名探偵・深見剛助(冗談謎解きミステリ掌編シリーズ)

    血液型性格判断殺人事件

     ←オタ句 7月9日 →オタ句 7月10日
    「つまりです」

     わたしは目の前でおののいている人々に、自分の推理を語った。

    「この人物は、ナイフをその場に残して行った。典型的な、B型のずぼらさが現れています」

     はじかれたように、太った中年男性が立ち上がった。

    「わたしはやってない! ナイフを見て怖くなり、放り出して逃げただけだ! 犯人じゃないんだ!」

    「わかっています。B型の人間にこの犯行ができるはずがない。この犯行ができたのは、細心にして緻密なA型の人間か? いいえ。ここで、現場の状況をもう一度振り返ってみましょう。まっぷたつに分裂した本、色も形も揃っていない箸、つまり犯人は……」

    「あのう」

     すまなそうな顔をした若い男が立ち上がった。

    「誰だねきみは」

     若い男は頭をかいた。

    「ぼくは、深見剛助っていいます。先ほどから推理をうかがっていましたが……ちょっとその……」

    「いいたいことがあるならば早くいいたまえ!」

    「博士の推理は、現実の事件とデータが整合していません」

    「データ?」

     わたしは頭の奥にちくっとするものを感じた。そんなわたしの気持ちを知ってか知らずか、深見剛助という若い男は続けた。

    「たしかに、独自の血液型性格判断に立脚する博士の推理は、首尾一貫していて、見事です。でも現実には、博士が挙げたようなデータは上がっていないんですよ」

    「データデータとうるさいが、わたしの血液型性格判断は、しっかりしたデータのもとに」

     深見剛助は頭をかいた。

    「そう、その血液型性格判断自体が、広汎に実施され、今も追跡調査が進んでいる、現代の心理学の臨床データとまったく一致していない。血液型と、性格との間に有意とみなされる関連性はない、ということで今の学門的見解は一致しています」

    「あんな、大学の教授室にふんぞり返っているような輩に、真実のなにがわかるというのだ! 現に、わたしは、この性格判断を使って、殺人事件を解決したんだ!」

     深見剛助は困ったような顔になった。

    「そのデータがないんだからしかたないじゃないですか」

     頭の奥がちくちくしてくるいいかたをするやつだ。

    「それではきみはなにか? この能見荘で起こった、令嬢の毒殺から始まる連続殺人事件のすべてを、わたしの性格判断の不備によって」

    「だからそのデータがないんです! 能見荘は火事で去年焼けていますし、令嬢は今は結婚してヨーロッパにいます! 現場もなければ、死体もない。連続殺人事件そのものが、存在していないんです! データとしても、現実にも!」

     わたしは……わたしは……。

     深見剛助は悲しそうにダメ押しをした。

    「残念ですが、殺人事件はすでに起こり、すでに解決されています。博士、あなたは心理学の分野で大学院に進学できなかったことに深く心を傷つけられ、自分を博士と思い込み、大学構内で自分のレポートにDをつけた教授を襲って、刺し殺した……」

     もう我慢できない。わたしは深見剛助と名乗るこの男に飛びかかろうとした。

     だが、手が届かない。

    「そもそも、教授がDをつけたそのレポートは、博士、あなたに都合のいいデータだけを集めてまとめた、血液型性格判断に関するレポートでした。あなたはありもしない血液型性格判断に踊らされて、自分を幻想と狂気の世界へと……」

     わたしはしゃべり続けるあの憎たらしい頭に手をかけた。ひねりつぶしてやろうとしたのだ。だが、次の瞬間、あの男はどこにもいなくなっていた。鉄格子のはまった窓と、床、壁、天井にびっしりと張られた、なにか柔らかい素材の中を、わたしは絶望のあまりに転げまわった。

     先ほどまであの男がいたところには、透明なゴムの後ろに、なにやら文字が映し出されていた。

    『名探偵・深見剛助シリーズ 次回もお楽しみに! ドラマはやっぱりPBZテレビ』


    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【オタ句 7月9日】へ  【オタ句 7月10日】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    大丈夫わたしもB型だ(← ってどこが大丈夫やねん(笑))

    NoTitle

    ひとり相撲、終わりのない自分だけの世界に溺れ、脱出できない主人公。哀れですね。

    ……にしても。「B型だ」と言うと思い切り引かれます。気を許せるのは同じ傷を持つB型友達ばかり(^_^;) こんな世の中に誰がした!(笑)

    Re: ダメ子さん

    次はホメオパシーでもいけるな……(笑)

    NoTitle

    変な妄想を一人で信じてると病気扱いされるのに、血液型占いはいいだなんてずるい…
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【オタ句 7月9日】へ
    • 【オタ句 7月10日】へ