「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢逐人

    夢逐人 第三部 ノゾミ 6

     ←自炊日記・その27(2014年03月) →夢逐人 第三部 ノゾミ 7
     結局、夢は解いてもらえず、ぼくは、怪しいことがあったら、警察に話すということを約束しただけで、鹿澄神社を後にした。

     メールアドレスを交換できただけでも、よしとするしかないのだろう。蓉秀の女子のメアドはけっこう知っている、というより、何人もの人に、押しつけられたが、実際に、連絡を心待ちにするような相手と交換するのは初めてだ。

     どこかもやもやした頭のまま、ぼくは数学の問題を解いていたが、どうにも考えがまとまらない。結局、二割ほどやっただけで、ノートを閉じてしまった。

     ひっくり返ってぼんやりと天井を見たけど、それでなにがどうなるという話でもなかった。

     もう一度身を起こし、ノートを開いてシャープペンシルを走らせる。

     三ページで嫌になった。

     気分を変えたほうがよさそうだ。

     ぼくは立ち上がって、見えない道具を持ったつもりで、軽く、舞の、基本的な動きをやってみた。

    「やってるようだな」

     不意に、声がかけられた。

     はっとして、声の方向を向くと、にこにこしながら祖父が立っていた。

     ぼくは、平伏しようとした。

    「そのままでかまわん」

     ぼくの祖父であり師匠の、時形弘太郎は、後ろ手でふすまを閉めると、部屋の中に入ってきた。時形弘太郎というのは、代々、時形流の家元であることを示す世襲の名前である。おそらくは、この地位は、父が継ぎ、兄が継いでいくことになるのだろう。ぼくの姓が西連寺になっているというのには、いささかややこしい事情があるのだが、別に詳しく語ることもないだろう。

    「動きから、ほんの少しだが無駄が消えている。成長の証だ」

     ぼくは、褒められて嬉しくなった。

     祖父は続けた。

    「しかし、足の運びに、雑念が見られる」

    「雑念……」

    「悩み事でもあるのか」

     ぼくは、平静を装って答えた。

    「いえ」

    「そうか」

     祖父はそういうと、ぼくの右肩をぽんと叩いた。

    「ここの使い方も、もうちょっと考えるべきだな」

    「はい」

    「けっこう」

     ぼくの周りをぐるりと回り、祖父は満足そうにうなずいた。

    「精進することだ」

     そういうと、祖父は部屋を出て行った。

     ぼくは、ほっと身体から力を抜いた。いつもの祖父は、誰の芸に対しても辛辣な態度を崩さないのだ。

     それが今日はあれである。

     よほどいいことがあったに違いない。



    ……



     この晩も、夢を見た。

     ぼくは国枝さんを追いかけていた。

     周囲はいつの間にか、真っ暗になっていた。

     かろうじて、ぼくの家の庭だということはわかる。

     国枝さんの姿は見えない。

     きょろきょろと辺りに目をやっていると、突然、蝶が、ぼくの手から飛び立った。

     燐光を発している。

     ぼくは、蝶に吸い寄せられるように、その後についていった。

     蝶は、さっきまで来た道を引き返そうとしているようだった。

     やがてぼくは……。

     目を覚ました。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【自炊日記・その27(2014年03月)】へ  【夢逐人 第三部 ノゾミ 7】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    ここらへんはわたしの美的感覚で書いています。

    ほんとに虫の夢を見たら、多くの場合は悪夢のような気が(^^;)

    でもここでは、ねえ、やっぱり……綺麗ですし(^^)

    NoTitle

    夢で蝶ですか。。。
    ふうむ。そういえば、夢はたくさん見れど、
    夢で蝶が出てきた記憶はないですね。
    動物に例えるならほかの動物ならあるのですが。
    基本的に昆虫の夢を見ないような。。。
    それは人次第ですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【自炊日記・その27(2014年03月)】へ
    • 【夢逐人 第三部 ノゾミ 7】へ