偉大な男のものがたり(長編児童文学・完結)

    偉大な男のものがたり 10,000,000日目 4

     ←偉大な男のものがたり 10,000,000日目 3 →偉大な男のものがたり 10,000,001日目 1
    「正気かね」

     船長はそういったが、タモツは考えつつ続けた。

    「正気ではないのかもしれません。しかし、パッチ砲術士官も、この船にブリッツ砲を搭載するのに反対しました。このことだけでも、わたしと同じだけの洞察力を持っていることは確かです。それに、パッチ砲術士官は、なにか、やろうとしたことがあるからこの船の指揮権を握ろうとしたのだ、そうわたしは考えています」

     タモツは息を吐いた。

    「正直なところ、パッチ砲術士官が、陰謀をたくらんでこの船の指揮権を握ろうとした、というのは、パッチ砲術士官と船長どのとの間になんらかの誤解があるのではないかと、わたしには思えます。それが解ければ、きっと……」

    「タモツくん」

    「なんでしょうか?」

    「きみはまだ若い。パッチに聞いてくるんだ、本当のことを。わたしが知らないとかいっている、残りの二割の部分も含めて」

    「そうさせていただきます」

     タモツは一歩下がり、頭を下げた。

    「失礼いたします」

     タモツは、あたまでなにかがちかっとするのを感じた。

     ぼくは、まだ、若い……?

     船長の部屋を出ると、廊下には、タモツを待っていたらしいひとりの男の姿があった。

    「よお」

    「パッチ砲術士官!」

    「悪いが、盗み聞きさせてもらったぜ。壁に、アストラル・ボディを伝達しやすくする機器を仕込んどいたんだ」

    「それなら聞きますが、船長がいった陰謀は……」

    「あの人と話すときは言葉に気をつけろといったろ。おれは確かに自分の片目と引き換えに知恵の泉を飲んださ。そして、この船の実権を掌握しようとはかった。これも事実だ」

    「なぜそんなことを!」

    「ほかにはなにもできなかったからさ。やれば失敗することを、おれは知っていた。だが、それでもやらなければならなかった。タモツ砲術士官、宇宙の法則ってのはそんなものだぜ」

    「納得がいきませんよ!」

     パッチは笑った。苦い笑いだった。

    「そうだろう。それも、おれは知っている。知っているから、船長はおれを殺せない。そしてすべてが向かうところへ向かうことを、おれは知っている……」

     パッチはタモツの肩をぽんとたたいた。

    「そろそろおれの当直だ。タモツ砲術士官、しけた顔していないで、ライブラリででも遊んでこいよ。じゃな」

     タモツは歩いて行くパッチの背中を無言で見ていた。


    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    【偉大な男のものがたり 10,000,000日目 3】へ  【偉大な男のものがたり 10,000,001日目 1】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    もう8月も終わりなので怒涛のごとくエンディングに(^^;)

    いいのかなこんなことで(^^;)

    NoTitle

    船長さん、隠退願望か。この状況では、無理もないかもしれませんが。
    パッチさんからも船長さんからも頼られていますね。
    保くんも、この船もどうなっていくのか。続きをお待ちしております。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【偉大な男のものがたり 10,000,000日目 3】へ
    • 【偉大な男のものがたり 10,000,001日目 1】へ