偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    偉大な男のものがたり 1日目 4

     ←荒野のウィッチ・ドクター(11) →偉大な男のものがたり 2日目 1
     はっと目をつぶり……そして、すでに熱さを感じていないことに気がついた。

     恐る恐る目を開ける。

     明るい。さっきの太陽の光ではない。もっと弱い、ぼんやりとした灯りだ。

    「よお」

     誰かの声がした。

     そちらに目を向けると、緑の眼帯をかけ、片目だけをのぞかせた青年がにやにやと笑っていた。

    「ぼ……ぼくは」

     保はしゃべり、その声が、自分のものとはかなり違うことに気がついた。

    「無理してしゃべらなくてもいい。何年さまよっていたのかわからんが、今はこうして船の中にいるわけだからな」

     青年は意味のわからないことを尋ねてきた。保はいいよどんだ。

    「船? さまよって、って……ぼくはついさっき、急にこの宇宙に放り出されて」

    「じゃ、お前はツイてるってことだ。宇宙空間に蹴り出されたアストラル・ボディがスクープに引っかかって拾われるってことは、本当に珍しいことなんだからな」

    「アストラル・ボディ?」

     保は右手を持ち上げた。自分の身体が、どうかなってしまったのだろうか?

    「ああああ!」

     保は絶叫した。自分が持ち上げた「右手」は、真っ白の……ぶよぶよとしたアメーバ状の肉のかたまりだったのである。

    「そのまま、そのまま」

     青年は保のその触手のような手をベッドに戻すと、苦笑いした。

    「お前の身体がもとはどんなものだったかは知らないが、八時間も過ぎれば、お前のもとの種族の身体の形になる。それまでは、ここで寝ているのがいちばんいい」

    「は、はい」

     青年は奇妙な形をした容器を手に取り、口につけて、飲んだ。

    「さて、名前があったら、聞いておきたいが。名乗りたくなかったら、ノーボディ、でもいいぞ」

    「保です。ええと……」

     保は愕然とした。自分の姓がまったく思い出せない!

    「タモツか。奇妙な名だな。おれは『グリーン・パッチ』だ。パッチでいい」

    「……この船は、いったい? あなたは、船長さんですか?」

     パッチは爆笑した。

    「船長ね! この『アドヴェンチャラー号』には、おれなんかよりも、もっと偉い船長がいるよ! おれはしがない三等航海士だ」

     アドヴェンチャラー号……保は背筋が冷えていくのを感じた。これは、ついさっきまで自分が読んでいた小説に出てきた船の名だ。

     ……自分は、あの小説に書かれた世界の中に放り込まれてしまったのだ!


    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【荒野のウィッチ・ドクター(11)】へ  【偉大な男のものがたり 2日目 1】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【荒野のウィッチ・ドクター(11)】へ
    • 【偉大な男のものがたり 2日目 1】へ