FC2ブログ

    映画の感想

    「飢餓海峡」見る

     ←食べる男 →おかあさんにいわれたんだ
     今回で見るのは三度目。しかし、いい映画というのは三度見ようが四度見ようがいいものであって、かの井上ひさし先生は「七人の侍」を百回も見たといわれている。わたしがこの映画を三回見たっていいはずだ。しかもこの映画を見るためだけに夜中の二時に起き出したって天地神明になんら恥じることはない……はずである。

     なんといっても、この映画では登場する人物が、エキストラを含めて、血の通った人間に見えるのがいい。戦後の混乱期のシーンなど、セットといい役者たちといい迫力満点。ナレーションとあいまって、まるでドキュメンタリー映画を見ているかのような生々しさがある。

     三国連太郎と伴淳三郎、それに左幸子の演技とキャラクターの前に、若き高倉健さん完全に印象が薄い脇役。いやほんとなんだって。

     三度目ともなると、ミステリとしての弱さみたいなものも見えてくるが、そういったものを一蹴してしまう情念。やっぱり今回も、三時間画面の前から離れられなかった。内田吐夢監督、やはりすごい監督だ。

     見ていない人のために詳細は書かないが、やはりオールタイムベストの一作。

     それにしても左幸子さんは美しかったであります。

     気になるのは、内田吐夢監督はこの映画よりも、時代劇の「血槍富士」のほうが評価が高いらしいことで、どうやってこの映画よりすごい映画が撮れるのかさっぱりわからないことであろうか。だからものすごく見たいのであるが、こないだのNHKBSの放送も録画しそこねたし、ビデオ屋はレンタルする前につぶれたし、レンタルDVD屋は置いてある店を見たことないし、東京の上映会にはお金がなくて行けなかったし、ことごとく見るチャンスをつぶしているんだよなあ。とほほ。

     読んでやろうと思っている水上勉先生の原作は、いまだに読んでないであります。たはは。

     ほかのかたの感想も楽しみである。

     わたしの感想についてはこちらもどうぞ。

    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【食べる男】へ  【おかあさんにいわれたんだ】へ

    ~ Comment ~

    Re: かえるママ21さん

    過激……(^^;)

    でも、楽しんでくださったようで紹介してよかったです!

    こちらは、「砂の器」を借りるつもりだった近所のレンタル屋がチェーンごと吸収合併されて3月まで改装中……。とほほ。

    今回のブログDEロードショーの記事はこれから書きます。SFXをふんだんに駆使したスペクタクルファンタジー映画、「バグダッドの盗賊」! 1924年に、これだけの映画を撮っていたハリウッド、すげえ……。

    NoTitle

    遅くなりましたが、映画見ました。
    記事書きました。
    一気に、本も買い当時の資料も入手し書きました。

    素晴らしい作品を紹介下さってありがとうございました!
    (o^^o)

    Re: きみやすさん

    今は、「砂の器」を借りてきて、この作品と見比べてやろうと思ってます。

    それだけの傑作だと思うんですが、知名度が低いんですよねえ……ちとカナシス。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    NoTitle

    ポール・ブリッツさん こんばんは

    凄かったですね~。
    三国連太郎と左幸子のダブル主演といっても良い位の作品でしたね。
    伴淳三郎の演技も本当に、良かったですね。

    いい機会を与えていただきありがとうございました。

    『三たびの海峡』 帚木蓬生作品もいいですね。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: take51さん

    奥さんはつきあってくださいましたか?(^_^)

    原作小説では、犬飼の生まれ育った土地での差別的生活とド貧乏をこれでもかとばかり書き込んであるそうですが、そこまでたどり着いてません。(^_^;) ただ、出所した囚人に渡される当座金は、生活するどころか、普通に宿に泊まっただけでなくなってしまうような額で、「更正」したくなるような気分とは程遠いものだったそうであります。

    左幸子さんは綺麗だったなあ……早世されていたとは知らなかったであります。不覚であります。

    「血槍富士」見たいなあ……。

    NoTitle

    こんばんは!!(^.^)

    僕は見終えて複雑な心境になってしまいました。
    戦後の貧困さなど、よく解ってないんですけど犬飼は
    その貧困ゆえの行動だったのかな、、、、と。

    >戦後の混乱期のシーンなど、セットといい役者たちといい迫力満点。>ナレーションとあいまって、まるでドキュメンタリー映画を見ているかのような生々しさがある。

    でしたね!!本当に迫力満点の演技だったと思います!
    高倉健も然程、目立ってませんでした。しかし、八重は凄かったです。
    なかなかのストーカーぶりでしたね、、、(^▽^;)
    せっかくの純粋な気持ちもかすみそうでした(笑)

