FC2ブログ

    「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢逐人

    夢逐人 第二部 サヤカ 7

     ←夢逐人 第二部 サヤカ 6 →ロンドンの片隅で
     あたしは乱暴に腰を下ろした。

     しばらく続く無言の時間。

     先に口を開いたのは、西連寺望のほうだった。

    「昨日、アキラちゃんといっしょにいた女の子だね」

     そのいいかたが、あたしにはかちんときた。

    「アキラちゃん?」

     あたしの顔を見た後、顔をこわばらせていいなおした。

    「迫水さん、です」

     ええい、この男には、ついているものがついているのか。

    「単刀直入に聞くわよ。あんた、どこでアキラと知り合ったの?」

     え、とか、ああ、とか、西連寺望はいった。

    「……その前に、お名前を教えてくれませんか?」

     あたしはいなされたように感じて、心の中で舌打ちをした。

    「蓉秀女子高二年、国枝沙矢香」

    「国枝さん……ああ、『友原のビビアン・リー』。本当だ、ビビアン・リーにそっくりだ」

    「根性とキレやすさはもっと似てるわよ」そうは思わないが、こういっておいたほうが脅しになるかも知れない。「今度こそ、あなたが答える番。いったい、アキラと、どこで知り合ったの?」

     西連寺望の口が動いた。読唇術など知らないあたしだったが、なにをいおうとしているのかは、電光のように頭にひらめいた。

    「……夢?」

     西連寺望は、申し訳なさそうにうなずいた。

    「……夢」

    「ふざけないで」

     あたしが、テーブルを叩きかけたとき、タイミングよく、店員が注文品を持ってきた。季節ものの、ナンタコスとハンバーガー。

     店員に対し、にこやかに一礼し、去って行ったのを確認するや、西連寺望に目を戻し、思い切りにらみつけた。

     完全に、西連寺望は、蛇ににらまれたカエル状態だった。

     その顔は、もう、蒼白である。

    「ふざけてなんかいません」

     勇気を振り起こすかのように、震え声で西連寺望は抗弁した。

    「小学四年生のころだったのですが……」

     その語ることを聞いて、あたしは背筋が冷えてくるのを感じた。

     それは、かつて小学生のころに、アキラがあたしに語ってくれた最初の夢と、内容がそっくりそのまま同じだったからだ。確かに、そこでは、アキラは、『ノゾミちゃん』という女の子を見た、といっていたのだが……。

    「この夢を見てしばらくの後、ぼくは両親に連れられて京都に行ったんです」

     なおも西連寺望は告白を続けていたが、耳はさっきの話の衝撃からまだ回復してはいなかった。あたしは頭をぶるんと振った。ナンタコスなど、もうどうでもよく、存在すら忘れていた。

     この男とアキラはあたしをかついでいるのだ。

    「正直にいって。あなたは、本当は、アキラとどこかで逢っていて、そこで口裏を合わせたんでしょう?」

    「そんなこと」

     一瞬、声が高くなったが、すぐにもとの高さに戻った。

    「アキラ……迫水さんが、そんな嘘をつく人だと思いますか? ぼくならいくら疑ってもらってもけっこうですが」

     あたしは、つまった。確かに、アキラは、ばれないような嘘をつけるほど演技がうまくはない。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    【夢逐人 第二部 サヤカ 6】へ  【ロンドンの片隅で】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    「儚儚」と書くと、「夢うつつでわけがわからないさま」を示すそうです。

    この小説ではそんなことはない、と思うのですが……(^_^;)

    NoTitle

    夢は日本ではよくよく考えさせますよね。
    儚いは人に夢と書く。
    なかなか夢でもうまくいかないものって。。。
    あまり話と関係ないですね。すいません。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夢逐人 第二部 サヤカ 6】へ
    • 【ロンドンの片隅で】へ