FC2ブログ

    「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢逐人

    夢逐人 第三部 ノゾミ 16

     ←夢逐人 第三部 ノゾミ 15 →夢逐人 第三部 ノゾミ 17
     おばさん、すなわち迫水さんのお母さん、の運転は、常軌を逸していた。湾岸なんとか、とか、頭文字なんとか、みたいな、漫画に出てくるスーパードライバーの運転に同乗したらこんな体験をすることになるのだろうか。警察に停止させられたらどうしよう、と、嫌な想像が頭をよぎったが、パトカーのサイレンが向かって来る様子はなかった。

     ようやくおばさんがブレーキを踏んだ。頭が、全自動洗濯機にかけられた後のようにぐらぐら揺れていたが、なんとか車を這い出すことができた。深呼吸して吐き気をこらえる。

    「冴子さんや」

     老人が、運転席のおばさんにいった。

    「店の中で、騒ぎが起こった、と感じたら、すぐに携帯で警察に連絡し、ここを離れてくれんか」

    「そして、人通りの多いところにいればいいんですね」

    「そうじゃ。ま、相手さんのほうも、そう、事を荒立てはせんじゃろう。たぶん、すぐに戻れるはずじゃ。ほれ、行くぞ、若いの」

     ゴルフバッグを抱えた老人は、ぼくの前をすたすた歩き始めた。ぼくは、おっかなびっくりついていく。和服にゴルフバッグというのは、かなり、ちぐはぐだという感じがするが。

    「あのう……。待ち伏せとかされていたら、どうするんです?」

    「見るところは見とる。むしろ危険なのはお主のほうじゃ」

     そういうことをいわれると、足が震えてくるんですけど。

     『寒月楼』は、市でも有名な、高級料亭だった。ぼくが入るのは、これが初めてだ。ほんとに入っていいんだろうか。

     老人は、ぼくをちょっと離れた位置に下がらせると、変な角度から扉を開けた。

    「大丈夫じゃ。ついてこい」

    「おじゃまします」

     おそるおそる、中に入る。老人は、履物も脱がない。ぼくは良心がとがめたが、老人に一瞥されて、やめた。店の奥から、和服を着た、年配の女の人が、小走りに駆け寄ってきた。どうやら女将さんらしいが、どうしてこうまで?

    「お客様?」

    「店員に暇を出して、人員がおらんか。なに、平気じゃ。人を連れに来たのじゃよ」

     女将さんは、それを聞くと、青ざめた。パニック状態に陥ったらしい。

    「あの……その……そちらは?」

    「お主のところでのびている、娘二人のPTAじゃ」

     女将さんは、音声が切れたテレビ番組のアナウンサーのように、口を大きく動かしたものの、そこから言葉は出なかった。

    「案内してくれるな?」

     老人は、ゴルフバッグの横から、黒くて長い物を取り出した。いつでも中のものが取り出せるように、切込みが入れてあったのだ。中身は、むろん、刀である。

     老人は、ちらりと刀を抜いてみせた。銀色の刃が、きらっと、光った。

     女将さんに残っていた、意志というものは、それでもう種切れになってしまったようだった。ロボットみたいに歩き出す。

    「あの……、いいんですか、あんなこといって? PTAのPってのは、ペアレンツのことですよ」

    「誰がペアレンツだといった。わしはティーチャーじゃ。それに、このセリフ、一回いってみたかったんじゃよ」

     そんなことだとは。ネタ本を聞くのはよしておこう。

     老人は、服の腰に、刀を差し直した。いつでも抜けるように、ということらしい。

     奥まで進み、角を曲がった。

     ぼくは目を見開いた。

     ぼくが見たことのある、わが青啓高校の先輩方や同級生が、あちこちの廊下や部屋に転がって、うんうんうめいていた。親しい仲の友人が一人もいなかったのにはほっとしたけど、いったいなにがあったんだ。

     ぼくは老人を見た。

    「あの、これって?」

     老人は、こともなげにいった。

    「晶じゃな」

    「ひっ」

     やっぱりだ。ぼくは、額の汗をぬぐった。五メートルで二秒というのは、どうやらほんとにほんとらしい。

     つと、老人は部屋のひとつの前で立ち止まった。

    「あのう」

     女将さんがいった。

     老人は、にこりと笑った。

    「用を思い出した。開けてくれんかの」

    「え? ここは」

    「齡を取ると、気が短くなるのは、残念なことじゃ」

     女将さんは、弾かれたみたいに襖に飛びつくと、開いた。

     老人が、微妙に外れた位置から動かなかったので、好奇心にかられたぼくは、部屋の中を、のぞき込んだ。

     自分が悪夢の続きを見ているのではないかと思った。

    「望。お前にここまで根性があったとは思わなかったぞ。できる限り、柔弱に育てたつもりだったのだがな」

     中にいた人物の言葉に、ぼくは目をつぶった。

    「知り合いか」

     老人がいった。

    「祖父です」

     ぼくは、言葉を押し出すようにしてそう答えた。

     そこで静かに座っていたのは、たしかに、ぼくの祖父、時形弘太郎だった。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【夢逐人 第三部 ノゾミ 15】へ  【夢逐人 第三部 ノゾミ 17】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    まあ沙矢香ちゃんが脅しでいったデタラメな数字ですから(^^;)

    真に受けて脅えるノゾミちゃんもノゾミちゃんですけどね(^^;)

    迫水家の人間が本気で動けば、二秒どころの話ではないでしょうね。気がついたときには冥界の門をくぐってます(笑)

    NoTitle

    五メートルで二秒って遅え。
    ま、それはともかく。
    根性は若者の特権なんでしょうが。
    まだまだ根性だけで生きているのがLandMの才条 蓮ですが。

    NoTitle

    五メートルで二秒って遅ええええ。
    ま、それはともかく。
    根性は若者の特権なんでしょうが。
    まだまだ根性だけで生きているのがLandMの才条 蓮ですが。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夢逐人 第三部 ノゾミ 15】へ
    • 【夢逐人 第三部 ノゾミ 17】へ