「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢逐人

    夢逐人 第三部 ノゾミ 15

     ←夢逐人 第三部 ノゾミ 14 →夢逐人 第三部 ノゾミ 16
     ぼくは憤慨した。

    「迫水さんは、そんなこと……」

     老人は、それには答えず、早口でいった。

    『早く、晶に、どこで眠らされたのか訊かんか』

     ぼくは、その声の真剣さに、口に出して、迫水さんに訊ねた。

    「どこ……」

     迫水さんは、聞かれることをわかっていたようだった。

     こちらに顔を向けた。

    「寒月楼」

     とだけ、短く答える。

     しゃべってくれたことにほっとしたぼくが、続けて、ここまで胸に溜まったことを猛然としゃべろうとしたときだった。

     背後から、国枝さんの「頭」が、不意に飛び上がって、迫水さんの喉笛に飛びついてきた! その斬られた首からは、新しい胴体が伸びてきている!

     ぼくは驚愕に凍りついたようになっていたが、迫水さんの動きは素晴らしかった。無造作に半歩動くと同時に刀を振るうと、刃の尖端から、鞭のような光の線が伸び、国枝さんの首と胴体を、もう一度、両断したのだ。

     美しかった。舞いを舞う、などというものとはまったく違う。不必要で無駄な動きを全て削ぎ落とされた、精密機械のような動き。ぼくは、どこかしら、ギアとモーターを連想した。

     魅入られたように見入っていたぼくは、老人のつぶやきに、我に返った。

    『あの馬鹿娘』

     老人は繰り返した。さきほどの『馬鹿娘』には、どこか愛情のようなものも感じられたが、今度のは単にいらだっているように聞こえた。

     迫水さんは、飛び回る国枝さんの首に、光の線で、正確な斬撃を送り込んでいる。そのたびに、国枝さんは、後退していた。

    「どうしたんですか。すごい剣さばきだと思うんですが」

    『節穴のような目しかない輩は黙っておれ。未熟者の晶は、沙矢香ちゃんの頭部を攻撃することを、未だにためらっておるのじゃ!』

    「えっ……」

     思ってもみないことだった。

    『それだけではないぞ。あの馬鹿娘は、お主のことが気になっておるのか、どこか動きに雑念が見られる。沙矢香ちゃんに殺されるのも時間の問題じゃ』

     そんなことが。

     だが、そう思って剣戟を見直すと、確かに老人のいうとおりだった。迫水さんが、国枝さんの首と胴体を切り落とすたびに、国枝さんの首からは、また新たな胴体が生えて来るのだ。

     これではきりがない。

    「ど、どうしましょう」

    『お主、声は出せるか』

    「声?」

    『ただの声ではないぞ。大声じゃ。よく響く声、じゃぞ』

    「謡の練習もしているから、人並み以上は……」

    『よし。わしが合図したら、わしがいったとおりの言葉を叫べ。できるかぎりの大声でな。やれるな?』

    「はい」

     ぼくはうなずいた。

     迫水さんは押され気味になっていた。老人がいったように、雑念があるのだろうか。その顔は冷然としているように見えるのだが。

     無限に思える数瞬間。

    『よし』

     ぼくは、老人に一拍遅れながら、大声で叫んだ。

    「クレハ!」

     迫水さんの動きが、わずかに、変わったように見えた。刀が微妙な軌道を描き、光の線が、国枝さんの額を捉えた!

     国枝さんが、甲高い悲鳴を上げた。

     どさっと、首が、動かない蛇の胴体でいっぱいになった地面に落ちた。

     迫水さんの顔は蒼白になっていた。

    「沙矢香!」

     掌から、刀が落ちた。ぼくは、とっさに、刀を拾い上げた。

     迫水さんは、うずくまると、朱に染まった国枝さんの頭を抱き上げ、膝の上に乗せ、静かな声で、泣き始めた。

     ぼくはなんと言葉をかけたらいいのかわからなかった。

    『こうするしかなかった』

     老人はいった。

    「だからって」

     やりきれなかった。ぼくは、目を背けた。

     きらきらしたものが、視界をかすめた。

     さっきの、蝶が、ふわふわと飛んでいた。

     ぼくは、人差し指を伸ばした。

     蝶は、とまってはくれなかった。今日は、みんな、想いがすれ違う日らしい。国枝さんは、親友を殺そうとした。迫水さんは、助けたかった友人を斬った。老人は、孫娘を辛い目に遭わせ、そしてぼくは、はは、ぼくになにができたっていうんだ。そして、蝶すらも、ぼくたちに愛想をつかしたらしい。

     できることは、蝶がどこかに飛び去っていくのを、見送ることだけだ……。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【夢逐人 第三部 ノゾミ 14】へ  【夢逐人 第三部 ノゾミ 16】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    まあわたしにもありませんけれど、沙矢香ちゃんの理性のシンボルみたいなものですから……。

    それに愛想を尽かされると、やっぱりねえ。ノゾミちゃんいいとこなしですな。

    NoTitle

    蝶がとまっても嫌だなあ。。。
    というのんきな話でもないか。
    私に蝶に対する良いイメージがないからでしょうかね、、、
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夢逐人 第三部 ノゾミ 14】へ
    • 【夢逐人 第三部 ノゾミ 16】へ