボイルド風

    日下武に朗読してほかったです^^;

    あっ あけましておめでとうございます。
    昨年はいろいろあって不義理しました^^;
    ツマの怪我もだいぶよくなってきたので
    ブログも再開できればと思っています。

    ポール・ブリッツさんにとって素敵な一年でありますように。

    応援してます、引き続きご活躍ください。

    Re: 八少女 夕さん

    日本人の目から見れば一見隙のないビジネスマンが、実はこうだったとしたら面白いかな、と思って書いてみました(^^)

    アメリカ社会は、チャンスはあってもそれをつかめない人間に対しては冷淡のきわみですからねえ……。

    もしかしたら、裏にはさらに、裁判に負けて全財産を取られたなんてこともあったかもしれませんね。訴訟社会は怖い……。

    まさかのあの男が

    感激です。稲妻のように書いてくださって、ありがとうございます!
    そして、なんとあの男が、颯爽としたビジネスマンではなくて、そんな立場だったとは!
    あの作品で書きたかった、「マンハッタンの幻影」にぴったりの掌編、とても嬉しいです。

    彼にも、彼の歯にも、平和で満足のいく一年となりますように……。

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夢占い師】へ
    • 【自炊日記・その24(2013年12月)】へ