「紅探偵事務所事件ファイル」
    夕闇のメッセンジャー

    夕闇のメッセンジャー 4

     ←夕闇のメッセンジャー 3 →夕闇のメッセンジャー 5



     こんな物騒な町はさっさと立ち去るにこしたことはないが、仕事には何日かかるかわからない。平田主任にいったとおり、寝る場所の確保が先だった。

     紅グループの人脈に頼るという考えは放棄していた。いくらなんでもそれは紅隆太郎に悪い。あくまでも最後の手段だ。手段から完全に除外していないのはわたしがいたらない証拠みたいなものだが……。それに、こんな時期にこんな町でこんな不審な男が宿を探すということだけで、甲紋会が接触してくるであろうと思われる。調査のとっかかりを作るという意味でも、適度な接触は望むところだった。それにしてもどこか安宿はないだろうか。

     東京の紅恵美にこれまでの経緯を書いたメールを送った後、宿を探して歩き回った。頭に叩き込んである地図をもとに、システマティックに経路を決めたつもりだったが、非能率であることに変わりはない。

     三つ目の宿に断られた。どうも市内のほとんどの宿屋は、危険そうな客を一切断るか、危険そうな客からすでにいつでもスタンバっておけるよう予約が入っているかのどちらかのようだ。

     やっぱり車を持ってくるんだった、と後悔したが、後の祭りである。わたしはため息をついて路地のひとつを曲がった。

     あまり出くわしたくはない光景と接近遭遇したのはそのときだ。一目でわかる暴力団員が、これまた一目でわかる一般庶民を嚇していた。暴力団員の方がゆるゆるな(見分けるのには年季を要する)表情をしていたのに比して、一般庶民の方は顔面を蒼白にし、完全におびえきっていた。よくあるパターンだ。適度な接触は望んではいたが、こんなところに介入してもプラスになることはなにもない。わたしはくびすを返そうとした。

     だが、何かが足を止めた。その何かが記憶の片隅にあるがらくた置き場から復活してくるのにはそう時間もかからなかった。

     髪の短いメガネ男。嚇されておびえきっている一般庶民は、長倉友則に間違いなかった。

     あの男が何をしに来ているんだ。係わり合いにはなりたくなかったが、仕方もない。わたしはゆっくりと近づいていった。

     長倉友則がわたしに気づき、懇願するような目をこちらに向けた。「七人の侍」だったら木鐸を鳴らされて「お侍さまあっ」と駆け寄ってくるところだ。

     暴力団員が振り返った。

    「見せもんじゃねえぞコラァ!」

     ステレオタイプな台詞だが、それを聞いて長倉友則はびくっと身体をすくめた。わたしは口の中でごにょごにょと呟きながらゆっくりと近寄っていった。

     暴力団員が不審そうに、長倉友則の襟元から手を離した。

     間合いに入った。

     わたしは素早く相手の懐に飛び込み、急所に掌を見舞った。かつて内調にいたころに文字通り叩き込まれたごとく身体が動き、三秒後にはダメ押しの一撃を受けて暴力団員は完全にKOされていた。

     目の前で普通の人間には非現実的な光景を見せられた長倉友則ははいずってその場から逃れようとしていた。腰が立たなくなったらしい。

     わたしは声をかけた。

    「長倉友則さんですね」

     長倉友則が、人食い人種でも見るかのような目をこちらに向けた。

    「あなたは……」

    「話は後でしましょう。ところで、あなたの宿か車かは近くにありませんか?」

     宿が近くにあるそうだ。わたしは長倉友則を立たせて、道案内を頼んだ。

     もちろん、暴力団員君にも付き合ってもらう。酔っ払いを介抱する要領で、わたしたちは三人で並んで昼日中の裏通りを宿まで歩いた。


    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【夕闇のメッセンジャー 3】へ  【夕闇のメッセンジャー 5】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    これまで無能なワトスン役ばかりやらされていましたが、実はハードボイルドや冒険小説の登場人物としての竜崎くんは強くて有能なのです。

    そこに天才ゆえのぶっ飛んだ発想と行動力と財力の持ち主である紅恵美所長を組み合わせたら、ユーモア冒険小説になるのでは、という設定でした。

    ……問題は国家間謀略を題材にして冒険小説書くには、わたしの知識量が大学在学時から現在に至るまでほとんど皆無、ということであります(^_^;)

    志水辰夫先生や船戸与一先生までの道は遠かった、とほほ……(^_^;)

    NoTitle

    カッコええええ! 
    竜崎さん超カッコええです!!
    元内調、クールすぎる!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【夕闇のメッセンジャー 3】へ
    • 【夕闇のメッセンジャー 5】へ