「ショートショート」
    その他

    ペヤング

     ←あのコマはどう使うのかについてのお答え →最悪
     眠れない。いや眠いのだが眠る気になれない。

     わたしは腹に何かを入れて眠気をさらに増大させることにした。

     入れるなにかについてはあてがあった。カップ焼きそばだ。ブログ友人のかえるママ21さんからいろいろあっていただいた『焼きそば弁当』ではない。あれはこんな夜に食べるにはもったいなさすぎる。

     わたしは今日の午前中、スーパーで見つけた『ペヤングソース焼きそば』を食べることにした。ちょうどいい機会だったからだ。

     小鍋に水を張り、火にかけた。やかんを取り出すのが面倒くさかったのだ。

     湯が沸く間に外装のフィルムを破った。昔のペヤングそっくりに作られた印刷の下には、発泡スチロールの箱とそれを密封するビニールがあった。

     説明書きを読み、ビニールのふたを三分の一ほど開いた。中には麺のほかに、ソースとかやく、それにふりかけとスパイスが入っている。

     かやくとソースはすぐに取り出せたが、ふりかけとスパイスの袋が、引っかかってなかなか出てこない。わたしは苦笑いした。

     かやくを麺の上にあけた。昔のペヤングソース焼きそばなら、まんべんなく麺の上にあけるのは簡単にできる作業だ。だが、今のバージョンでは、三分の一の隙間からかやくを入れなければならず、ちょっといらいらした。

     鍋がぼこぼこいった。湯が沸いたのだ。わたしは注意深く三分の一のその隙間からお湯を注いだ。こぼすと湯のしずくが足元に落ちてやけどしかねないので、慎重に行う。

     内側の線までお湯を注ぎ、ふたを閉じた。キッチンタイマーを三分にセットし、ボタンを押した。

     ひさしぶりだ。例の混入騒ぎ以降、ペヤングのソース焼きそばは食べていない。その間、インスタントの「アラビヤン焼きそば」と、それから最近は安い蒸し麺の焼きそばばかり食べている。

     思えば、松戸にあった予備校の寮に入っていた浪人生時代、オタク系のサークルで馬鹿ばかりやっていた大学時代、それから長いブランクを経て、アパートで独り暮らしの真似事をするようになった今、常にペヤングはわたしにいくばくかの郷愁で風味づけられた変わらぬ味をわたしに与えてくれた。

     ソースも、かやくも、麺も、スパイスもふりかけも、皆、わたしの大切な友人のようなものだ。

     キッチンタイマーが鳴った。三分間が過ぎたのだ。

     わたしは説明書き通りに湯切り口をめくり、ふたの星印の部分を押さえて、湯切り口から湯を捨てた。

     ペヤングの、昔のプラスチックが二重構造になっているケースにはちょっとした欠陥があり、湯を切る際、あまり激しく傾けると、水を吸った麺の重みでふたが開き、中の麺がどっと流しにあふれだしてしまうことがあったものだが、この湯切り口では、そういうことはまず起こらない。

     楽になったものだ。わたしはビニールのふたを全部はがしてゴミ箱に捨て、麺の入った容器を持ってパソコンの前に向かった。

     ソースをかけてよく混ぜる。次にスパイスとふりかけをかけた。ふりかけは、乾燥した紅ショウガと、青のりをメインとするもので、これがあると焼きそばがよりうまくなるのだ。

     食べた。うまい。

     うまいが……。

     こんな味だったろうか?

     わたしにどこか懐かしさを思わせるソースの味を、この二十数年にわたり味わわせてくれた焼きそばと、このいま食べている焼きそばは、同じように作られたものなのだろうか?

