その他いろいろ

    退屈している神様

     ←偉大な男のものがたり 3日目 2 →偉大な男のものがたり 3日目 3
     「神様は退屈だった」と聞いた時、なにか変だぞ、と思った。

     よくよく考えてみると、「どうして完璧な神様が退屈などせねばならんのだ」という結論に達した。

     人は己の似姿として神を刻んだ。

     オランダの哲人は世界の似姿として神を刻んだ。

     どちらが間違っているのか、あるいはどちらも間違っているのかはわからんが、

     個人的には人ではなく世界の似姿として神を刻む方がまともだと思う。

     ……そんな退屈な暑い日。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【偉大な男のものがたり 3日目 2】へ  【偉大な男のものがたり 3日目 3】へ

    ~ Comment ~

    Re: miss.keyさん

    全能だから、退屈なひとり遊びを楽しみながらその傍らで別な退屈なひとり遊びを楽しみながらその傍らで別な退屈なひとり遊びを楽しみながらその傍らで……(以下無限に続く)

    神様は人が創った

     神様は全知全能である。だから何でも思い通り。でも何でも思い通りになるのでつまらない。つまらない?いやいや、つまらない事でも楽しく出来るさ、全能だもの。でも楽しいばかりの生活に飽きてしまった。飽きた?いやいや、飽きたことでも飽きずに出来るさ全能だもの。かくして神様は今日もせっせと退屈な一人遊びを楽しんでいる。暇な奴。

    Re: LandMさん

    「なにかに興味を持つ」こと自体が神の全知全能性を損なうものだ、という考えがあります。興味を持つ前にそのなにかを「知っている」わけですから……。

    考えるとは因果な行為であります。

    NoTitle

    人間を作った神もまた人間らしいのか。
    あるいは無機質なのか。
    そのあたりは確かに興味がありますね。
    人の生き方に興味があるのか、ないのか。。。

    Re: limeさん

    その「産みっぱなし理論」を洗練させて近代哲学に偉大な貢献をしたのがライプニッツです。

    そこらへんの議論をものすごく乱暴にいうと、「神は全知で全能である」→「全知で全能である以上、その行いには後から『修正』を加える必要はないはずである(修正するところがあれば全知の神は『知っていた』はずだし、全能だから、そのような修正を必要としないよう世界をセッティングできるはずである)」→「よって、神が世界を作ったのならそれは『修正』を加える必要のない『最良』の世界である」→「よって神はこの世界になんの干渉もしない」

    モナド論など、正直何度読んでもよくわからないところのある人ですが、史上まれにみる天才のひとりです。

    だけどわたしは彼の議論に賛成しかねるのも事実。(笑)

    NoTitle

    神様って、産みっぱなしで育児放棄の親に似てる・・・とか、ふと思ったりすることがあります。
    この子どうするのかなあ・・・と、ただじっと見てる……的な。
    (そんな風に語った哲学者は、・・・いないですかねえ><)

    Re: blackoutさん

    神みたいな偉大な存在がどうして「飽きる」などという人間みたいな、それも人間の行動の中でもマイナスの行動をするのか、という疑問を、最初に公に主張したのが、古代ギリシアの宗教改革者であるクセノパネスです。なにせギリシア神話は、神様の悪行非道のオンパレードみたいなもんですから、彼にはどうしても納得がいかなかったんでしょう。

    結局、彼は神というものを、球体をしていて決して動かず、愛に満ち溢れたものと考えるに至りました。

    大学のころ講義でその話を聞いた時、「なんてロックなやつなんだ」と思ったことを覚えています。そのころからヒネてたのかな(^^;)

    Re: カテンベさん

    「神がいるならなぜこの世界に悪の存在を認めるのか」というのは西洋哲学の難題のひとつです。

    「神は無能で悪意のある存在だから、わざとわれわれに意地悪しているのだ」という考えにたどり着いた人たちもいました。

    「悪が存在するのは事実だが、トータルするとこれが最良の世界だからしかたがないのだ」と考えた人もいます。

    「神なんていない」という人は近代に入ってからやたらと増えました。

    「神は完璧なので、『意思』を持った活動をせずに、ただ自分の内的な動きに従って動く」と考えた人もいます。

    宇宙の終末まで決着のつく問題ではないでしょうね(^^;)

    NoTitle

    もしかすると、神は人類という存在に飽きちゃったのかもしれません(汗)

    でも、全滅させるのはあれだから、熱波や寒波、戦争、疫病で、どれだけ生き残るか、確認してるのかもしれませんね(汗)

    理不尽やとか、おかしいやん、て思えることでも完璧
    だって神さんのすることやもん、てことなのかな?
    完璧だから神、ではなくて神だから何をしても完璧、てことにしといてや、なんやろか?
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【偉大な男のものがたり 3日目 2】へ
    • 【偉大な男のものがたり 3日目 3】へ