「夢逐人(オリジナル長編小説)」
    夢鬼人

    夢鬼人 ノゾミ 6-4

     ←夢鬼人 ノゾミ 6-3 →オタ句 9月23日
     身体は痛いし、遅刻はしそうになるし、みんなは冷たい目で見るし、ぼくがなにをしたのだろう。

    「西連寺」

    「は、はい、師匠!」

     急に当てられたぼくは、反射的に立ち上がってこういった。

     教室中が笑った。いわゆる冷笑というやつである。

    「この問題を解いてみろ」

     黒板には、やたらと厄介な数式が書いてあった。普通だったら手も足も出ないところだ。教師からも悪意を感じる。

     運がいいことに、その式の解き方は、転校前の学校の授業ですでに習ったものだった。ぼくはできるかぎり正確を期して解答を書いた。

     教室じゅうに広がるイヤな空気。

     そんな一瞬の沈黙の後、先生は冷たい声でいった。

    「正解だ。よく勉強しているな。立派だぞ、西連寺」

     教室じゅうに広がるさらにイヤな空気。先生は冷たい声のまま続けた。

    「できれば、素行のほうでも、そうした立派さを見せる人間になってほしいものだがな。では、次の問題」

     そんなこといわれたら、人形のように固まるしかない。

    「なんだ、席に戻っていいぞ、西連寺」

     いたたまれない!

     しかもことはそれで済まなかった。同じようなことが、二限、三限、昼休み、四限と続いたのだ。

     四限の終わりを告げるチャイムが鳴ったときは、ぼくは自分が死刑台に続く十三階段の上に立っているかのような気分になったものだ。だいたい、その十二段目くらいに足をかけている感じである。

     居心地が悪いなんてもんじゃない。このままじゃ、学校に通うだけで頭がおかしくなってしまいそうだ。

     この状況から逃れる方法は、なにかないのか!

     五時限目の古文の時間、授業そっちのけで、ぼくは真剣になって考えた。

     逃れる方法、逃れる方法……。

     思いつけたのはたったひとつの手段だけだった。

     これに失敗したら、今後の学生生活は悲惨な物になってしまうだろう。一種の非常手段だが、やるしかない。

     問題はだ……。

     迫水さんがそんなぼくを見たら、どう思うだろうかだ。

     今日の学校での空気がそう感じさせるのか、ぼくには暗いイメージしか頭に浮かばなかった。

     ああ……。

     気が重い。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【夢鬼人 ノゾミ 6-3】へ  【オタ句 9月23日】へ

    ~ Comment ~

    Re: LandMさん

    学生生活から面白かったことだけをピックアップするとものすごく明るい話になりますが、

    つらいことだけをピックアップすると底なしの暗黒になりますね。

    そのバランスを取るのが作品を書くということなのでしょうが、

    難しいものであります。

    NoTitle

    学校生活が懐かしいですねえ。
    また思い出して書きたいですね。
    そういう話も。
    勉強に悩むことも、人間関係に悩むのも学生ですね。
    人間関係はどこでも悩むか。。。

    Re: 椿さん

    ノゾミちゃんには受難のときが続きます。

    もう作者のわたしがガチでキャラクターいじめに走っている(笑)

    このあたりなど、作者本人であるわたしはひくひく笑いながら書いているのですが、読者はどうなんだろう。深刻なシリアスドラマとして読んでいるのか、さわやか青春小説として読んでいるのか……。

    NoTitle

    早速の更新ありがとうございます!

    望ちゃん、ガンバレ……。
    こちらでも、まずい噂が流れているのでしょうか。

    そして、何をするつもりなんでしょうね。
    続き、楽しみにしております。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夢鬼人 ノゾミ 6-3】へ
    • 【オタ句 9月23日】へ