「ショートショート」
    ホラー

    おかあさんにいわれたんだ

     ←「飢餓海峡」見る →レイズ
     おかあさんにいわれたんだ。男でも女でも、知らない人が近づいてきたり、声をかけられたりしたら、ブザーを鳴らせって。すぐにけいさつがくるからって。

    「こんにちは。きょうも……」

     知らない男の人の声がした。ほらきた。ぼくは手もとのスイッチを押して、ブザーを鳴らした。

     でも、けいさつはこなかった。男の人は、ぼくの手からむりやりスイッチをとりあげ、ぼくにこわい声でいった。

    「だめですよ、おじいちゃん。ナースコールは、きんきゅう時以外、使ってはいけません!」

     今がきんきゅうじたいじゃないか。ぼくは手をのばして、ブザーのスイッチをつかもうとした。

     しわだらけのぼくの手は、どうしてもブザーにとどかなかった。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【「飢餓海峡」見る】へ  【レイズ】へ

    ~ Comment ~

    Re: 面白半分さん

    おっかないホラーSF書かせたら右に出るものがない人だったんですけどねえ。

    最近見ないなあ……。

    NoTitle

    村田基さんですか。
    全く知らない作家だったのですがブックオフで「恐怖の日常」見つけ、
    なんとなく引っかかりを覚えとりあえず買っていました。
    ずっと積読状態でしたがこれは読まねばならなさそうです

    Re: マウントエレファントさん

    フレドリック・ブラウン大先生のショートショートと、村田基先生のホラーSFからです。

    というか、頭の引き出しにしっちゃかめっちゃか詰め込んだので、どこからが自分のアイデアでどこからがほかの先生がたの受け売りなのだか、自分でもよくわからなくなってます(^^;)

    夏の甲子園における球児たちのイメージから「夏草や つわものどもが 夢の跡」と詠んでしまった俳句ビギナーを笑えません(^^;)

    NoTitle

    すごいオチですね。
    どこでその発想を思いつかれたのでしょうか。
    いろんな引き出しをもっていますね。

    Re: かえるママ21さん

    その展開は考えてませんでした。

    それもそれでありだなあ……。

    悲しすぎるけど……。

    NoTitle

    悲しくも切ないですね・・・
    「男の人」が自分の息子だった・・・なんてオチなら、更に悲しみが深いです・・・(;>_<;)

    Re: カテンベさん

    すぐに現在位置と混乱状態にあることがわかる、という点では、幼児の時から徹底的に「誰かが近づいたら電波発信機つきブザーのボタンを押す」ということをインプリンティングしておくことは有益かもしれません。あの逃亡犯が携帯電話から捕まったように。

    そう考えると防犯ブザーは国家百年の大計なのかもと思えてきました。(そうか?)

    Re: LandMさん

    選択肢型小説、と聞くとつい「ゲームブック」を思い出してしまうオールド人間(^^;)

    楽しみにしてますね~!!


    実際の介護職から見れば、現実はもっとシリアスだ、といわれてしまいそうですが、わたしの想像力ではここらへんが限界でした。

    少子高齢化の害ばかりが喧伝されていますが、とはいえ人口が百億にでもなったらそれこそ……であります。

    人間はどこで道を間違えたんだか。「昭和49年以前に生まれた人間で特殊技能を持たないものは全員安楽死」などといい出される「定年退食」みたいな世界が来ないことを祈るばかりであります。

    Re: 面白半分さん

    わたしらの齢になってくるとひとごとじゃありませんしね……。

    フレドリック・ブラウン大先生と村田基先生の作品からアイデアをひねり出しました。ストーリーがほんとに短いのはネタに詰まっている中で無理やり書いたからです(^^;)

    ブザーなんて、今のおじいちゃん世代の子供の頃には普及してないやろから近未来の出来事なんやろなぁ、て思たら、これは自分の未来図かもしれへんなぁ〜
    呆けてしもたら、見知らぬ警官に声をかけられて職質、てのでも押してまうんやろなぁ

    NoTitle

    患者の気持ちに寄り添うのが私の仕事ではあるのですが。。。
    ちょっと反芻するところもありますね。
    最近はそうでもないですけどね。

    ・・・ん?それともこれは宵闇の迎えがきたという話ですかね。

    新連載また始めました。
    今回は選択肢型小説です。
    コメディ刑事ものなのでよろしくお願いします。

    NoTitle

    夜中の3時50分にこれ読みました。
    せつなくなってきました

    実は自分たちのほんのちょっとした未来なのかもしれませんね

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【「飢餓海峡」見る】へ
    • 【レイズ】へ