「ショートショート」
    ホラー

    ふとんを干して

     ←外国人投資家と呼ばれるひとびと →あめのひ
     天気のいい日だったので布団を干すことにした。わたしのアパートのベランダでは、物干しざおが二重に架けられるようになっていて、使っているふとんを全部干すことができる。

     サッシ窓を開け、えっちらおっちらとふとんを干してから、わたしはひと息ついてテレビを見ることにした。

     テレビのスイッチを入れてから、窓を閉じようと外を見ると、ひらひらと蝶が飛んできたところだった。

    「春だねえ……」

     わたしはつぶやいて、テレビに戻った。



     その晩、干したせいでちょっと暖かい布団を敷いたわたしは、ふと眉をひそめた。

    「布団、こんなに薄かったっけ?」

     明日の朝は早いので、早めに寝なくてはならない。電気を消して睡眠薬を飲み、わたしはふとんにもぐりこんでから、目を閉じた。



     ふとんを干したはずなのに、なんとなく寝苦しくて、わたしは夜中に目を覚ました。 

     違和感……。

     なにかがいる。

     なにかがふとんの中にいる。

     わたしはふとんを跳ね上げ、枕元に置いておいた読書スタンドをつけた。

     ぼんやりと浮かび上がったふとんの裏を見て、わたしは叫び声をあげた。

     百匹以上はいる白い芋虫がびっしりと、ふとんのカバーをそれぞれ食い破って顔を出していた。ふとんを干した朝に見た、あの蝶の幼虫だ、とわたしは悟った。わたしのふとんの綿を食べ、こいつらは成長していたのだ!

     カバーを食い破って幼虫たちはぼたり、ぼたりと、敷布の上に落ちてくる。敷布のほうも盛り上がり、幼虫たちが顔をのぞかせていた。

     幼虫はわたしの身体にまとわりつくと、わたしのパジャマを食い始めた。つぶそうとしたわたしは、手に痛みを感じた。わたしの手に噛みついたのだ、と理解した時には遅すぎた。虫たちはわたしの顔にまで噛みつき、そしてわたしの目にも噛みつき、開いた口を通って喉の肉まで……。

     いまやわたしは虫の餌となる単なる肉塊にすぎなかった。

     あの蝶のふとんにとまった優雅な姿、それがわたしの頭に最後に浮かんだ思考だった。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【外国人投資家と呼ばれるひとびと】へ  【あめのひ】へ

    ~ Comment ~

    Re: 大海彩洋さん

    わたしそこまで気色悪い話書いたっけ(←しらじらしく(笑))

    まだ精神的に強いストレスのもとにあるらしく、なかなか人情話や恋愛話が書けないであります。

    今度はどんな強烈なものを……ふふふふ(おい(^^;))

    Re: ダメ子さん

    あくる朝扉を開けたら骸骨がころがっていた、というのもこれはこれでおもむきというものが(なんのおもむきだ(^^;))

    そういや古賀新一先生に、「人食い」という、人食い人種を扱ったネタとしてはある意味究極ともいえる短編恐怖漫画がありました。床屋で読んで深く感銘を受けたのですが、なんて本に入ってたんだっけ。「まだらの毒ぐも」だったっけ。うむむ。

    ほ、ほらー?

    ホラであって欲しい……かなり怖いんですけれど……
    やっぱり芋虫系、大群の虫系はあんまりお近づきになりたくないです。
    東大寺の大仏の脇に、かなりでっかい真鍮(かな?)の「蓮にとまった蝶々」があって、その芋虫部分=胴体を見るたびに気持ち悪いんです。蝶々も思えば芋虫に羽根が生えているだけ……
    わぁ、そんなのに噛まれたくないなぁ。
    キノコ宇宙人が宅配便でキノコの胞子を送って、それを地下室で育てて人間が食べたら、キノコが人間を苗床にして…・・ってレイ・ブラッドベリの小説を思いだしちゃった。うえ~(>_<)

    NoTitle

    個人的にはいきなり食い尽くすよりもじわじわ…

    じゃなかった…怖くて今夜眠れなくなりそうです

    Re: カテンベさん

    最初は「像」と書いていたんですが、なんか違うな、と思い、いろいろ書き直しているうちに方向性がわからなくなってしまって。反省……。

    Re: けうけうさん

    今度はふとん乾燥機ネタでホラーを書こうかな(笑)

    最後に浮かんだ思考、と認識できると、そのことを考えてみたのが最後に浮かんだ思考になってしまうんやろか?


    NoTitle

    ぎょえぇぇぇぇぇ…

    タ、タイミング良く布団乾燥機を買ってきた私は
    勝ち組という事ですね!?

    Re: 面白半分さん

    似たようなことを、「輪ゴム」を書いてしばらくの間いわれたなあ。

    「輪ゴムが手にはめられなくなっちゃったじゃないですか!」って(^^;)

    精神的苦痛についてはお詫びいたします(汗)

    NoTitle

    今日布団干したんだけど
    もうくるまれない。

    どうしてくれるんですか!

    Re: miss.keyさん

    このホラーのアイデアは、ちょうど今日ふとんを干しているときに思い出した、野坂先生だったか北杜夫先生だったかの、

    「戦時中はパンツの縫い目に沿ってシラミがびっしりと卵を産みつけていて、それをひとつひとつ指でぷちぷちと」という明るく健康なユーモアエッセイを(以下削除)

    Re: 椿さん

    いつもおとなしいのばかり書いているので、たまにはグロテスクなものもいいかな、と。(よくない(笑))

    好評だったら次もこんなものでいいかな、と。(だからよくない(笑))

    こえええええええええええええええ

     こえええええええええええええ
     怖気が奔るじゃまいか。芋虫が見られなくなりますわぁ。

    NoTitle

    SOS! SOS!
    キーモーいーでーすーーーー!!!
    布団を干す度に思い出しそうです;;;
    いやあああああ、イモムシ布団いやああああ∑( ̄Д ̄ll)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【外国人投資家と呼ばれるひとびと】へ
    • 【あめのひ】へ