     食品会社にそんなよけいなことをする必要がないことはわかっている。衛生管理に差異があったとしても、レシピを変えるいわれなどない。

     だが……。

     容器がプラスチックから発泡スチロールに代わったせいか、わたしにはなんとなく、このペヤングの焼きそばが、あまりにも控えめになりすぎているような気がしてならないのだ。

     味付けやレシピが変わったのではないか。

     一度心に浮かんだその思いは、頭を振って打ち消すごとに、どんどん大きくなっていくのだった。

     大学の頃の友人とひさしぶりに遭ったら、話が全く通じなくなっていたあの疎外感を覚える瞬間、そのときと同じ苦く孤独でぽつんとしたあの味を、わたしはそばをたぐりながら感じるのだった。

     食べ終わって、ほっと一息ついた。

     別なのだ。

     わたしにとって、ペヤングソース焼きそばは、あのプラスチックケースとともに死んでしまったのだ。

     わたしがいま食べたものは、「そっくりではあるが見知らぬ他人」に過ぎないのだ。

     病気により学生生活とその後のまともな生活というものからドロップアウトしたように、そしてそれなりに働き成功なり失敗なりかつかつなりして生きている友人たちとも二度とあの時と同じく語り合えないように、わたしはペヤングソース焼きそばからも追放されてしまったのだ。

     時計が三時を指した。

     わたしは無性に寂しかった。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【あのコマはどう使うのかについてのお答え】へ  【最悪】へ

    ~ Comment ~

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: miss.keyさん

    みんなペヤング好きですね(^_^)

    思い出補正ばかりはどうしようもないのがネックです。

    ペヤングも中身は変わっていないでしょうけど年々歳々人同じからず(^_^;)

    四角くってたべやすい

     もういっちょいく~?オッス
     戻ってきましたか。しかし何かが変ってしまったと。うーむ離れていた間に人の舌の方が変ってしまったのかもしれない。思い出補正は平均120%らしい。

    Re: 椿さん

    でも語っているのはカップ焼きそば(笑)

    現象学を創始した偉大な哲学者であるフッサールは、「目の前にある一杯のカクテルからも哲学できる」というビジョンを開いてくれましたが、

    こっちはカップ焼きそば(笑)

    フランスだとかっこいいのに日本だといしいひさいち先生のマンガみたいになってしまうのはどうしてなのでしょうか(笑)

    Re: kozixさん

    塩味派ですか。

    そういやあ、塩味のカップ焼きそばって、あまり食べた記憶がないなあ。

    今度買ってみるか。

    いつか一週間かけて、毎日昼に1個ずつ食べ比べてみるかな。栄養失調になるかもしれんけど(笑)

    Re: 面白半分さん

    いやこの道ではすでに東海林さだお先生という偉大なマイルストーンがいらっしゃいますし(笑)

    今は耐えるんです。この冬さえ乗り切れば、補給線が回復します!(だからまだ夏です)

    Re: blackoutさん

    腹に入れば万物斉同でもあります(笑)

    Re: LandMさん

    眠れずに夜中の三時にもそもそ食べるペヤングと、大学の仲間内で遊んで夜中の三時まで盛り上がって何か食うものを、と食べるペヤングとでは、味も違って当然ですな(^^;)

    しかもパッケージまで変わっているし。

    Re: 宵乃さん

    ちなみにわたしは「UFO」が苦手……。

    「一平ちゃん」はいけるんですがねえ。

    それと、ついに来ましたか岡本喜八監督。

    「独立愚連隊」、寝っころがっている佐藤允が跳ね起きるファーストシーンからムチャクチャカッコいい戦争アクション映画の傑作です。

    わたしは「日本のいちばん長い日」を見る予定ですが。

    わくわく。

    Re: かえるママ21さん

    しまった、スーパーでふたつ押さえておいて焼きそば弁当のお返しに送るんだった。

    はたして明日もペヤングはスーパーに並んでいるであろうか。(^^;)

    Re: ECMさん

    がんばれ、この冬さえ乗り切れば補給が届くぞ!(まだ夏です)

    Re: カテンベさん

    冷静になって考えるまでもなく、まず絶対にわたしの舌のほうが変わってしまったんだと思います。なにせ来る日も来る日もアラビヤン焼きそばと生めんの焼きそばばかり、それも卵を落として食べてましたし(^^;)

    Re: キングハナアルキさん

    まあ何かの都合で東京へ来た時でもおみやげに買ってみては。

    いくらプレミアみたいなもんがついているといっても、うちの近所のスーパーでは138円だったし、熱が冷めれば110円くらいにまで値も下がると思うし。

    これが異物騒ぎという致命的な事故を逆転の発想で最大限利用した食品会社による便乗値上げ作戦だったとしたら、その知将ぶりには舌を巻きますが……(← ひさしぶりに食べたことによるコレジャナイ感にメーカーに対しなんか意地悪になっている)

