偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    偉大な男のものがたり 10,000,000日目 1

     ←偉大な男のものがたり 100,000日目 4 →偉大な男のものがたり 10,000,000日目 2
     10,000,000日目



     タモツは意を決して船長室へ向かった。どうしても聞き出したいことがあったからだ。

     ドアをノックする前に、中から声、いや、アストラル・ボディの触手の接触があった。

    「誰だ」

     タモツは一瞬ためらったが、すぐに顔を上げてはっきりといった。

    「タモツ砲術士官です」

    「入りたまえ」

    「失礼します」

     船長はどこか寂しそうに見えた。傍から見たら自分も寂しそうに見えるのかもしれない、タモツはそんなことを考えもした。

    「なんの用できた」

    「船長にお聞きしたいことがあるのです」

     どこかから視線を感じたが、また、いつものとおり、ポール・ブリッツだろう。やつらはこの宇宙にどれだけの密度でいるのか知らないが、もしかしたら減るよりも増えるほうが早いのかもしれない。

    「なにが聞きたいというのだ」

    「パッチ砲術士官のことについてです」

     船長は笑ったようだった。

    「あいつも困ったものだな。乗組員たちをからかっては悦に入っている」

    「わたしは……パッチ砲術士官が人をからかっているのだとは思えないのです」

    「ほう?」

    「お聞きしたいのは、そうした人柄のことではありません。パッチ砲術士官が、どうして片目を失ったのか、それをお聞きしたいのです」

    「よしといたほうがいい、といっても、納得はせんのだろうな、きみは」

     船長は触腕を伸ばすと、自分の向かっていた机に触れた。

    「これがなんだかわかるか」

     タモツは面食らった。

    「机だと思いますが」

    「ただの机ではない。この『アドヴェンチャラー号』の船長の机だ」

     ひと呼吸おいて、船長はいった。

    「やつはこれが欲しかったのだ」

    「どういう……」

    「やつは船長になりたかったのだ。わたしを取り除いてな」

     タモツは息を呑んだ。

    「そんな……」

    「きみたちのような目を持つ種族は、その目でものを見ることにより、いちどきに膨大なデータを認識することができる。パッチはそれを過信しすぎたのだ」

     嘘だ。タモツはそういいたいのをこらえた。パッチはそんなことを考えるタイプの人間ではない。だが……。

    「この船のライブラリーは知っているな」

    「はい」

     船長は静かにパッチの陰謀を語った。


    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【偉大な男のものがたり 100,000日目 4】へ  【偉大な男のものがたり 10,000,000日目 2】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    そこはまあいろいろと……ほんとに月末までに完結させられるのかわたし。展開も結末も決まっているのに書き出すことができない……。

    NoTitle

    パッチさんと船長にそんな因縁が……。
    保くんに負けず劣らず意外な気がします。
    どんな物語が語られるのでしょう。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【偉大な男のものがたり 100,000日目 4】へ
    • 【偉大な男のものがたり 10,000,000日目 2】へ