「ショートショート」
    ファンタジー

    こびとのみせ

     ←ボタン・その2 →きっかけ
     ぼくは、「こびとのみせ」という看板が出ている、小さな喫茶店に入りました。大きな倉庫の裏にあるその店は、ほんとうにこびとさんが住んでいるような雰囲気なのでした。

     考えていたよりは広い室内でした。窓際に、小さな椅子とテーブルがあり、かわいらしいウェイトレスさんが、にこにこしながら注文を取りに来てくれました。

    「コーヒーとホットケーキ、それに蜂蜜」

     とぼくが注文すると、ウェイトレスさんはそれを伝票に書きつけて、店の奥の扉に取りつけられたインターホンにいいました。

    「マスター、コーヒーワン、ホットケーキワン、蜂蜜お願いします!」

     その様子を見ていると、ほんとうにこびとさんが厨房の奥で働いているかのように思えるのでした。

    「ねえ……」

     ぼくがウェイトレスさんに声をかけたときです。

     厨房の扉が大きく開き、岩ほどもある大きな手が、バケツくらいのコーヒーカップになみなみ注がれたコーヒーと、ひと瓶ほどの蜂蜜がかかった座布団くらいもあるようなホットケーキを乗せたカートを押し出してきました。

     ぼくはびっくり仰天して、腰を抜かしました。

    「き……き……きみ……この人は……」

     ウェイトレスさんは、「父です」と答えました。

     そのとき、ぼくはようやく理解しました。

    「こびとっていうのは、きみのことだったのか!」

    「はい。父のように喫茶店がやりたい、っていったら、お前は小さいから、こびとの国で店を出すしかないだろう、ってことになって。でも、料理の腕はまだ見習いなので、父が作ってくれてます」

    「すると、この裏にある大きな倉庫は……厨房だったのか!」

    「はい。……少なすぎたでしょうか? オープンしたてなので、量がつかめないんです」

     悩むことはありませんでした。なぜなら、コーヒーは香りよく、ホットケーキはふわふわで、蜂蜜はすばらしい甘さだったからです。

     ぼくはそれからも、その店にしばしば通っています。

     行く前には、思いきりおなかを減らしていかなくてはなりませんけどね。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【ボタン・その2】へ  【きっかけ】へ

    ~ Comment ~

    Re: 大海彩洋さん

    立場が変われば巨人も小人、というのは、スウィフトの「ガリヴァー旅行記」にすでにありましたね(^^;)

    今はやりの「進撃の巨人」も、もとはといえばガリヴァーにアイデアの源泉があるのかもしれません。

    これはすごい発想

    そうかぁ、こびとの国の喫茶店。
    …メニューに他に何があるのか、興味があります。
    何よりも「オープンしたてで、量がつかめない」が可笑しすぎる。
    まるで新婚家庭のような緊張感??
    そういえば、時々喫茶店にものすごいパフェとかありますよね。
    4人分以上のような……あれももしかして。

    Re: 面白半分さん

    諸星大二郎先生の絵ですか(^_^;)

    あの人の絵で描くと、どんな題材でもどんなストーリーでも諸星大二郎先生になってしまうからなあ。

    あの人のギャグマンガもそうとうですよね。「コンプレックス・シティ」大好きです(^_^)

    この小説のイメージは、まだ児童文学で仕事をしておられた頃の坂東眞砂子先生の小編に負うものです。街角のファンタジーのつもりで読んでいましたが、あれもホラーだったのかな。

    NoTitle

    はいりはいるふれはいりほー♪ がイメージの人ですか。

    ”厨房の扉が大きく開き、岩ほどもある大きな手が”
    というところで諸星大二郎の絵柄が浮かんできてしまいました。

    扉の奥の暗闇に大きな目玉が浮かんでいる・・・というような。

    でも本作もいいですね
    終わり方もかわいらしい

    Re: 安田 勁さん

    わーい、知ってる人がいた♪

    お互い歳がばれますねー(^_^;)

    このウェイトレスさんも巨人から見ればこびとだけど、かなり食べるのかなあ。大食い選手権優勝クラスくらいは食べそうですね(笑)

    Re: LandMさん

    喜んでもらえてよかったです。(^_^)

    本領って、ハートフルがいいのかなあ。シニカルがいいのかなあ。

    しばらくはハートフルでいってみるかな(^_^)

    NoTitle

    こういう、ほんわかファンタジー好きです。

    しかしモデルが丸大ハンバーグのCMの巨人とは…懐かしい。
    大きくなれよう。

    NoTitle

    ほほう。面白いですね。
    ( ;∀;)。

    こういう発想がポールさんの真骨頂ですね。
    。。。という言葉を久々に使ったような。
    短編だからの良さを見せつけてくれますねえ。。。。

    Re: 火消茶腕さん

    「進撃の巨人」じゃないですよ。(^_^;)

    このお父さんのモデルは、昔の丸大ハンバーグのCMに出てきたあの人です。はいりはいるふれはいりほー♪

    あのCM、全国区だったのかなあ……(^_^;)

    NoTitle

    読ませていただきました。
    ウエイトレスさんのお父さん、やっぱりうなじを切らないと死なないのだろうか?などと思ったのは変な漫画の影響です。済みません。
    意外性があって面白かったです。

    Re: かえるママ21さん

    昨晩まで陰惨で救いのないホラーミステリを書いていたので、こういうほのぼのしたものを書いてバランスをとらないと、転覆してしまいそうだったので。(笑)

    街角のファンタジーもの、けっこう好きです(^_^)

    しばらくはこういう路線で行こうかな。

    Re: カテンベさん

    世の中そう悲観することもありません。

    ハムやソーセージを頼めば、ものすごい大きさのものがどーんと(笑)

    太るなあ(笑)

    NoTitle

    わ〜〜。素敵素敵。
    こういうお話大好きです。
    リアルであったら、なんて考えただけでも、楽しくなってしまいます。

    ホットケーキくらいやったらなんとかなるんでしょうけど
    焼きそばとか、軽食を頼んでみてたら、めちゃデカいキャベツが入ってたり、麺がめちゃめちゃ太くて食べにくいどころやなかったりするとこやったんでしょうね〜
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【ボタン・その2】へ
    • 【きっかけ】へ