「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢逐人

    夢逐人 第二部 サヤカ 5

     ←自炊日記・特別編「ヤバい状態から引き返す」 →夢逐人 第二部 サヤカ 6
     あたしの不思慮な言動により、「あの、迫水晶、男に惚れる」という大ニュースは、二時間目の休み時間までには、燎原の火のごとく学校中に広まっていた。昼休みになると、あたしの教室の周りは、なんとなくやってきましたという生徒でごったがえしていた。いずれも、かつてアキラにラブレターを送ったようなやつらであろう。

     まったく業が深い。

     アキラはいつものように超然としているように見えた。実際はぼーっとしていただけであるが、そんな区別など、あたしにしかできない。

     友人ナンバーワンと目されていたあたしは、周囲から徹底的な質問責めにあった。たまらないので、アキラを見捨てて、生徒会室へ向かったのだが、そこでも、似たような光景が繰り返された。

    『あの……国枝さん?』

    『なんですか、副会長?』

    『迫水さんに、昨日、なにかあったって本当?』

    『なにか、というほどのことじゃないですよ。モスバーガーで、青啓の男子と行き合わせたんです。そこで、迫水さんはびっくりして逃げちゃった。それだけです』

    『ふうん……それだけ?』

    『それだけもそれだけです、先輩』

    『でも、その相手は、西連寺くんだったって聞いたけど』

    『だからびっくりしちゃったんでしょう。あんなにかわいい男の子、そうはいませんから。あたしの見た限りでは、二人はろくに言葉すらも交わしませんでしたね』

    『ふうん……』

     そんな会話ばかりが続き、あたしはへろへろになってしまった。

     教室へ戻ると、ぼーっとしたアキラを囲んで、人だかりができていた。こういうことについては、ほとんど免疫がないために、隙だらけのアキラのことだ、おそらく、誘導されるがままに、全部しゃべってしまったに相違あるまい。

     予鈴が鳴った。教室中の生徒が、自分の席へと戻っていく。

     あの迫水さんがねえ、意外だわ、堅い人だと思ってたのに、などという言葉がちらほらと聞かれた。やっぱりみんなそう思うらしい。あたしは、アキラが冷静さを取り戻したときの反動を考えて、ぞくぞくした。

     四時限目は、あたしの大嫌いな古文だった。あたしがアキラにまったくかなわない唯一の授業だ。アキラの成績は、全て均等にならすと中の上から中の中というところだが、その内訳はといえば、中学のころから、英語と理科と数学は、赤点すれすれの、地を這うような点数で、国語と日本史は、学年でもトップレベルなのだ。好きな教科しか勉強していない、というわけでもなく、アキラも、なんでこんなに差がつくのか自分でもわからない、とこぼしていたが、思うに、英文とか数式とか化学式とか、縦書きにできないものが出てくる学問は全部苦手なのだろう。

     古文の担当は浅原だった。ぶくぶく太った不細工な女で、その偉そうな態度ゆえに、生徒からは、代々『尊師』と呼ばれてきた教師である。

     尊師は、黒板に、ややこしい藤原氏の系図を、耳障りなチョークの音をカチカチキーキーいわせながら書き、これまたややこしい解説を行なった。あたしは、日本史の授業のつもりか、と心の中で思いながら、ノートを取った。

     尊師の目が、ぎらっと光った。一人だけ、ノートを取ってない人間を目にしたからである。

     もちろん、アキラであった。

     尊師は、きっとアキラをにらみつけると、顔からは想像もつかぬ猫なで声でいった。

    「迫水さん?」

     アキラは聞こえていなかったらしい。

    「迫水さん? ……迫水さん!」

     尊師は手元のテキストを丸めた。どたどたと歩き、アキラの頭を叩こうとする。あたしは、次の行動を予測して目を覆った。

     アキラは、無意識によけたのだった。武術なんか変にかじっていると、こういうところで取るべき反応が取れないといういい見本である。

     尊師はこれで完全にキレたらしい。

    「迫水さんっ!」

     そう叫んで、一発、アキラの頬をぶとうとしたのだ。

    「先生、ダメです!」

     あたしは、立ち上がって叫んだ。

     手遅れだった。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【自炊日記・特別編「ヤバい状態から引き返す」】へ  【夢逐人 第二部 サヤカ 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【自炊日記・特別編「ヤバい状態から引き返す」】へ
    • 【夢逐人 第二部 サヤカ 6】へ