FC2ブログ

    「ショートショート」
    SF

    笑う神の横顔

     ←エドさんイラスト! →死の呪文
    「……その神、バシュパクドゥ神を礼拝するには、早朝、日の出とともに西に向き、酒を口に含まねばならない。バシュパクドゥ神は夜の神であり、全てを覆い尽くす闇そのものである。ここにゾロアスター教のある意味での萌芽のようなものが認められるが、この神に善悪の概念はない。さて、儀式はさらに煩瑣なものとなりながら続いていく。この煩瑣さ加減を見る限りにおいてでも、この神を信じたい気持ちにはなれなくなる。もちろん、現代では信者など一人も残っていないが」
     バシュパクドゥ神に関する現代の専門書の一節から適当に抜粋した。この大部の書を読めば、バシュパクドゥ神を礼拝することが今からでも可能である。もっとも、そんな暇なことをする人はわたしも含めて誰もいない。

    一六五七年、ドイツの聖職者、ツェルナーの著書より抜粋。
    「……古代の異教の書物に書かれていることを信じる者は誰もいない。ここにあるものもそれだ。バシュパクドゥといわれる神は、善良な人間から悪に染まった人間まで、誰一人として信じる者がなく……」

    十二世紀、ビザンティン帝国の著者不明の書「キリスト教前説」より抜粋。
    「帝国にこのバシュパクドゥなる神を信じる人間が一人もいないことは慶すべきだ。蛮族にも一人もいないらしいことはさらに慶すべきだ」

    五世紀、北魏の徐回の書「景論」より抜粋。
    「馬斯(バシュパクドゥと推定される)は古き神なり。信ずるもの、もはや全地に一人もなし」

    前五世紀、アテナイのディテュランボス著と伝えられるタイトル不明の断片より抜粋。
    「バシュパクドゥについて語ることはなにもない。一部の儀式のやりかたが伝わっているだけである。偽の宗教はそのように、誰一人として信じる者がなく廃れ行くものである」

    前十五世紀、エジプト新王朝のものと思われるパピルスより。
    「バシュパクドゥは闇を崇めたが、ラーの到来するその遙か昔に、誰一人信ずるものはいなくなっていた」

    前三十五世紀、シュメール王国のものと推定される粘土板より。
    「バシュパクドゥ、忘れられた神」

     ……わたしは恐ろしい考えにとらわれている。
     このバシュパクドゥという神には、天地開闢以来、一人として信ずるものがいなかったのではないか? 誰一人として信者がいないまま、この神は全ての儀式を伴いつつ、現代まで生き残ってきたのではないか。確かにあらゆる人間は、この神を否定ないしバカにする形で語り継いできたが、五千年もの間、その名前が忘れられることもなく生き残ってきたというのは、ほんとうにこの神が常になんらかの超自然的な力で自分を守ってきたということではないのか?
     そうだとしたら、神は真に存在するのか?
     神にとって人間とはなんなのだ?

     そのとき、風のようなものが、頭の中を吹き抜けるのを感じた。

     考えすぎか。わたしは頭をひとつ振った。
     どうせバシュパクドゥなどという神は信じていないのだ。
     しかし、記録には残しておかないと……。
     わたしがキーボードを叩く音は、まるでなにかの笑い声のように響いた。神の笑い声のように……。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【エドさんイラスト!】へ  【死の呪文】へ

    ~ Comment ~

    Re: YUKAさん

    忘れられたというか、徹底的に粉砕されたのが、キリスト教以前に中東に広がっていたバアル信仰ですね。

    かなり大きな勢力で重要な存在だったらしいのですが、キリスト教とユダヤ教の破壊力には勝てず……。

    気の毒であります。

    おはようございます^^

    信者がだれ一人としていないのに伝承されているのは何故なのか?

    そうか、なるほど。

    そういう形であえて記録されることで
    稀有な神として名を残しているのですね^^

    忘れ去られた神も多くいるでしょうから、
    後世にまで語られるというのも神の士業なのでしょうね。

    >ネミエルさん

    あちゃ。自分では、「過去から現在に至るまで誰も信じている人間がいないのに、存在だけが伝承され続けている神」というアイデアのバカなショートショートを書いたつもりだったのですが(汗)。

    やっぱり朝に時間に追われながらこういうのを書くとワケがわからなくなるのですかねえ。反省します。とほほほ。

    このショートショートの元ネタにしたのは、「牛の首」という短編で、小松左京先生が書いておられます。こちらのほうは名作ですので機会がありましたらぜひご覧ください~。

    預言者ムハンマドを悪くいうと信者にタコ殴りにされる危険がありそうなのでお気をつけを(^^;)

    むずかしいですね~(汗)
    もう一回読んでも理解できなかったので2回よみましたよ~

    なるほど。
    いわれてみれば、そういうのもあるかも知れませんねw

    意外と、マホメットとかアッラーとかもそういうぶるいかも…


    イスラムの方すいませんっ
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【エドさんイラスト!】へ
    • 【死の呪文】へ