「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢逐人

    夢逐人 第三部 ノゾミ 5

     ←エイプリルフール →自炊日記・その27(2014年03月)
    「そういうわけなんです」

     我ながら、どういうわけもなさそうな気がした。ここに来たのは失敗だったかも知れない。

     老人の第一言も、ぼくを意気消沈させるものだった。

    「結局、お主、なにがしたくてここで晶に逢おうとしたのじゃ」

     老人はビシビシと続ける。

    「沙矢香ちゃんが、お主の家にいると思うのであれば、なにもこんなところで油を売っていないで、即座に警察に駆け込めばよいではないか」

     それはぼくも考えた。

    「警察が、こんなことで動いてくれるわけはないでしょう。木の芽どきの人間が、またひとり増えた、くらいの扱いしか受けさせてもらえないに決まっています。かといって、不用意に口を滑らせたら、万一、本当に、家に国枝さんがいた場合、その身になにが起こるかわからない」

    「それで、うちに?」

     迫水さんが首を振った。

    「沙矢香のことはすごく心配だよ。けれど、おじいちゃんのいった通りだ。西連寺さん、ぼくには、なにをすることもできそうにない」

     ぼくは、その悔しそうな顔に向かって、いった。

    「迫水さんなら、夢を解いてくれるんじゃないかと、思ったんです」

     一瞬、空気が固まったように思えた。

    「ぼくが? 夢を?」

    「ぼくの勝手な思い込みかも知れません。でも、ぼくは、迫水さんと、夢でつながっているような気がするんです」

     迫水さんが赤くなってうろたえた。

    「でも、でも、ぼくは……」

    「ぼくは、小学生のころ、夢を見ました」

     さっき、国枝さんとの会話を要約した中ではしゃべらなかったことだ。あのときは、どうせ信じてもらえないと思ったからだが、もう、なんでもしゃべってやれ、と、ぼくは半分開き直っていた。

    「生き生きとした夢でした。そこで、ぼくは、忘れられない体験をしたのです」

     ぼくは、国枝さんに話したことを、ここでそのまま語った。

     老人が、「それで、夢で最初に逢ったと……晶がいっておった、ノゾミというのは、お主であったか」と、つぶやいた。

    「それからも、ぼくは、たびたび、迫水さんを、夢で見ました」

    「えっ」

     迫水さんが、びっくりしたようにいった。

    「ほんとうに?」

     ぼくはうなずいた。

    「ほんとうです。夢の中の迫水さんは、かっこよかった……」

     かつて見たうちで、今でも鮮明に覚えている夢を、思い出せる限り、語った。そこで迫水さんは、谷間に宙吊りになった人を助け、自殺しかけた人を止め、ポタージュスープの海で溺れそうになっている人を引き上げ……。

     ぼくがひとつ上げるたび、思い当たる節があるのか、迫水さんの顔が赤みを増していった。

    「そんな、りりしい、迫水さんが、女の人だったなんて、思いもしませんでした。そして、この前、ぼくがクラップスというギャンブルのチップにされた夢を見たとき……」

     ぼくがそこまでいったとき、迫水さんは、大きな声を上げると、両手を宙にぶるんぶるんと振った。

    「なし! そこまで! お願いだから!」

     人の頭から湯気が出そうになる、というような形容はよく聞くが、それに近いものを見るのは、初めての経験だった。

    「え……あ、あの」

     ぼくは、話を、急に遮られて、うろたえた。同時に、自分が、このまま行けば、どこまで口走りそうになっていたかを悟り、赤面した。

    「二人して、なにを赤くなっておる。今日はそんなに暑いかのう」

     あの夢を見たわけではない老人は、いぶかしげにそういった。

    「しかし、望とやら。それだけで、うちの晶が、夢が解けると思ったのか。うちは神社であって、夢占いの館ではないぞ」

     ぼくは我に帰った。

    「いや、それは、迫水さんが出てきた夢と、きのうきょう、ぼくが見た夢との間に、共通点があったからです。だから、迫水さんには、解けるんじゃないかと」

    「共通点?」

     迫水さんは、首をひねった。ぼくはいった。

    「この夢にも、あのクラップスの夢で見た、紫色のアメーバみたいなやつがちらついていたからです」

    「なんじゃと!」

     老人が、身体にビリッと響くような声でいった。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【エイプリルフール】へ  【自炊日記・その27(2014年03月)】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【エイプリルフール】へ
    • 【自炊日記・その27(2014年03月)】へ