東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    海外ミステリ17位 死の接吻 アイラ・レヴィン

     ←「ベリッシマ」見る →ぼそぼそと
     誰だよこの本をドライサーの「アメリカの悲劇」と比較なんかしたやつ。そのせいでマイナスイメージが強かったのに、読んでみたらムチャクチャ面白かったではないか。と、この本を読んだときのわたしは思っていた。予備校の寮のすぐ近くに図書館があり、そこに日参してはミステリとSFを読んでいたのである。古いハヤカワポケミスが充実していて、もうちょっと読んでおくんだったと後悔している。タッカー・コウの「刑事くずれ」シリーズなんて面白かったなあ。ミッチ・トビンという、勤務中に浮気してたら相棒を殺され、警察を追われ、精神療法を受けながら妻とのいたたまれない生活を送るもと刑事が主人公のハードボイルド小説。タッカー・コウはドナルド・E・ウェストレイクのペンネームのひとつで、シリーズのどれにも趣向やら意外な真相やらがあってまことに……いやウェストレイクの話ではなくて「死の接吻」についての話だった。

     講談社ブルーバックスに、「推理小説を科学する」という本があって、一時期それにハマっていた。たぶん親がわたしを理系の世界に目覚めさせるために買ってきたものだろう。その内容はさすがの講談社ブルーバックス、一切の妥協を許さぬ科学的な視点のもと、藤原宰太郎もハダシで逃げ出すトリックのネタばらしを行い、その大半を「科学的に無理ないしナンセンス」と断罪する恐ろしい本であった。その影響はわたしにとって甚大であり、ミステリを読むのにかかった妙なバイアスを、「いいじゃないかホームズがステッキで地面を叩いて地下にトンネルがあることを推理したって!」「いいじゃないかヴァン・ダインのペダントリーがデタラメだって!」と開き直って解消できるまでには相当長い時間を要した。由良三郎の「ミステリーを科学したら」など、この本に比べれば「面白ミステリエッセイ」である。そこでこの「死の接吻」が取り上げられており、それがまたマイナスイメージというか読む気を疎外してしまうものであった。

     「東西ミステリーベスト100」という本で、わたしが救われたと思って感謝しているのは、「死の接吻」という小説の面白さが、第一部の殺人トリックなどにはない、ということを明らかにしてくれたところにある。そのあらすじ紹介と解説を読んで、わたしはのけぞった。ものすごく面白そうな趣向が凝らされていたのである。

     最初に書いたように、「死の接吻」を読んだのは浪人中のことだった。二十年前のそのころは、読みたい本を検索すればぱぱっと検索して配達までしてくれる、アマゾンもネットもなかったのである。古本屋と図書館の渉猟とはいうが、猟に行って満足するだけの獲物を狩れるときなんて、そうそうあるもんじゃないのである。その日の飢えを満たすために狩れたもので我慢する、それが活字中毒者の日常であり業なのだ。「死の接吻」は掛け値なしに面白い。それがわかるまで歩いた距離を、宝物とは思いたくない。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【「ベリッシマ」見る】へ  【ぼそぼそと】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【「ベリッシマ」見る】へ
    • 【ぼそぼそと】へ