「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢鬼人

    夢鬼人 ノゾミ 4-1

     ←夢鬼人 アキラ 3-4 →夢鬼人 ノゾミ 4-2
     4 ノゾミ

    「アキラちゃんは今ごろどうしているのかなあ……」

     ぼくはつぶやいた。

     冷静なときの武博おじさんは、そんなささやきを聞き逃す人ではなかった。

    「西連寺くん」

     身体からぴりぴりした空気が立ち昇っているかのようだ。無理もない。あれだけ溺愛している娘と、長いこと海外出張で引き離されていて、そして帰ったら帰ったで早々、また娘と引き離されて、そしてぼくという厄介なおまけまでついてきたのだ。苛立たないほうがどうかしている。

    「前から聞こうと思っていたのだが、きみは、うちの晶とどういう関係なのかな?」

     ふつうに話すのでさえ困難な話題を、木刀を片手に切り出されると、ぼくはもうどうしたらいいのかわからない。

    「蓉秀女子高では、不純異性交遊は厳禁なのだがな」

    「不純異性交遊が厳禁なのはうちの青啓高校でも同じですって!」

     武博おじさんの目が猜疑心に満ちた色に変わった。

    「ふむ。……ということは、きみは、晶とは完全に清い関係だと誓えるか?」

    「誓えます!」

     と反射的に叫んでから、ぼくは夢の中で見た、アキラちゃんの一糸まとわぬ裸体を思い出して、赤面した。

    「ほう……」

     武博おじさんの声の調子から、今のぼくの赤面は、完全に悪い意味にとられ、ある意味おじさんの逆鱗をまさに直撃したことがわかった。

    「ええと、あの、その」

    「稽古をつけてやろう」

     うわあ……。

    「まずは刀を持って長時間戦えるための体力づくりからだな」

     うわああ……。

    「ところできみは、示現流という剣術の流派を知っているか」

    「え? ……ああ、幕末ものの歴史教育番組で見たことがあります。たしか、木刀を持って立ち木を叩きまくるんですよね……」

     嫌な予感はふくらむばかりだ。

    「そうだ。薩摩藩で盛んだった流派で、休む間もない連続攻撃で相手の防御を粉砕し、そして相手を倒す。変に技にこだわるよりも、よほど理にかなった剣術といえるだろう。聞いた話では、朝に三千、夕に五千、それを目標に木剣をふるったそうだ」

    「ええと……」

     武博おじさんはにやりと笑った。

    「そこまでは求めない。だが、剣術の基礎として、地道な反復練習は欠かせない」

     ついていけるかな、ぼく……。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【夢鬼人 アキラ 3-4】へ  【夢鬼人 ノゾミ 4-2】へ

    ~ Comment ~

    Re: ツバサさん

    この示現流の鍛錬法は実際にあったものらしいですけど、真偽のほどはわかりません。

    だって出典が小池一夫先生原作の、「新・子連れ狼」だもん。(`・ω・´)キリッ

    Re: 安田さん

    このシリーズ、このところついたコメントが、気分が落ち込んでくるような拍手コメントだけだったので、もう切ろうか、などと半分考えていましたが、そこまで持ち上げてくれたら書かざるをえない(笑)

    元気になって続きを書きました。ちなみにこの小説に出てくる武道や芸道の鍛錬法はすべてウソ八百のいいかげんなものですので、信じて実践などしないように。(^_^;)

    NoTitle

    自分の娘と付き合っている少年が目の前にいたら、
    剣術の修練もつい厳しくしてしまいますね(笑)
    それにしても、朝に三千と夕に五千を目標に木剣を振るうなんて、
    とても大変ですね(`・ω・´;)

    ああ・・・しまった・・・
    完結するまで我慢しようと思ってたのに、読んでしまった・・・
    誰か、誰か続きをっ!

    そういえば、この作品のヒロインってノゾミちゃんでいいんですかね?
    男だけど。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夢鬼人 アキラ 3-4】へ
    • 【夢鬼人 ノゾミ 4-2】へ