「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢逐人

    夢逐人 第一部 アキラ 21

     ←夢逐人 第一部 アキラ 20 →夢逐人 第一部 アキラ 22
     雑誌の一撃を食らうのを避けるため、札を踏み登り、チップを蹴っ飛ばし、吸殻をかわしてぼくはひたすら走った。走っていないとたちどころに潰されてしまいかねない。幸いなことに、相手の動きはあのサイコロに比べても単調で、軌跡を読むのは、未熟者のぼくにとっても楽だったが、かわしつづけるというのはまた別の問題だった。なにせ大きすぎて、ちょっとでも触れると深刻な結果になってしまいかねない。紙一重でひらりとかわす、などということは墓穴を掘ることに成る公算が大だ。そのために動き続けていなければいけないから、非常に苦しいのだ。生物の時間にやったな。ええと運動をするとなんとかサイクルが働いて乳酸が溜まって……。

     よけいなことが頭をよぎったせいか、身体すれすれを雑誌がかすめた。風圧に、思わず平衡が崩れた。ぼくは身をよじりながら倒れ込んだ。

     っ!

     痛みが走る。倒れたとき、変な体勢になったため、足をひねってしまったらしい。

     上を見る。狙いを定めようとするかのように微妙に位置を変える太い雑誌が、鎌首をもたげた大蛇の頭に見えた。

     さっきは見逃してくれたが、今度はそうも行くまい。覚悟を決める。

     刀に手をかけた。

     さあ来い。かなわぬまでも、一刺しくらいはしてみせる。

     単に血迷っていたわけではない。確かに半分は自暴自棄だったが、もう半分には計算が働いていた。ついさっき、サイコロを斬ったときのように、刃が伸びてくれれば!

     祈る。

     それからの数瞬は、まるでスローモーションのように感じられた。

     動きが鈍くなったぼくの上に、雑誌の一撃が落ちてくる。ぎりぎりまで待つ。間合いを超えるその刹那、「影切」を抜いて。

     斬る!

     実際は、「抜く」のが直接「斬る」につながるのが抜刀術というものだけど、それはどうでもいい。

     確かな手ごたえ。ぼくは、さあっと伸びた光の刃が、三日月のような残像を残しながら、雑誌を大根かなにかのようにすぱりと斬るのを見た。慣性がついた雑誌の先端部分は、もぎ離されて頭上を飛び越え、後方に飛んでいった。

     本当にやれるかもしれない。

     刀を構えたまま、少し足を動かしてみた。痛みを我慢すれば、動く。

     巨人たちは、ぼくを見下ろしたまま、身じろぎもしない。もう一度やったら、今度はあの光の刃がどう飛んでくるかわからないからだろう。

     それが、ぼくに自信をくれた。空気は相変わらず、時間が止まったかのごとく硬直したままだが、身体の中は、今にも動き出しそうな生のエネルギーであふれんばかりになっているかのようだった。

     さあ来い!

     ぼくが心を再び研ぎ澄ましたとき、また、あの「殺気」を感じた。

     その気配は、なぜか今度はすぐに消えてしまった。それに、消え去るとき、「舌打ち」のようなものを感じた。どういうことだ?

     生じた疑問は別の事実により相殺されてしまった。殺気が消えたとたんに、ぼくの耳に、あの、声にならない「助けて……!」という叫びが、再び聞こえてきたからだ。

     どこから聞こえてくるのか?

     刀を構えて、慎重に声の源を捜す。

     助けて……助けて……助けて……。

     そこだ!

     ぼくは身を翻して走り、チップの山へと向かった。動き回りつつ、片っ端からチップをひっくり返し、目指す最後の一枚を……これだ!

     青いチップを引っ張り出す。普通のものよりもふた周りほど小さい。そしてそこには、人の顔が浮かび上がっていたのだ。

     ぼくは心臓がでんぐり返るかと思った。

     その顔は。

    「ノゾミちゃん!」

     確かにそうだった。あれから時が経ち、成長したのだろう、大人びた顔をしているが、六年前に夢の中で出会ったときの面影が、しっかりと残っている。間違いはない。

     顔は目を見開き、唇を動かした。

    「……アキラちゃん?」
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【夢逐人 第一部 アキラ 20】へ  【夢逐人 第一部 アキラ 22】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    まあ夢の中のことですから大目に見てください(^_^;)

    こういうところも、投稿先から「小説になっていない」といわれる原因だったのではないかな、と思います(^_^;)

    NoTitle

    「単に血迷っていたわけではない。確かに半分は自暴自棄だったが~」という描写がありますが、
    なんだが、この人の人生そのものが血迷っていて、自暴自棄なような気がしないでもないのは私だけでしょうかね。。。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夢逐人 第一部 アキラ 20】へ
    • 【夢逐人 第一部 アキラ 22】へ