ミステリ・パロディ

    メキシコ指輪の謎

     ←Yの悲喜劇 →遊ぶこともせず書けない書けないと頭を抱える男の真摯さを物語る机上の図
    「そうです! わたしがやったのです!」

     そう叫ぶと、この連続殺人事件の犯人は、燃え盛る炎の中に飛び込んで行った。それを止めることもできず、ぐったりと階段の下に座り込んだエラリーは、両手で顔を覆った。

    「この呪わしい事件は、全体が無意味で愚劣な出来事だった」

     息子の言葉に、警視はうなずいた。

    「探偵は論理的な推論をするまでもなく、そして実験的に確かめるまでもなく、最初から犯人を知っていたのだ。コペルニクスが地球の公転を直観し、メンデルが遺伝の法則を直観したように、現象学的本質直観によって探偵は正しく推論し独断することができるのだ」

     エラリーは歯ぎしりした。

    「いいたいことは今のぼくには痛いほどわかりますがね、お父さん、それって、作者も本も年代も違います。それに、ぼくもお父さんも含め、われわれの誰もが、やるべきことを本質直観していなかったことでは同罪なんだ」

     警視は不安な顔色になった。

    「なにを直観しているべきだったんだ」

    「みんな元気なうちに防火帯を作っておくことですよ!」

     そうだ。あの「シャム双子の謎」のときには奇跡が起こったからよかったようなものの、今の



     ※ ※ ※ ※ ※



     わたしが持っているミステリ「メキシコ指輪の謎」はここまでで途切れている。なぜならうっかり蚊取り線香の火でページを焼いてしまったからだ。殺人事件は解決したものの、いったいこの小説では、エラリーは、警視は、ほかのみんなはどうなったのか、わたしはいまだにわからないままだ。通販で手に入れようにも、この本は一冊も出ていないようだし、図書館には無視を決め込まれるし……。

     だが半面、わたしはページが焼けてしまったことでほっとしていることも事実なのだ。もし、わたしがある日ブログからふっと消えたりしても、日常生活は続き、地球は公転を続け、なべて世はこともな
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【Yの悲喜劇】へ  【遊ぶこともせず書けない書けないと頭を抱える男の真摯さを物語る机上の図】へ

    ~ Comment ~

    Re: 面白半分さん

    ものすごく暗い顔をしながらぼそぼそ読んでいます。

    やっぱり面白いですねあの人の謎解きミステリ。

    Re: LandMさん

    いや基本的にコメディのつもりで書いたんですが(^^;)

    こういうパロディとか贋作ってだいたいそういうもので。

    たしかにわたしのギャグが不発だったことは認めざるを得ないですけど(^^;)

    NoTitle

    現象学的本質直観をやめて
    やはりここは「青銅の悲劇」かと。

    NoTitle

    もはやコメディの領域なような。
    (゜_゜>)

    う~~ん、確かに私も破れた書物とかは持っていますが。
    何故か捨てられない。
    そういった魅力はありますよね。

    Re: 大海彩洋さん

    うわぁ、だからこれはドキュメントじゃないでありまして!

    pixivに上げるときは後半をカットしたほうがよさそうだな……(^^;)

    Re: カテンベさん

    うーむ、ギャグを不発にさせてしまった。やはり変に色気出してショートショートを書いちゃいかんなあわれながら。

    そもそも、このクイーン・パロディシリーズは需要があるのだろうか……(汗)

    Re: limeさん

    いえこんなタイトルのクイーン作品存在しませんから!(汗)

    このパロディの眼目はそこじゃありませんから!(汗)

    素直に最初のクイーン警視のセリフで終わらせておけばよかった(汗汗)

    むろん元ネタは「シャム双子の謎」です。なんでここで笠井潔の作った名探偵、矢吹駆のセリフが出てくるのかという考えオチであります(^^;)

    うわぁ

    これは辛い! とてもよく分かります! 絶版なのに~!! と叫んでしまいそうです。
    うぅ。どこか古本屋さんにありませんかぁ? ポールさんなら特異な趣味を持つ古本屋の知り合いとか、いっぱいいそう。
    ブログから消えても……私なども「あぁ、この人も消えたのね」と思われるだけなんだろうなぁ。西部戦線異状なし……でも続きを読みたかったなぁと思っていただけたら、嬉しいなぁ。

    最終回だけ見損ねた、て感じになるのはつらいわ

    連載中に作者死亡で未完に終わった作品、なんてのを惜しむのと同じよーなものなのかしらん?

    続きは読者が好きなように想像しといて、てなるだけなんでしょうけど
    記憶に残るものになるか、忘れ去られてしまうか、てのは、どのへんが分岐点なんでしょうねぇ?

    NoTitle

    絶版されてるミステリの最後が燃えるとか、ダメです。
    もだえ苦しんじゃいます。
    全て世は事もなく・・・ないです><

    ブログは・・・そうですね、残念に思ってくれる人が一人でもいてくれたらうれしいなあ・・・。自分の場合。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【Yの悲喜劇】へ
    • 【遊ぶこともせず書けない書けないと頭を抱える男の真摯さを物語る机上の図】へ