FC2ブログ

    「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢逐人

    夢逐人 第三部 ノゾミ 19

     ←夢逐人 第三部 ノゾミ 18 →夢逐人 エピローグ 1
    ……



     夢の中、泣きふせっている迫水さんのところに、蝶が飛んできた。蝶は、迫水さんの周りを、ふわふわと一周すると、すっとその膝元に舞い降りて、国枝さんの頭に止まった。

     周囲の、紫色の粘液の壁が、ざわっと波打った。

     粘液はゆっくりと溶け出してきて、迫水さんと国枝さんのもとに集まって来た。その色は、濁った紫色ではもはやなく、澄んだ、深みのある紫色になっていた。

    『これが、あの夢膿と、本当に同じものなのか……!』

     老人が、感に堪えたかのようにつぶやいた。

     澄んだ液体が、迫水さんの腰と、国枝さんの頭を包んだ。

     液体は、激しく泡立ち始めた。ぼくたちが呆然となって見守る中、やがて、液体は退いた。

     後には、全裸の国枝さんの肢体が残された。

     国枝さんは、うっすらと目を開いた。

    「……アキラ?」



    ……



    「国枝さんは、近くから、全てを見ていたんです。狂ってもいないし、死んだわけでもありません」

    「……」

     祖父は無言だった。

     しかし、その顔は、憤怒の色に染まっていた。

    「そういうことじゃ。やりあうのは、夢の中だけにしたいものじゃな。では失敬」

     無表情に老人がいった。

     祖父が口を開いた。

    「迫水さん。最後に、ひとこといっておきたい」

    「なんですかな」

    「あなたは勝った……」祖父の声は、平坦そのものだった。内心の感情を、無理に押し殺しているのが、鈍いぼくにもわかる。「あなたは勝った、今日のところは。だが、お気をつけになることです。勝つときには、相手を殺しきらないといけない。これが原則です。しかし、あなたは、その原則を破った。これがどういう結果に終わるかは、きっとあなたもご存知のはずだと思いますが」

    「今日、お主らが見せてくれたように、ですかな。それにしても、なにか勘違いをしておられるのではないかな? わしらは勝負に来たわけではない。単に、娘二人と、刀一本を帰してもらいに来ただけじゃ」

     ぼくに目を向ける。

    「行こうかの」

     そういうと、老人は、ゴルフバッグに脇差と長刀を入れ、国枝さんの身体を、ひょいと抱えた。齢を感じさせぬ、ものすごい体力だった。

     ぼくは、最後に、ちらっと、後ろを振り返った。

     祖父と目が合った。血走った目だった。耐え切れず、視線をそらした。

     悲しかった。

    「そんな顔をするでない」

     老人が、ぼくか祖父にか、どちらに聞かせるともなくいった。

    「今日は、わしは、素晴らしいことを聞かせてもらって、とても喜んでおるんじゃ。わしは、正直、嬉しくてしかたがない。感謝しますぞ」

     老人は、外へ出た。ぼくも、その後から、ついて行く。

     車の運転席で、こわばった顔をしていたおばさんに、老人は笑いかけた。

    「向こうもおおごとにはしないだろうといったじゃろうが」

     おばさんは、ほおっと、長い吐息をついた。

     車に、国枝さんと、迫水さんを乗せるのは、たいへんな作業になるかと思えたが、老人は、てきぱきと動いて、あっという間に二人を車に押し込んでしまった。運転免許を持っていたら、タクシー会社では、引く手あまたかもしれないな、と思った。ぼくがやったことといえば、ゴルフバッグを抱えて立っていただけだ。

    「少年、早く乗れ」

     ぼくは、急いで、おばさんの隣に座った。シートベルトを締める。

    「ありがとうございます」

     助手席で身をひねり、ぼくは、後部座席の老人にいった。

    「なにがじゃ」

    「祖父を斬らないでいてくれたことです」

    「もとから斬るつもりなんぞないわ」

     えっ。

    「だって、その刀は?」

    「あれか。持ってみい」

     老人は、ゴルフバッグを指差した。

     ぼくは、知った顔に見られたらどうしよう、などと考えながら、ゴルフバッグの横から手を入れ、闇切を持ってみた。

     思ったよりも軽かった。夢の中での感触よりもさらに軽い。

     待てよ。これ、隣の脇差、影切よりも軽いぞ。

    「?」

     後部座席の老人に視線を向ける。好奇心に負けた。

     ちょっと、抜いてみた。

     なんだ、これ?

     唖然とするぼくに、老人は、解説してくれた。

    「わしが持ってきたこの刀は、脅しに使うためのただの模造刀じゃ。模造刀以下じゃな。竹光に銀紙を貼っただけじゃから」

    「ちっとも知らなかった」

     刀を収め、ぼくはぼやいた。老人は笑った。

    「晶といっしょにするでない」

     おばさんも、ようやく、明るい笑い声をあげた。

     老人が、ふと、思い出したようにいった。

    「ところで、お主、家長に追い出されたようじゃな。で、これから、どうする気じゃ」

    「あっ」

     ぼくは、それのもたらす結果に気づいて、青ざめた。

     今晩、どこで寝よう……。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【夢逐人 第三部 ノゾミ 18】へ  【夢逐人 エピローグ 1】へ

    ~ Comment ~

    Re: 山西 サキさん、LandMさん

    構想ではこれからのことも考えていたらしいのですが……14万8000光年の彼方に置いてきてしまったのであります(笑)

    たはは。

    NoTitle

    殺しきることができなければ勝つことではないのが戦場ですが。。。
    まあ、それはそれです。
    勝ちさえすればよいという考えもありますからね。
    もう一度やるときに油断しなければいいだけの話ですしね。
    ・・・・これからどうなるんでしょうねえ。

    NoTitle

    望、帰るところが無くなったんですね。
    これはこれで楽しみだなぁ……。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夢逐人 第三部 ノゾミ 18】へ
    • 【夢逐人 エピローグ 1】へ