    内田吐夢監督の他の映画も見てみたくなりました!!
    企画でなければ絶対に借りない映画でしたので、、、
    リクエスト、ありがとうございました!!(^.^)

    Re: miriさん

    とにかく最初にこの映画をスクリーンで見たのが運のつきで……。もう迫力さえあればいい、みたいな感じで(笑)

    社会派推理小説を題材にした映画では最高傑作といわれているあの野村監督の「砂の器」も今度見てみようと思っています。はたしてわたしの琴線にひびくか……。

    ゆうべは借りてきたデ・パルマ監督の「アンタッチャブル」見てました。面白かったけどマイベストじゃないなあ。

    今日はコメントを頂き、有難うございました☆

    >なんといっても、この映画では登場する人物が、エキストラを含めて、血の通った人間に見えるのがいい。

    仰るとおりですね~!

    >それにしても左幸子さんは美しかったであります。

    特に左さんは、早世なさったけど、この作品に出演なさって、
    「生涯の一本」となったように思います☆

    >戦後の混乱期のシーンなど、セットといい役者たちといい迫力満点。ナレーションとあいまって、まるでドキュメンタリー映画を見ているかのような生々しさがある。

    とにかく「迫力」のある映画ですね!

    >三度目ともなると、ミステリとしての弱さみたいなものも見えてくるが、そういったものを一蹴してしまう情念。

    この映画のキーワードは(記事には書かなかったけど)
    「情念」ただそれだけだと思います。
    その言葉が、これでもか、これでもか、と迫ってきますよね~☆

    ただ、ミステリーの穴を一蹴するかというと、私の場合そこまで行かないので、
    その件にはあんまり触れずにそっとしておきたい・・・そんな感じの映画です♪

    では、色々と申し訳なかったですが、これに懲りず
    今後もどうぞ宜しくお願いいたします☆


    .

    Re: マウントエレファントさん

    とにかく、見る人間をウムをいわせず引き込むような、迫力と情念にあふれた傑作ですよね。

    まあミステリ映画としてはちと弱いですが、それは「砂の器」の原作も同様で……。「砂の器」は「これは松本清張先生でも指折りのトンデモ作品じゃないか」と読んだとき思って、食わず嫌いで映画を見ていませんでしたが、今度レンタル屋で借りてきて見てみようと思っています。戦後社会派ミステリ映画の王者はどっちだ!(^^)

    Re: 宵乃さん

    わたしはあの渾沌とした戦後の混乱期のもたらす異様なまでのエネルギーにやられて魅惑されてしまったのですが、見るのも三回目ともなると、おっしゃる通り、八重さんの「ミザリー」もかくやな偏執狂ぶりに、「こいつは単に純愛とかそういうレベルの問題ではないのではないか」と思えてきました。

    だからといってこの映画が名作である、ということは揺らがないのですが、内田監督、すごい人ですよねえ……(^^)

    今日はこれからリフレッシュのために同じく図書館で借りてきた「アンタッチャブル」を見るつもりですが、テレビ占有権争いに負けてしまうかもしれません……(^^;)

    NoTitle

    水上勉さんの代表作ですね。
    名作です。
    ボクも観た記憶があります。迫力がありました。

    NoTitle

    こんにちは、やっと鑑賞終えました。
    強烈なインパクトを受ける作品でしたが、ちょっとわたしの感覚はずれているようで、ポールさんには申し訳ない感想になってしまいました…。決して貶すつもりはないので、怒らないで下さいね~。
    なんというか、あまりにも八重さんの執念が…ストーカー的というか…。怖かったです。

    >三国連太郎と伴淳三郎、それに左幸子の演技とキャラクターの前に、若き高倉健さん完全に印象が薄い脇役。

    本当にその通りでしたね(笑)
    なんといっても左さんが一番印象に残りましたが、健さんがまさか後半に入ってから脇役で登場するとは…。
    イラストは八重さんにするべきだったなぁと思ってしまいました。

    今回は素晴らしい作品をリクエストして頂きありがとうございました♪
    来月はファンタジー映画企画なので、よかったらまたご参加ください。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: レルバルさん

    ミステリの名作に「三たびの海峡」という本があって、これが泣けるんだよなあ……興味があったらどぞ。

    NoTitle

    何気海峡って言葉が好きです。

    Re: 宵乃さん

    見られるうちに見ておかないと体力的に問題がある気がして(笑)

    でもまた見てしまうかもしれないなあ。

    図書館の貸し出し期限までにはまだ二週間あるからなあ(^_^)

    NoTitle

    一番乗りですね~!
    期間中なら夜中の二時でもぜんぜん大丈夫ですよ。まあ、そんなに急ぐ必要もないですけどね(笑)
    ミステリーという事なので、鑑賞後に読ませていただきます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【食べる男】へ
    • 【おかあさんにいわれたんだ】へ