「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢鬼人

    夢鬼人 ノゾミ 6-1

     ←オタ句 9月9日 →オタ句 9月10日
     6 ノゾミ



     なにがつらいって、無実の罪でクラスじゅうから孤立するほどつらいことはない。クラスメートも、先生も、もしかしたら迫水さんを除く全人類までもがぼくの敵に回っているような気がした。

     朝、筋肉痛に苦しみながら起きて、とりあえず携帯のメールボックスをチェックしたとき、すさまじいまでの敵意に満ちたメールの数々を読んで、ぼくは卒倒しそうになった。これではぼくは、下半身の抑制がきかない悪の帝王ではないか。

     戦々恐々としながら学校へ来てみると、誰も口をきいてくれなかった。ぼくは頭を抱えたが、頭を抱えたくらいでは話をしてくれる人が出てくるわけもない。

     授業が始まる直前、のっぽでメガネの学級委員長がつかつかとぼくの席の前に歩いてきていったものだ。

    「西連寺くん。ぼくたちは、女性に対してきみのように卑劣なふるまいをした人間を、決して許すことはできない」

     そのまま、委員長はぼくの席から背筋を伸ばして自分の席へと戻っていった。

     抗弁の機会も、信頼できる証言も、物的証拠も、なんにもなし。いくらこの学校のモットーが「自主独立」だからって、ちょっとこれはひどすぎるんじゃないかと思える人民裁判ぶりだ。

     こないだテレビで見たドキュメンタリーのように、三角帽をかぶらされて吊るされ、リンチを受けるんじゃないか、と、本気で心配するほどの空気が教室内に漂っていた。まさに針のむしろ。

     生活指導室へでも呼び出されていたら、まだ釈明の代わりになるかもしれなかったが、ぼくの家が手を回してしまったらしく、ぼくは呼び出されもしなければなんの叱責も受けなかった。それがぼくの悪役としての印象を深めるのにひと役買ってしまったようで、もう視線が痛くてつらい。

     いや、みんなの考えもわかる。同じ情報を手にしていたら、ぼくも同じことを考えていただろうからだ。もちろん、みんなが手を出してこない理由もよくわかる。手にした情報が正しいとしたら、ぼくは配下にこの学校の暴力を代表する不良学生たちを置いていることになるからだ。

     とにかく、この状況をなんとかしなければ、学校生活を正常に送ることすらできなくなる。ただでさえこれまでの日常からは想像もできなかった世界へ足を踏み入れてしまったというのに、これ以上困惑の種を増やしてどうする。

     なにもいい考えは浮かばない。よほど思いきったことをしないとだめだろうが……。

     他に悩むこともあった。ゆうべ見た夢の内容だ。武博さんが早朝に仕事に行ってしまったので、相談できなかったのだ……。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【オタ句 9月9日】へ  【オタ句 9月10日】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    わたしも「図書室」と「部室(文化系だった)」という「避難所」がなかったら、いまだにこうしてのうのうと生きていられるとも思えませんです。中高生というのは自我がいちばん肥大するときでもありますので当然っちゃ当然ですが(^_^;)

    NoTitle

    私も結構な針の筵状態でしたけどね。
    その辺はあまり気にならなかったですね。
    どうせそこまで知り合いも多くなかったですからね。
    中学校・高校のころは。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【オタ句 9月9日】へ
    • 【オタ句 9月10日】へ