東西ミステリーベスト100挑戦記(ミステリ感想・やや毎週土曜日更新)

    海外ミステリ19位 興奮 ディック・フランシス

     ←「ファンタジア」見る →長編小説「ゲーマー!」あらすじ
     生まれて初めて古本屋で買った小説であり、生まれて初めて読んだディック・フランシスの「競馬シリーズ」である。競馬が若い女性の間でブームになる数年前のことだったか。

     当時、競馬といえば、おっさんたちが競馬新聞片手に、こう耳に煙草なんか挟んで、「バカヤロー!」とかいいながら外れ馬券をびりびり破る、そんな「走れコウタロー」的な世界、という印象だった。なんというか、「ダサい」ものであった。

     だから、競馬シリーズ、というシリーズタイトルを聞いたときに、なんとなくゲテモノ感を覚えたのも事実であり、買って読むのには非常な勇気がいった。

     買った。読んだ。面白かった。面白いどころの騒ぎではなかった。大興奮である。冒険小説の傑作中の傑作だ。ページを繰る手が止まらず、最終ページまで一気読みだった。

     冒険小説でくくられてはいるが、この「興奮」で取り上げられているネタは、不可能犯罪としてもとても面白いシチュエーションである。なんでもない馬が、ある日突然レースの番狂わせをする穴馬になる。どう見ても興奮剤を投与されているとしか思えないのに、馬からはまったく薬物が検出されない。もしこれが不正行為だとしたら、いったいどうやって? と考えると止まらなくなる。そして作者のディック・フランシスは、不可能としか思えないこの犯罪行為に合理的な解決を見せてくれるのだ。

     冒険小説ファンでなくとも、ぜひ一度読んでみてほしい。競馬に興味がなくても、ぜひ一度読んでみてほしい。とにかく面白いんだから。

     ディック・フランシス先生、落馬事故を起こして引退するまでは、女王陛下のお抱え騎手も勤めた英国競馬界の中でも指折りの騎手だったそうだけど、まさか、馬を走らせながらいつか書くつもりの小説のネタなどを考えていたわけではあるまいな。落馬したのもアイデアを思いついてつい気持ちが……とかではあるまいな。などと、たわけたジョークを考えてしまうほど、この人の小説はどれもこれもよくできていて面白いのだ。

     どの作品を読んでも、主人公は殴られたり怪我したり精神的に追い詰められたりと、ろくな目に遭っていない。本書ももちろん例外ではなく、並みの人間なら三回は死んでいるくらいにひどい目に遭っている。なんといってもそこがこのシリーズのいちばん面白いところなのだ(そうか?)。苦痛に耐えるかっこいい男が好きな人はたぶんシリーズのどの本を読んでも……(そうか?)。もしかしたらフランシス先生って(そうか?)。
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    【「ファンタジア」見る】へ  【長編小説「ゲーマー!」あらすじ】へ

    ~ Comment ~

    Re: miss.keyさん

    ちなみに日本の競馬ミステリにもチャレンジしました。岡嶋二人先生の「焦茶色のパステル」。あまりの面白さに一時期図書館に通い詰めて岡嶋先生の小説を完全読破しました。

    そんなことよりディック・フランシス読みましょう。徹夜できる作品群ですよ(^_^)

    ゴミの山

     馬券売り場に行きますとハズレ券が所狭しと散らかっております。それを文句も言わずに掃除する綺麗な制服を着た職員の方々。お疲れ様です。未だに日本の競馬はこのレベルです。マイフェアレディの様にドレスアップしてオペラグラスで優雅に観戦なんてありえません。西洋では貴族の道楽。日本ではおっちゃんの人生転落。競馬の物語にチャレンしたポールさんの勇気に拍手(笑
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【「ファンタジア」見る】へ
    • 【長編小説「ゲーマー!」あらすじ】へ