    Re: 八少女 夕さん

    それならamazonで……と思ったが、冷静になってみると、

    「個人輸入できたとしてもスイスではバカ高い関税がかかるのではないか」

    という結論に達してあきらめた。

    それにまあ無理して食べるものでもないし(^^;)

    Re: フラメントさん

    本来はその線で書くつもりだったが、自分の半生を振り返ってみると、別れるもなにも女性とまともに付き合ったことがないことに気づいた、とポール・ブリッツ氏は語った。

    とほほ。

    NoTitle

    しんみりですね。
    私も最近食べてないなあ……好きなんだけど。
    インスタントも、いろいろ昔と味が変わっている気はするのです。ぺヤングも、サッポロ一番も、カップヌードルも昔と違う気がする。

    微調整してるのかもしれないし、自分が年を取って味覚が変わっているのかも。両方かもしれない。
    停まることのない時の流れの中に自分たちも生きている。
    とか、影響されてカッコ良く言ってみたり(笑)

    NoTitle

    ペヤング、よく食べた時期がありました。こってりしたソースと濃い味の麺(?)が腹を満たしてましたが、他の塩味にはまってから遠ざかりました。
    あの騒動から復活後、和歌山ではお目にかかってないです。

    NoTitle

    新しいジャンル”カップ焼そば文学”の誕生ですね。
    味わい深い

    ペヤングは再開以後まだ見かけてません。北関東なのに。
    早く食してみたいのです

    NoTitle

    諸行無常、という言葉を思い出しましたw

    NoTitle

    変わったのは自分なのか。
    カップ麺なのか。。。
    分からない問題ですね。
    昔懐かしい。食べてみると、思っていたのと違う。
    そういう時に時代を感じますね。

    NoTitle

    ペヤングはほとんど食べた事がないんですよ。味があんまり好みじゃなくて。
    でも、味や香りが思い出に強く結びつくというのは経験ありますし、それがもう味わえないと思うと寂しいでしょうね。お察しします。

    ところで、来月はついに岡本喜八作品を観る企画が始まります。
    7月も映画で盛り上がりましょう♪

    NoTitle

    北海道では、ぺやんぐ売ってないのですよ。
    なので一度も食べたことないです。

    わかりますよ。
    かえるままも、子供の頃食べたダブルラーメンが今食べてもあまり美味しく感じられなかったのは、世に出回ってる有名店のインスタントラーメンなど美味しいインスタントラーメンに慣れてしまったのかもしれない...
    と、言い知れぬ寂寥感を感じたものです。

    わたくしが渾身の思いで書いた過去記事で、ぺやんぐについて書いたものを....
    おヒマな時にでも
    http://kaerumegane.blog22.fc2.com/blog-entry-1336.html


    NoTitle

     ペヤングは、関東地方で再開されたのですが、大人気で生産が追いつかないため、静岡での発売は延期されました。orz

    変わってしまったのはどちらだろう?

    別の焼きそばに舌を慣らせてるうちにペヤング対応ではない舌になってしまったのかも

    NoTitle

    ペヤング、熊本ではまだ売ってないっ(泣)

    えっ

    そして、氣付いてしまった。
    生まれてから一度もペヤング・ソース焼きそばを食べたことがなかったという事実に。

    ほら、いつもお抱えコックが食事を作ってくれているから……な訳はありませんが。

    「あのケースが変わっちゃったの?!」と語り合えないことに一抹の寂しさをおぼえるスイスの夜だった。

    お早うございます

    未だ ボクの住んでる ど田舎は

    姿を見ることはないのですが


    フォルムの違い 味の変革

    まことに残念です


    流通すれば 自らも一度は 試すつもりですが

    変わり果ててしまったとあれば

    ボク自身も 一抹の寂しさを 覚えるやもしれません…


    ボクの場合 別れてしまった女性と

    あってしまい その変容に 嘆くところでしょうか…

    NoTitle

    がらにもなく私小説風に。壊れてるのかわたし。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【あのコマはどう使うのかについてのお答え】へ
    • 【最悪】へ