FC2ブログ

    「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢逐人

    夢逐人 第一部 アキラ 13

     ←夢逐人 第一部 アキラ 12 →夢逐人 第一部 アキラ 14
    「……そこで、森を抜けたところで、目を覚ましたんだ」

     変に長くなったかな。でも、昨日のことみたいによく覚えているんだから、しかたがないよね、と、脳裏でいいわけして、祖父の目を見た。

     道場は真っ暗だったが、祖父の目に映る光は、ぼくの話を疑っているようには見えなかった。

    「それだけか」

    「いや、これだけじゃないよ。これ以来、三ヶ月から半年にいっぺんくらいの割合で、同じような夢をみるようになったんだ。夢の中で、ぼくは、誰かを助けよう、救おうという思いに燃えているんだ。そして、目の前には」

    「救いを待っている人がいる、というのだろう」

    「そうだよ。ぼくは、夢の中で人を助けるために、熱を入れて、鹿澄夢刀流を学ぶようになったんだ。あの女の子も、投げ技を知らなければ助けられなかったわけだしね。でも、こんな話、信じてくれるの?」

    「もちろんじゃ。それとも、疑っているように見えるか」

    「……見えない」

    「続けてくれんか」

     ぼくは、促されて続きを話した。ここ一ヶ月になって、立て続けにこういう夢を見るようになったこと。そしてゆうべは、沙矢香の夢を見たこと……。

    「なんと、沙矢香ちゃんのか」

    「うん。こんな夢を見たことで、ぼくは、今日は一日睡眠不足さ」

    「よくやった」

    「え? ちょっと待ってよ。ぼくは……」

    「そういう話をしているのではない。わしは嬉しいのじゃ。お前が、親しい誰かを夢の中で救えた、というとがな」

    「誉めてくれるのは嬉しいけどさ。だけど、これは、夢の話だよ。現実じゃなくて」

    「わかっておる」

    「本当に?」

    「お前に、もう一度問う。わしが嘘をついているように見えるか?」

    「見えないよ」

     そう答えざるを得なかった。

    「でも、なんで? 昔から、ぼくが理屈に合わないことをいったら、容赦なしに毒舌をぶつけていたじゃない。それが、急に」

    「晶」

     祖父は、頭を下げた。

    「すまぬ」

    「ど、どうしたの。らしくないよ」

     突然にいわれて、かえって、ぼくのほうが、慌ててしまった。

     祖父は真剣だった。

    「わしの過ちじゃ。お前には、もっと早くに伝えておかねばならんかった」

    「えっ」

     祖父は、昔から、ぼくにこのようなことが起こることを知っていたのだろうか? だとしたら、それをなぜ黙っていたのだろう?

    「このためには、鹿澄夢刀流のそもそもの成り立ちから話さねばならん。晶、心して聞くのだ」

     ぼくは身を引き締めた。

    「まずは、剣理開眼の夜、開祖の身に起きたことを話そう」

    「開祖に?」

    「そうじゃ。ご先祖様はな……」

     祖父に聞いた話によると、こうである。

     迫水源伍は、剣の道に迷っていた。道を極めんとして諸国を遍歴し、知る人からは、達人などと呼ばれていたものの、その悩みは深刻だった。

     その悩みとは、こうだ。木剣にしろ真剣にしろ、これまでの鍛練の道具としては、いずれも限界があるという事実である。

     竹で剣を試しに作ってもみたが、これもまた意にそぐうものではなかった。

     源伍は思った。

    「真剣を用いて斬れば、相手を殺してしまう。木剣でも力を込めて打てば、相手を殺すなり、不具にしてしまうことがないともいえぬ。さりとて竹では、軽すぎて、わしの修行の役には立たぬ。いかにすべきか……」

     これは、迫水源伍自身の、修行観にも原因があった。

    「真に打たれずして真に打つことを学ぶことはできぬ。真に斬られずして真に斬ることを学ぶことはできぬ」

     と、いうのがそれだ。

     真面目な人だったのだろうが、それにしても極端な考えだ。

     悩みぬいて数年、遍歴の最中に立ち寄ったのが、この神社だった。

     守るものもなく荒れ果てた社で、源伍はなにを思って眠りに就いたのか。

    「ここからが本題じゃ。ゆめゆめ他人に告げることまかりならんぞ」

     祖父は低い声でいった。

     ぼくは、つばを飲み込んだ。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【夢逐人 第一部 アキラ 12】へ  【夢逐人 第一部 アキラ 14】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    はじめまして。こちらも作品を、おおっとかいいながら読んでます。(*^^*)

    この作品は、前に「小説になってない」とけちょんけちょんな評価を出版社の新人賞担当につけられ、封印していたのでありますが、出してみると意外とウケがいいので、気をよくして続編にまで手を付けてしまいました。現在執筆中ですが、かなりの難物、というよりも作者のわたしのほうの体力が落ちたらしい。

    まあいろいろと仕掛けを凝らした小説でもありますので、どうか、よくよく注意してお読みになってくださいね~。

    はじめまして

    ちょこちょこお邪魔していましたが、コメントは初めてさせていただきます。

    「夢逐人」面白いですね。ここまで一気に読み進めてしまいました。

    しばらく続きを読みにお邪魔させていただきます。

    Re: ヒロハルさん

    面白いと思ってくださって嬉しいです(^_^)

    まあこの後、事態は動くのですが、地味……かもしれません(汗)

    最後まで楽しんでいただけたら幸いであります。来月半ばには再アップも終わると思います。

    我らが晶の明日はどっちだ。

    NoTitle

    わー、ちょっとだけお邪魔するつもりが結構ハマってしまいました!
    先がすんげー気になりますが、敢えてここで止めとくことにします。
    続き期待してます。どこに着地するのかなあ。

    Re: ツバサさん

    極端なまでにマジメな人だったんでしょうね。こういう人を怒らせると怖い(^_^;)

    話が動くのは第二部からです。

    この構成も「小説になってない」と呼ばれた原因かもしれません。(汗)

    NoTitle

    ご先祖様の話に入ると、一気に物語が進むような感じになりますね~。
    「真に斬られずして真に斬ることを学ぶことはできぬ」
    極端と言えばそうですが、何を学んだり、会得するためには、
    こういう極端さも大事なんでしょうね(`・ω・´)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夢逐人 第一部 アキラ 12】へ
    • 【夢逐人 第一部 アキラ 14】へ